このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
セーターの手洗いのやり方は?衣類を長持ちさせるコツや注意点を紹介!

セーターの手洗いのやり方は?衣類を長持ちさせるコツや注意点を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月24日

デリケートな衣類の代表格ともいえるセーターは洗い方にコツがあり、失敗すると衣類の寿命を縮めてしまう。正しい洗い方を知り、お気に入りの衣類を長持ちさせてほしい。手洗いの方法やポイントを紹介するので、ぜひチャレンジしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. セーターを手洗いする前の注意点

セーターを手洗いする前に、洗濯表示を確認し、正しい洗い方を確認することが大切だ。
洗濯表示を無視した洗い方は、セーターを縮ませてしまう原因になりかねないので、必ず確認してほしい。
洗濯表示の確認以外のポイントとしては、水温、脱水の時間、使用する洗剤の3つある。

水温

セーターを手洗いする水の温度は、30℃前後が最適といわれている。
高すぎる温度では生地を傷める結果となるため、適温での洗濯を心がけてほしい。
常温水を使用するのがおすすめである。

脱水の時間

セーターの脱水時間はおよそ30秒〜1分ほどが理想だ。
長時間に及ぶ使用はセーターが伸びる原因にもなることから、できるだけ短時間の脱水をこころがけてほしい。
脱水の時間が指定ができない洗濯機の場合は、時計を見ながら行うなど、長時間脱水しないよう注意が必要である。

使用する洗剤

使用する洗剤は、オシャレ着専用の洗剤を選んでほしい。
通常の洗剤では洗い上がりがゴワゴワになってしまう可能性があるため、デリケートなセーターはオシャレ着専用の洗剤を使用すして洗濯することが大切だ。

2. セーターの手洗いに必要なもの

セーターを手洗いする際には、洗面器、洗剤、洗濯ネット、柔軟剤、ハンガー、ゴム手袋などの道具が必要となる。

洗剤

セーターの洗濯にはオシャレ着専用の洗剤を使用してほしい。
オシャレ着専用の洗剤としてはエマールなどが有名で、生地を傷めないよう刺激の弱いタイプの洗剤のため、デリケートなセーターを洗うのに最適である。

洗濯ネット

セーターを脱水する際には、洗濯ネットを使用してほしい。
ポイントとしてはセーターのサイズにあったものを選ぶことである。
小さかったり、大きかったりすると洗濯ネットに入れる意味がなくなるので、適切なサイズを使用をおすすめする。

柔軟剤

柔軟剤にはレノアなどがあり、手洗い後の仕上がりに影響する。
気持ちよく衣服を着るためにも、柔軟剤の使用をおすすめする。

ハンガー

手洗い後にセーターを干す際には、複数のハンガーを使用する方法や平干しネットを使用する方法などがある。
生地を傷めない干し方を研究してほしい。

ゴム手袋

手荒れを防ぐためにも手洗いの際には、ゴム手袋を着用して洗濯するようにしてほしい。

3. セーターの正しい手洗い方法

セーターの手洗い方法を紹介する。
  • 洗面器にぬるま湯をはり、エマールなどのオシャレ着用中性洗剤を溶かす。
  • 軽くたたんだセーターを洗面器に浸し、しっかり水を浸透させる。
  • ゆっくりとセーターを押さえながら汚れを落としていく。
  • 10〜20回ほど押し洗いし、洗面器のお湯を入れ替える。
  • 洗剤が完全に流れるまでお湯を入れ替え、最後に柔軟剤を溶かしたお湯へセーターを浸して水を流す。
ポイントは、お湯の温度と洗う強さである。
お湯の温度は30℃ほどが最適で、熱すぎると手洗いしづらく、生地も傷めてしまう。
洗う強さは、手のひらで軽く押さえる程度でちょうどいい。
ごしごしと力を入れて洗うと、セーターを傷めることにつながるのでおすすめできない。

4. 洗濯後のセーターの脱水の仕方

セーターを手洗いした後の脱水方法を紹介する。
  • 手洗いしたセーターを軽くたたんだ状態で洗濯ネットに入れる。
  • 洗濯機の脱水機能で30秒から1分程度脱水をかける。
手洗いの労力に比べ、脱水は機械任せで簡単だが、そのぶん注意が必要となる。
間違った脱水方法は生地を縮めたり、伸ばしてしまったりする。
セーターを傷めないコツは、脱水機能を使用する時間はできるだけ短くすることである。
脱水時間が長ければ長いほどセーターへ負担がかかるため、脱水時間を短時間で終わらせることが大切だ。
次に、脱水時に洗濯ネットに入れることである。
セーターが絡まると生地を傷める原因となるため、洗濯ネットを使用し防止してほしい。

5. セーターが縮まない干し方のコツ

セーターは手洗いし、脱水後に干して乾燥させる。
セーターに優しい手洗いでの洗濯を行ったなら、最後の干す工程にまで気を配ってほしい。
手洗い後、脱水時間を多く取れないセーターは、生地に多くの水分を含んでいる。
そのためハンガーに吊るすだけでは、生地の重さでセーターが伸びてしまう。

平干しネットなどを利用し、セーターを吊るさずに干してほしい。
平干しネットがない家庭では、ソファーの背もたれやクッションにバスタオルを敷き、その上にセーターを広げて乾燥させる方法もある。
その場合は窓を開けて、空気を通すようにすることが大切である。

結論

セーターは洗い方を間違えるだけで、縮んだり伸びたりして服を台なしにしてしまう。お気に入りの洋服を長期間使用するためにも、適切な洗濯方法を行ってほしい。セーターを傷めないように洗う方法としては手洗いがピッタリで、やさしく丁寧に洗うことでセーターを傷めずに洗うことができる。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >