このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
パーカーの干し方を伝授!フードまでしっかり乾かす秘訣とは?

パーカーの干し方を伝授!フードまでしっかり乾かす秘訣とは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2021年2月 5日

パーカーをなんとなく干してしまい、生乾きのにおいが発生したり型崩れを起こしたりしたことはないだろうか?この記事ではパーカーの効率的な干し方についてまとめた。フード部分までしっかり乾かすコツや、型崩れを防ぐ干し方について解説する。パーカーを着用する機会が多い方は必見だ。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. パーカーの干し方には工夫が必要

パーカーはTシャツなど一般的な衣類よりも乾燥に時間がかかる。以下の理由から干し方には工夫が必要だ。

フードがある

パーカーにはフードがついているため、フードの中や裏側(後ろ身頃と重なるあたり)がとくに乾きにくい。干し方の基本は風通しをよくすることだが、ハンガーに掛けただけではフードと後ろ身頃が重なったままになる。そのためほかの部分が乾いてもフードの中や裏が湿ったまま、ということはよくある。濡れたままの状態が長くなるほど雑菌が繁殖し、生乾きのイヤなにおいが発生してしまう。そのため全体を効率よく乾かす干し方をする必要がある。

生地が厚い

パーカーは一般的なTシャツよりも生地が厚手であることが多い。しかもパーカーの素材として多用される綿は、合成繊維と比べると乾きにくい性質がある。フードや袖と重なるワキはとくに乾きにくく、通常の干し方では乾くまでに時間がかかってしまう。とくに冬用のパーカーは生地が厚く、温度が低い季節に干すため乾かすのは大変だ。

型崩れすることがある

水を含んだ重いパーカーを吊り干しすると、伸びたり型崩れしたりといったリスクがある。型崩れを防止しつつ素早く乾かせる干し方をすることが、大事なパーカーを守ることにつながるのだ。

2. パーカーの干し方で重要なポイントとは?

パーカーを早く乾かすには場所や環境が重要になる。外干しと部屋干しに分けてポイントを解説しよう。

外干しは日当たりがよい場所で

温度が高く湿度が低い環境を作ることが重要だ。できればパーカーは日当たりや風通しがよい場所に干そう。ほかの洗濯物との間隔を開けることが干し方のポイントになる。天日干しをすれば紫外線による殺菌効果が得られ、においの原因である雑菌の繁殖防止にもつながる。ただし天日干しは色落ちのリスクがあるので、洗濯表示で陰干しを指定されている場合はそれに従おう。またたとえ天日干しがOKでも、長時間当てすぎないように気をつけることが大切だ。

部屋干しは空気の流れを作るべし

部屋干しは乾きにくいといったデメリットがあるため、干し方や場所を工夫しよう。まず、風通しが悪くなりがちなのでサーキュレーターや扇風機を当てて空気を流れを作るとよい。また窓の周囲や部屋の隅は空気が流れにくいため、部屋の中央に吊るすのが正しい干し方だ。パーカーを早く乾かしたいなら除湿機を活用するのもよい。ご家庭に除湿機がない場合は、湿度を吸う新聞紙を洗濯物の下に置いておくと乾きやすくなる。

コインランドリーの乾燥機を使ってしまう手も

本稿はテーマが干し方ゆえ簡単な説明のみとさせていただくが、近所にコインランドリーがあれば乾燥機でサッと乾かす手もある。熱風で回転させながら乾かすため短時間でふんわり仕上がるのが特徴だ。30分300円程度とコストもさほどかからないのがうれしい。

3. フードまでしっかり乾くパーカーの干し方

生乾きのイヤなにおいを防ぐためにも、パーカーはなるべく早く乾かしたい。乾きやすい干し方と、それでも乾かないときの対策について紹介しよう。

逆さに吊るす

パーカーを逆さに吊るす干し方だ。フードの裏やワキの部分が重ならないので乾きやすい。またハンガー1本で吊るせるため必要なスペースが少ないのもメリットだ。ピンチで挟んで逆さに吊るせるズボン用のハンガーなら逆さに干しやすいだろう。ただし重さでパーカーが伸びるおそれがあるため、大事なパーカーには向かない干し方かもしれない。

身頃とフードを別々のハンガーに掛ける

ハンガーを2本用意し、1本には身頃を普通に掛ける。もう1本の△部分にフードを通し、洗濯バサミなどで留めるといった方法だ。フードは裏返してもよい。後ろ身頃とフードとの間に空間ができるため、風が通って乾きやすくなる。

物干し竿の端を活用する

ハンガーに身頃を掛けて物干し竿の端に吊るす。フードをその物干し竿の端に引っ掛けるというやり方もある。これならハンガーを2本使う必要がないうえ、スペースも有効活用できるだろう。

最終手段としてアイロンをかける手も

「干し方」とはややズレてしまうが、気温が低い冬などはどうしてもパーカーが乾かないことがある。そのときは最終手段としてアイロンを活用しよう。フードやワキの下など生乾きの部分に当てるだけですぐにカラッと乾燥する。ただしアイロンを使えないパーカーもあるので洗濯表示を確認しよう。また当て布の有無や最適な温度なども忘れずに確認してほしい。

4. オーバーサイズのパーカーの干し方は?

オーバーサイズのパーカーはその分乾きにくい。厚手のものも多いため、とくに生乾きのにおい対策が重要だ。

ファスナーを開いて横に干す

ファスナーを開き、物干し竿に横向きに引っ掛けてしまう方法だ。フードを物干し竿の端に掛ければ風が当たる面積を広く取ることができる。

ファスナーを開いて逆さに干す

短めの物干し竿あるいは長さを調節できる物干し竿をお持ちなら、この干し方もおすすめだ。同じようにファスナーを開き、物干し竿の両端にうまく引っ掛けるようにして逆さ干しをする。これならワキやフードなども重ならないため乾きやすい。

5. パーカーの型崩れを防ぐ干し方「オバケ干し」とは

パーカーを干すときに心配なのが型崩れだ。形をキープできる干し方としておすすめなのが「オバケ干し」である。

オバケ干しとは

パーカーがオバケのような見た目になるので「オバケ干し(幽霊干し)」と呼ばれている。3本のハンガーを並べるスペースは必要だが、乾きやすく型崩れしにくい。いつも通りにパーカーをハンガーに掛け、2本目のハンガーに洗濯バサミでフードをとめる。あとは3本目のハンガーに両腕の袖を掛ければ完成だ。パーカーの裏や中にも空気が通りやすいようにキレイに広げるのがポイントになる。またファスナーがあれば開けておくとより乾きやすい。

6. パーカーを干すのに便利なアイテムを紹介

紹介してきたように普通のハンガーでもOKだが、パーカー用のハンガーというものもある。100均で手に入るものもあるので、ひとつ持っておくとよいだろう。

ダイソー「パーカーハンガー」

身頃は通常のハンガーに掛け、フード部分をこのパーカーハンガーに掛けるといった使い方をする。手軽にフードを速乾できる便利なアイテムだ。

セリア「フード&ハイネックハンガー」

同じように、身頃を普通のハンガーに掛け、フード部分をこのハンガーに掛けるといった使い方をする。セリアには、フード部分を引っ掛けて持ち上がった状態をキープするための「パーカーハンガー」もある。

ドウシシャ「ハンガーラック」

ファスナーを開いて横干しする際や、オバケ干しでほかの洗濯物を干すスペースを奪いたくないときなどにあると便利なラックだ。

パーカーハンガーをDIYする方法も

針金ハンガーを使ってパーカー用のハンガーを手作りすることも可能である。両肩の部分を同じ方向に曲げてフードを引っ掛ける部分を作ろう。通常のハンガーと一緒につかえば、市販のパーカー用ハンガーを使ったときと同じ干し方ができる。

結論

フードがついており生地が厚いパーカーは乾きにくいが、湿ったままだと雑菌が繁殖してしまう。早く乾かすためには干し方を工夫することが重要だ。この記事で紹介した干し方をぜひお試しいただき、大切なパーカーの生乾きのにおいや型崩れを防いでほしい。
  • 公開日:

    2020年2月22日

  • 更新日:

    2021年2月 5日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ