このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
銅石鹸を知ってる?お風呂の青い汚れの掃除方法を紹介!

銅石鹸を知ってる?お風呂の青い汚れの掃除方法を紹介!

投稿者:ライター 吉田梨紗(よしだりさ)

2020年2月18日

浴槽に青い汚れを発見したことはないだろうか?青カビのようにも見えるが、これは銅石鹸と呼ばれる汚れだ。いつの間にかできていて、擦るだけだとなかなか落ちにくい。この記事では、銅石鹸の基礎的な知識をまとめて紹介する。落とし方から予防法まで解説するので、銅石鹸に悩んでいる方は必見だ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 銅石鹸が発生する理由やできやすい場所

銅石鹸を掃除するまえに、基礎的な知識について学んでおこう。できる理由や人体への影響、できやすい場所といった気になるポイントを解説していく。

銅石鹸ができる理由

銅石鹸が発生する原因にはイオンが関係している。銅の配管が水と接することでイオンが溶け出し、せっけんや皮脂といった脂肪酸に反応して銅石鹸になるのだ。水が青く染まるため、「青水」とも呼ばれる。

青い水が溜まったり、浴槽などに青い汚れとして付着したりする。一見すると浴槽が変色したようにも見えるが、汚れなので落とすことが可能だ。

体に触れても大丈夫?

一見すると毒々しく見えるが、銅石鹸は「銅」と同じものである。銅は体にとって必要な成分なので、大量に摂取しすぎない限りは無害だ。

銅石鹸で染まった水に入ったり、少し飲んでしまったりしても、健康に悪影響はない。ただし、銅石鹸は目立ちやすく、不潔な印象を与えてしまう。放置していると落ちにくくなるので、人体に害がなくても早めに落とそう。

銅石鹸ができる条件

銅石鹸は銅がなければ発生しない。給湯管や煮沸管には殺菌作用のある銅を使用することが多く、お湯につかると皮脂や体を洗ったせっけんが浮く。風呂場は銅石鹸が発生しやすい環境なのだ。

ただし、水質や配管、水温など、環境によってイオンの溶け出し方には違いがある。水温が高くて水が留まる時間が長いほど、溶け出しやすい。

新しい銅のほうがイオンが溶け出しやすいが、時間の経過によって保護膜が形成される。そのため、イオンが溶け出しにくくなり、古い浴槽だと銅石鹸がつくことはほとんどない。

一般的に数週間から数ヶ月ほどで銅石鹸はできにくくなるが、水質が酸性よりだと時間がかかる。青い汚れや青い水がなくなるまで、小まめな掃除が必要だ。

2. 銅石鹸をキレイに落とす方法とは

銅石鹸が浴槽についてしまった場合の掃除方法について解説する。タオルや容器などのお風呂用品につく場合もあるので、その対策と一緒にチェックしよう。

お風呂用の洗剤で落とす

軽い銅石鹸ならお風呂用の中性洗剤で落とせる。銅石鹸が付着した部分に吹きかけ、2~3分ほど放置しよう。

あとは掃除用のスポンジでこすり、水で流せばキレイに取れる。だたし、中性洗剤は効果があまり強くないので、頑固な銅石鹸だと残ってしまう。

浴室用クリームクレンザーを使う

落ちにくい頑固な銅石鹸には、浴室用のクリームクレンザーが有効だ。柔らかい布に塗布して、汚れている部分を優しく磨こう。

あとは水を流すだけで、お風呂用の中性洗剤で落ちなかった銅石鹸もキレイになる。ただし、強く擦りすぎたり、何度も使いすぎると、浴槽の表面を傷めるので注意が必要だ。

擦る回数は4~5回くらいに留めるのがポイントだ。傷がついたり、質感を損ねたりするので、お風呂用の中性洗剤で効果がなかったときだけ使おう。

タオルや容器に銅石鹸がついたら(※1)

銅石鹸はお風呂で使う容器やタイル、体を拭くタオルにも付着する。洗濯で落ちないこともあるので、それぞれ対策を行おう。

タオルは10倍に薄めた食酢を70~80℃に加温した中に浸して、数秒ほどたったら水で十分に流そう。この方法でタオルが黄ばんでしまった場合は、洗濯用漂白剤で洗濯すれば落ちる。

容器やタイルにはアルカリ性の洗剤が有効なので、数滴ほど垂らしてからスポンジで擦ろう。あとは薄めた酢で中和させてから水で流せばキレイになる。

3. 毎日の習慣で銅石鹸の予防をしよう

一度つくと落とすのが大変な銅石鹸だが、毎日の習慣で簡単に予防ができる。2つの予防法を紹介するので、ぜひ実践してほしい。

せっけんに注意

せっけんはイオンと反応するため、なるべく使わないほうが良い。体を洗ったあとは、しっかり洗い流してから浴槽に浸かろう。

固形のせっけんを使うと銅石鹸ができやすくなるので、体を洗うときはボディーソープを使おう。洗顔石けんを使っている場合は、フォームやジェル、泡タイプに変えるのがおすすめだ。

洗う習慣をつける

お湯をためたままだと銅石鹸の原因である皮脂が浴槽に溜まる。家族全員が入ったあとは浴槽のお湯を抜き、シャワーで流して清潔に保つことが重要だ。

洗面器やタイルにも一緒に水をかけると、銅石鹸が付着するのを避けられる。少しでも銅石鹸がついたり、水が青かったりしたら、なるべく早くお風呂用の洗剤で洗うようにしてほしい。

結論

水や浴槽が青になる銅石鹸は厄介だが、正しい方法で掃除すればキレイに落とせる。軽い銅石鹸ならいつも使っているお風呂用の洗剤で落ちるため、早めの掃除が肝心だ。せっけんをボディーソープに変えたり、浴槽や容器を流したりといった予防を行えば、掃除にかかる負担を減らせるので、ぜひ実践してほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ