このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
コートのたたみ方を紹介!スーツケースでもシワにならない方法は?

コートのたたみ方を紹介!スーツケースでもシワにならない方法は?

投稿者:ライター 吉田 梨紗(よしだ りさ)

2020年2月18日

冬の防寒として活躍するコートは、ハンガーにかけるのが正しい収納方法だ。しかし、出張や旅行に持っていく場合、スーツケースに入れる必要がある。間違ったたたみ方をすれば、シワや型崩れのリスクがあるだろう。この記事では、コートのたたみ方やスーツケースに入れるときのポイントを紹介する。たたみ方以外のシワ対策についても解説するので、ぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. コートのたたみ方の基本を紹介

コートにはいろいろな素材があり、型崩れしやすかったり、シワがつきやすかったりするものも多い。出張や旅行に行く前の準備と、正しいたたみ方について解説していこう。

コートをたたむ前の準備

正しいたたみ方をする前にベルトなどの装飾がついている場合は先に外す。フードが外れるタイプのコートはたたむ前に外し、ポケットの中身も忘れずに確認しておこう。

汚れやホコリ、においが気になるなら、キレイにしておくとよいだろう。ブラッシングをしたり、1日ほどハンガーにかけておいたりと、軽く手入れをしておくと安心だ。

コートのたたみ方

たたみ方の基本的な手順をチェックする。シワ防止のために2枚タオルを使うので、用意しておこう。

1.平な場所に置いて形をキレイに整える
2.肩の部分を避けて袖を内側にたたむ
3.2枚のタオルをそれぞれ細長く折りたたむ
4.コートのたたむ位置にタオルを置く
5.タオルの部分を目安に三つ折りにする

コートが短い場合は、タオルを1枚を使って二つ折りにしよう。ボタンがあるタイプのコートは、外しておくのが正しいたたみ方だ。

クルクルと丸める

よりコンパクトに収納したいなら、クルクルと丸めるたたみ方がおすすめだ。袖やフードを内側にたたみ、首の方から丸めていこう。シワがつきやすいコートの場合は、中にタオルや衣類を入れてから丸める。

ダウンコートのたたみ方は丸めるだけでOKだ。ダウンコートは広がりやすいので、軽く縛るかカットしたストッキングに入れておこう。

2. コートのたたみ方と併せて知りたいスーツケース入れるときの注意点

正しいたたみ方をしたコートでも、スーツケースに入れる方法を間違えるとシワがつく可能性がある。コートをシワや痛みから守るポイントを解説しよう。

硬いものを入れない

コートと一緒に硬いものを入れてしまうと、圧迫されたときに傷めてしまうリスクがある。たたみ方でシワを予防しても、コートの素材によっては破けるリスクがあるので注意しよう。

衣類やタオルはコートを衝撃から守るクッションになる。一緒に持っていく衣服を周りに詰めるのが、スーツケースに入れるときのコツだ。

入れる場所に注意

スーツケースやバッグの荷物を出し入れするとき、コートが邪魔になることがある。せっかく正しいたたみ方をしても、崩れてしまえばあまり意味がない。動くとシワができる原因になるので、正しいたたみ方をしたコートは荷物の下に入れるのがおすすめだ。

ただし、上に重いものを置いたり、コートがデリケートな素材だったりすると、シワはできやすい。荷物の一番上に置いておき、旅行先や出張先でハンガーにかけるようにしよう。

3. たたみ方以外で行いたいコートのシワ対策

正しいたたみ方をしても、素材によってはシワができる場合がある。効果的なシワ対策について、詳しく解説していこう。

シワ取りスプレーを使う

シワ取りスプレーは、吹きかけるだけでシワが取れる便利なアイテムだ。旅行中や出張中でも手軽に使用でき、短時間でシワが伸ばせる。

持ち運びに便利なコンパクトタイプの商品も多いので、コートと一緒に持ってくのがおすすすめだ。ただし、コートの素材によっては使えないので、事前に確認しておこう。

スチームアイロンで伸ばす

正しいたたみ方をしてもついてしまったシワは、スチームアイロンで伸ばそう。まずは洗濯表示マークで、アイロンがかけられるかをチェックする。

記載された温度に設定して蒸気を当てていく。スチームを当てるとボタンが傷むことがあるので、必ず避けてかけよう。

アイロンがけができない素材だったり、アイロンが用意できなかったりする場合は、水蒸気が残ったバスルームに吊るしておく。ひと晩吊るしたあとに陰干しで乾燥させれば、大まかなシワはスッキリ伸びる。

ガーメントバッグ

シワになりやすいコートには、ガーメントバッグがおすすめだ。スーツを入れるために使うガーメントバッグだが、中にはコートが収納できるタイプがある。たたむ必要がなくシワや型崩れを防止できるだろう。

正しいたたみ方をしてもシワがつきやすい素材のコートを持っていくなら、ぜひ活用してほしい。コートと一緒にスーツや小物を一緒に収納できるガーメントバッグを用意しておけば、出張にも便利だ。

結論

コートをスーツケースに入れるときは、必ず正しいたたみ方をしよう。シワや型崩れの防止にもつながり、旅行先や出張先でも気持ちよく着用できる。また、たたみ方と一緒にスーツケースに入れるときの注意点にも注目して、大事なコートを守ろう。シワ対策として、シワ取りスプレーやガーメントバッグを活用するのもおすすめだ。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ