このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ミニマリストの収納術!無駄のないシンプル生活を実現しよう!

投稿者:ライター 吉田 梨紗(よしだ りさ)

2020年2月14日

余計なものを徹底的に省くミニマリストの生活に憧れる方は多いだろう。しかし、最低限の生活用品は必要であり、全てをなくすのは難しい。キレイにしているつもりでも、いつの間にか部屋が散らかっていることもあるのだ。この記事では、ミニマリストが実践している収納術について紹介しよう。場所やもの別に解説するので、シンプルな生活の実現に役立ててほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ミニマリストとは何か

ミニマリストとは、ものを持たないシンプルな暮らしを実践している方のことを指す。「最小限」という意味の「ミニマル」が語源になった説が一般的だ。

日用品を最低限しか持たず、本当に必要なものだけで生活する。服や靴は無闇に増やさず、家具や家電もほとんど置かない。不要なものを捨てる断捨離も、ミニマリストの基本だ。

家にものを溜め込まないので部屋がスッキリと片付く。必要なものを整理して収納しているので、部屋が散らかることがないのだ。掃除や片付けにかかる時間が節約でき、余計な浪費も防げる。

最小限のものをコンパクトに収納することが、ミニマリストの大原則だ。ミニマリストに学べば、シンプルに生活するための収納術がマスターできるだろう。

2. ミニマリストが実践している収納方法を場所別に紹介

ミニマリストが実践している収納方法について、クローゼットとリビング、キッチンに分けて紹介する。どれも簡単にできる方法なので、ぜひ実践してほしい。

クローゼット

クローゼットや押入れなど、もともとある収納を使えば家具を増やす必要はない。衣類の数は把握できる量に絞り、詰め込まないようするのがポイントだ。

よく使う洋服だけを薄めのハンガーにかけると、スッキリ収納できる。シーズン中に着用しなかった服は、そのまま捨ててしまうことも考えよう。中にラックや棚の引き出しを設置して、下着や靴下を分けて収納すれば、迷わずにサッと取り出せる。

リビング

インテリア雑貨など、掃除や整理の邪魔になるものは置かないようにする。ミニマリストの大敵である生活感がある小ものは、収納ボックスや棚に分類して入れよう。

リモコンやティッシュは置く場所を決めておき、その度に戻せばリビングが散らからない。シンプルなリモコン立てやティッシュカバーを使うと、インテリアにスッキリなじむ。

キッチン

キッチンやカウンターにはなるべくものを置かないようにしよう。キッチンツールや調味料は必要なものだけに絞り、使いやすい場所にある引き出しにまとめて収納する。

ミニマリストを目指すなら、場所をとる食器棚を使わない収納がおすすめだ。家族がよく使う食器だけなら、キッチンの引き出しにスッキリと収まる。料理したあとにすぐ取り出せるので、作業の効率化にもつながるだろう。

3. ミニマリストに学ぶ!もの別の収納術

布団のような嵩張るものや、おもちゃや靴など散らかりやすいものは、収納方法にも工夫が必要だ。スッキリと収納するためのコツについて、ミニマリストから学んでいこう。

子ども服やおもちゃの収納術

子供服やおもちゃなどの子ども用品は増えてしまいがちだ。入らなくなった衣服や遊ばなくなったおもちゃをすぐ捨てることが、ミニマリストへの第一歩だろう。

まだ使うおもちゃや子供用品は、専用の棚や収納ボックスにまとめて入れよう。小まめに片付ける習慣をつけることで、誤飲や怪我といったトラブルも防げる。決めた収納場所に入り切らなくなったら、断捨離をする絶好の機会だ。

布団の収納術

クローゼットや押入れの中にテーブルを設置すれば、上と下に分けて収納できる。下の布団を取り出すために、上の布団を持ち上げる必要がなくなるだろう。

シーズン以外の布団やお客様用の布団には、収納袋を活用するのがおすすめだ。同じ収納袋に入れて並べることで、統一感が生まれる。収納スペースが足りない場合は、畳んでからカバーをかけてソファーのように使うのも一つの手だ。

靴の収納術

玄関をスッキリとさせたいなら、履いていない靴を全て靴箱に収納しよう。靴箱は場所をとるので、靴の数を減らしてスリムなシューズラックを置くのもおすすめだ。

扉がついていないタイプの靴箱に収納するなら、靴が入るサイズの箱を活用しても良い。箱のカラーを揃えて並べれば、靴を隠しながらスッキリと収納できる。雑然とした印象がなくなるので、ミニマリストにピッタリだ。

4. ミニマリストが使う収納家具の選び方

ミニマリストは収納するための家具にもこだわる。必要な日用品を収納するためには、キレイに整理できる家具が必要だ。

ものを置かないミニマリストの場合、家具が部屋のメインになる。部屋のインテリアと合わせて、気に入ったものを選ぼう。

飽きのこないシンプルなデザインの家具を置けば、部屋がスッキリとした印象になる。部屋のテーマとなるカラーを決めておくと、家具が選びやすいだろう。

家具の数が増えると部屋が狭く感じるので、収納できる容量もチェックしよう。ミニマリストは、必要なものが全て入る大きさを選ぶ。また、家具を減らす工夫として、収納がついたベンチをダイニングチェアとして使うのもありだろう。

結論

ミニマリストにならった収納術を実践すれば、部屋をスッキリと片付けられる。ミニマリストの基本はものを溜め込まないことと、必要なものを整理することだ。スッキリと収納することが、暮らしやすい部屋作りにつながるだろう。紹介した方法を参考に、ものに惑わされないシンプルな生活を実現してほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ