このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ナイロン素材の服はどう洗濯する?洗濯方法や注意点を紹介!

ナイロン素材の服はどう洗濯する?洗濯方法や注意点を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月26日

ナイロン素材は耐久性があり、雨・風に強く様々な服に使用されている。そのため洗濯する機会も多くあり、生地を傷めないよう洗濯することが重要になる。お気に入りの服を長持ちさせるためにも正しい方法で洗濯を行ってほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ナイロンはどんな素材なの?

ナイロン素材とは合成繊維のひとつで、石油や石炭を原料にして人工的に作られている。
特徴として耐久性がある、弾力がある、熱に弱い、水を弾くなどがある。
この特徴からナイロンはリュック、カバン、バッグ、コート、服、手袋などに使用されている。

耐久性がある

ナイロン素材は丈夫で、摩擦に対して生地が傷むことがほとんどない。
また強く引っ張ったりしても破れにくく、洗濯機での洗濯にも耐えることができる。
長持ちする素材なので、長く愛用したいものにおすすめである。

弾力がある

ナイロン素材は引っ張っても元に戻る力が強いため、型崩れしにくいというメリットがある。

熱に弱い

ナイロン素材は熱に弱く、洗濯後に乾燥機能を使用すると、形が変形してしまう。
かといって日光にあてての天日干しは黄ばんでしまうため、干す場所にも注意が必要となる。
ライターなど火を扱う際には細心の注意が必要で、ナイロン素材に当たると簡単に溶けてしまう。

水を弾く

ナイロン素材は合羽に使用される素材でもあり、水を弾く性質を持っている。
風を通さない性質もあるため、アウターなどの素材に多く使用されている。
染色により、おしゃれな衣類が作れるため、人気があり、製法によっては高級感もでてくる。

2. ナイロンを洗濯する際の注意点

ナイロン素材の服を洗濯する場合、洗濯表示を確認してほしい。
洗濯表示では、その生地を洗濯する際の注意事項が記載されている。
ナイロン素材であれば、基本的に洗濯機での洗濯が可能なので、洗濯機の使用可能のマークが載っているだろう。
まれに手洗いでの洗濯マークもあるため、慢心せずチェックしてほしい。
同じ洗濯機可能のマークでも温度記載がある場合は、洗濯する際の水の温度にも考慮が必要だ。

ナイロン素材は熱に弱いため、洗濯後の乾燥は乾燥機を使用してはいけない。
必ず自然乾燥させる必要がある。
乾燥機を使用してしまうと型崩れしてしまう原因にもなる。
洗濯表示に沿った洗濯を行うことで、ナイロン素材を長持ちさせることができる。

3. しわや縮みを防ぐナイロンの洗濯方法

ナイロン素材を洗濯する方法として洗濯機と手洗いとがある。
どちらも考慮する項目は同じで、服のシワや縮みである。
シワを防ぐ方法としては、洗濯ネットの使用、洗剤の種類、干し方などがある。
縮みは乾燥機を使用しないことで防ぐことができる。
洗濯機と手洗いのそれぞれの洗濯方法を紹介する。

洗濯機での洗濯

洗濯機を使用しての洗濯は簡単に行える。
まずナイロン素材の服をたたみ洗濯ネットに入れる。
洗濯機に入れて、おしゃれ着用の中性洗剤を使用して通常の洗濯を行う。
特に丁寧に洗いたい服は洗濯コースを手洗いコースや弱水流コースを選んだり、脱水を10秒ほどで終わらせたりするのが効果的である。

手洗いでの洗濯

ナイロン素材を手洗いで洗濯するには、洗濯機に比べるとどうしても手間がかかる。
洗面器にぬるま湯を張り、おしゃれ着用の洗剤を溶かし、ナイロン素材の服をたたんで水に沈める。
押し洗いや汚れが気になる部分はもみ洗いなどを行い、綺麗にしていく。
たたんだまま、洗濯ネットにいれ、洗濯機の脱水機能で10秒ほど脱水する。
その間に洗面器の水を張りかえ、脱水後の服を泡が出なくなるまですすいでいく。
再度、洗濯ネットに入れて10秒ほど脱水をして完了である。
柔軟剤を使用する場合は、すすぎの最後に入れる。

4. 洗濯後のナイロンの正しい干し方

ナイロン素材の服を洗濯し終わったら乾かす工程に移るが、ナイロン素材は乾燥機の使用ができないため、洗濯後は干して乾燥させる。
干す場所にも考慮が必要で、日光の当たらない場所に干すことが大切である。
早く乾かしたいからと乾燥機や天日干しを行うと、黄ばみやシワ、型崩れなどを引き起こし、服の寿命を縮めてしまう。
大切な服だからこそ、時間をかけてでも、洗濯後は日陰へ干すことが重要である。
シワができないように、干す際に手で叩いたり、生地を軽く伸ばしたりするのもおすすめだ。
シワができてしまっても、90〜110度以下であれば当て布をしてアイロンを使用することも可能なので、ナイロン素材のシワが気になる場合にはチャレンジしてみてほしい。

結論

ナイロン素材は生地が丈夫で扱いやすいというメリットがある。洗濯も簡単だが、乾燥方法には考慮が必要となる。さまざまな洋服に使用されている素材だからこそ、正しい洗濯方法でお気に入りの洋服をぜひ長持ちさせてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >