このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
システムキッチンの収納を見直そう!使いやすいアイデアを紹介!

システムキッチンの収納を見直そう!使いやすいアイデアを紹介!

投稿者:ライター 吉田梨紗(よしだりさ)

2020年2月14日

システムキッチンに収納する方法について、お困りではないだろうか。収納場所がたりなかったり、散らかっていたりすると、調理がしにくい。この記事では、システムキッチンの収納に焦点を当てて、さまざまな方法を紹介する。引き出しやコンロ下など場所別にアイデアをチェックするので、キレイで使いやすいシステムキッチンの実現に役立ててほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. システムキッチンの収納方法【引き出し編】

システムキッチンには、いろいろなサイズの引き出しがついている。上手に収納する方法とアイデアについて、役立つ情報をまとめた。

使用する頻度で入れ替える

使用する頻度が高い道具や調味料は、手が届きやすいところに収納しよう。立ったまま取り出せる上段にはよく使うものを、それ以外なら下段に収納すると良い。

移動することなくサッと使えるため、調理道具は使う場所に近い引き出しに入れておくのが基本だ。システムキッチンのシンク下にはザルやボール、作業スペースの下にはまな板や包丁を収納しよう。

アイテムで分類する

散らかりやすい計量スプーンや菜箸は、まとめて収納するとわかりやすい。引き出しの中にトレイや収納ケースを入れることで、キレイに整理できる。詰め込みすぎると取り出しくくなるので、小分けにするのがポイントだ。

デットスペースの有効活用も、システムキッチンの収納には欠かせない。深い引き出しに大きめの収納ケースを置けば、ザルや鍋が縦にスッポリと入る。

2. システムキッチンの収納方法【食器棚編】

システムキッチンの食器棚に食器を詰め込みすぎると、見苦しい。キレイに使いやすく収納するためのポイントについて、2つ紹介しよう。

食器を整理する

まず、いつも使う食器と来客用の食器を分類する。あまり使わなかったり、揃っていなかったりする食器は、思い切って処分しても良いだろう。

よく使う食器は手の届きやすいところにまとめておく。システムキッチンの見た目にこだわりたいなら、食器の大きさやカラーで揃えると統一感がでるだろう。

アイテムを活用する

棚にスッポリ入るサイズの収納ケースを入れると、食器が取り出しやすくなる。同じ収納ケースを並べて収納すれば、見た目もスッキリするだろう。

コの字型ラックはデットスペースの活用に有効だ。食器を分類しながら食器棚に収納できるため、よりオシャレなシステムキッチンになる。

3. システムキッチンの収納方法【コンロ下編】

システムキッチンのコンロ下にある収納は、調理の効率にも影響する。使いやすく収納するコツについて、詳しくチェックしていく。

コンロで使うものをまとめる

コンロ下の収納はスペースが限られているので、コンロ周りで使うものだけを厳選しよう。鍋やフライパン、菜箸、ヘラ、調味料などをまとめておけば、使いやすいシステムキッチンになる。

醤油や油はこぼれるリスクがあるので、倒れないように収納したい。収納ケースに入れて立てておけば、倒れても汚れが全体に広がらないので掃除が楽だ。

棚やフライパン立てを活用

両開きタイプのコンロ下収納は、上部の空間がデットスペースになりやすい。スッポリと入るサイズの棚を設置して、システムキッチンの収納スペースを増やそう。

引き出しタイプの場合はフライパン立ての活用がおすすめだ。縦に収納できるので取り出しやすく、スペースを有効に活用できる。専用の商品以外では、フライパンや鍋が入るサイズのファイルケースを並べて使うのも良いだろう。

4. システムキッチンの収納方法【吊り棚編】

吊り棚は収納できるスペースが大きいため、積極的に活用したい。システムキッチンがキレイに片付く吊り棚の収納方法について、解説していこう。

上段と下段にわけて収納

吊戸棚には普段あまり使わないものや、消耗品のストックを入れておこう。足場がないと届かない上段には、使う頻度が低いものを、下段には比較的に使うことが多いものを入れておく。

自分や家族が楽に取り出せるのはどこまでの高さか、考えながら収納すると良い。吊り棚の中に吊りラックやコの字ラックを置けば、システムキッチンで可能な収納の幅が広がるだろう。

取り出しやすさをアップ

高い場所にある吊戸棚の奥にものを置くと、取り出しにくい。消耗品のストックは、取っ手が付いているタイプの収納ケースに入れると楽に取り出せる。

分類してラベルを貼れば、どこに何が入っているのか悩む必要がない。邪魔なものを整理して収納することで、スッキリとしたシステムキッチンになるのだ。

5. システムキッチンで実践したい収納アイデア

上記で紹介した方法以外にも、システムキッチンの収納方法はいろいろある。実際に実践されているアイデアを、2つピックアップした。

吊り下げる

よく使う調理器具は吊り下げて収納してみよう。ワイヤーラックや突っ張り棒とS字フックを組み合わせれば、手軽に吊り下げ収納が作れる。

オシャレなカップを吊り下げれば、システムキッチンのインテリアとしても効果的だ。だだし、あまり吊り下げすぎると邪魔になってしまうので、ある程度数は絞ったほうが良い。

調味料は容器に移し替える

サイズが違う調味料の容器は収納しにくく、雑然とした印象を与える。まとめて同じ形の容器に詰め替えれば、並べてキレイに収納できる。

おしゃれなボトルや瓶を使って、システムキッチンの見せる収納にしても良いだろう。ラベルを貼ると調味料の中身がわかりやすいため、間違う心配もない。

結論

システムキッチンの使いやすさや印象は、収納で大きく変わる。どうしたら取り出しやすいかを考え、スペースを有効に活用することが重要だ。この記事で紹介した方法を試せば、理想のシステムキッチンに一歩近づくだろう。コツやアイデアといった知識を、有効に活用してほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ