このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
乾拭きの効果とは。重要性と乾拭きすべき場所、おすすめのアイテムを紹介!

乾拭きの効果とは。重要性と乾拭きすべき場所、おすすめのアイテムを紹介!

投稿者:ライター 藤田幸恵(ふじたゆきえ)

2020年2月25日

雑巾で乾拭きをするというと、昔ながらの掃除方法だと感じる方も多いだろう。乾拭きはあまり汚れを落とす効果がないイメージも持っているかもしれない。だが、水拭きや洗剤を使っても落ちない汚れでも、乾拭きでキレイになるということもあるのだ。今回は乾拭きを見直すとともに、乾拭きにおすすめのアイテムも紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 乾拭きは意味がある!その効果とは

掃除をするなら水拭きのほうがキレイになると信じている方も多いだろう。乾拭きをする意味はないのだろうか?実は乾拭きがよい場面や場所があるのだ。乾拭きが効果を発揮する場面を紹介しよう。

ホコリを取り除く

乾いたホコリが多い場所では、水拭きをするとホコリが湿ってしまい、汚れを擦り付けて広げる結果になる。ホコリやゴミの多い場所では、乾拭きをして静電気で汚れを吸引するのがおすすめ。

素材のツヤを出す

フローリングの他、木製の棚やテーブルなどは水に弱い。なので、水拭きしてしまうと素材を傷めることがある。反対に、乾拭きすると汚れが落ちるだけでなく、素材のツヤを出すこともできる。

水拭きのあとの仕上げに

水拭き掃除をしたあと、そのままにしていると拭き跡が残ることがある。窓ガラスや鏡などでは、拭き跡が水垢となってしまい、掃除する前よりも汚れてしまうこともあるほどだ。水拭きのあとの仕上げとして、乾拭きをすると拭き跡が残らずキレイになる。このとき、汚れた雑巾で仕上げ拭きをするともっと汚くなるため、キレイな布を使おう。

2. 乾拭きがおすすめの場所・モノ

それでは、乾拭きをおすすめしたい場所やモノを具体的に挙げていこう。

フローリングの床

フローリングの床は、木でできているため本来水に弱い。また、床に溜まる汚れはほとんどがホコリなので、乾拭きをして汚れを吸着させるのがおすすめだ。天然の木を使っている床であれば、乾拭きしているとツヤが出てきてよりキレイになる。フロアワイパーを使えば、毎日簡単に乾拭きすることができる。

壁も汚れのほとんどがホコリなので、さっと乾拭きすることでキレイに掃除できる。もし、ホコリと油汚れが一緒になってしまい落としにくい汚れになったときには、重曹水などで湿らせた雑巾で水拭きしたあとに、乾拭きで仕上げるとよい。

木製の家具

収納棚や机など、木製の家具は水に弱いため乾拭きがおすすめだ。拭けば拭くほどツヤが出てくる。

ブラインド

ブラインドは細かな隙間にホコリが溜まってしまい、掃除しにくいモノだ。洗剤を使ったり水拭きをしたりして、一気に汚れを落としたくなるが、実は乾拭きのほうが向いている。ブラインドを掃除するときは、乾いた軍手を使うのがおすすめだ。親指と人差し指でブラインドを挟んで左右に滑らせると、軍手がホコリを吸着してくれる。

3. 乾拭きにおすすめのアイテム3選

乾拭きというと、昔ながらの雑巾をイメージする方が多いのかもしれない。だが、最近ではさまざまな乾拭きアイテムが登場している。100均で購入できるものからかなり高価なものまであるが、乾拭きにおすすめのアイテムを紹介したい。

マイクロファイバークロス

マイクロファイバークロスは100均でも購入可能なアイテムだ。一般的な布製の雑巾とは異なり、マイクロファイバーと呼ばれる極細の化学繊維で作られている。このクロスは静電気を帯びているため、一般的な雑巾よりも汚れを吸着させることが可能。水洗いをしてもすぐに乾き、繰り返し使えるので、とてもエコなアイテムだ。

フロアワイパー

フロアワイパーは、フロアシートをワイパー部分につけて床掃除ができるものだ。立ったままの姿勢で床掃除ができ、しかも掃除機に比べると軽量なので、気軽に掃除をすることができる。フロアシートはさまざまなメーカーから販売されている。使い捨てのシートが一般的だが、何度も洗って使えるエコなタイプのものもある。好みのものを選んでみよう。

ロボット掃除機

ロボット掃除機といえば、ルンバに代表されるようなゴミを吸い込むタイプのものを思い浮かべる方も多いだろう。だが、床の拭き掃除をしてくれるロボット掃除機も近年登場している。拭き掃除型のロボット掃除機は、乾拭きと水拭きの両方の機能を持っていることが多い。価格は高めだが、自動で拭き掃除を行ってくれるため、家事の時短にもつながるアイテムだ。

結論

乾拭きは面倒なのにあまり効果のない掃除方法だと思っている方が多いかもしれない。だが、乾いた汚れを取ったりフローリングや木製の家具のツヤを出したりと、優れた効果があるのだ。今まで水拭きをしてうまく取れなかった汚れが、実は乾拭きだとすっきりキレイになるということもある。100均で購入可能なマイクロファイバークロスは驚くほど汚れを取ってくれる。まずは1枚購入して、乾拭きの効果を実感してみてはいかがだろうか?

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >