このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
コインランドリーでカーテンは洗濯できる?洗濯方法や注意点を紹介!

コインランドリーでカーテンは洗濯できる?洗濯方法や注意点を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月23日

カーテンはきれいに見えても、ホコリやハウスダスト、シミなど見た目以上に汚れている。かといって毎日洗濯するわけにもいかないので、年に数回、適切に洗濯してきれいにする必要がある。コインランドリーはそんなカーテンの洗濯が楽になるのでおすすめだ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カーテンはコインランドリーで洗おう

カーテンは大型の洗濯物なので、ご家庭の洗濯機では洗うのが困難である。そんなときに活躍するのがコインランドリーで、カーテンを簡単に洗濯できる。

コインランドリーでは重さに合わせて大きさを選ぶことができ、洗浄力もあるため、めったに洗わないカーテンにぴったりである。

コインランドリーの料金

コインランドリーでの洗濯は、12kgタイプで600円、17kgタイプで800円、25kgタイプで1,200円ほどの金額で行える。「サイズが大きくなると金額も高くなるから」と、小さいサイズを選ぶと洗浄力が大幅にダウンするため、適切なサイズを選んでほしい。

2. コインランドリーでのカーテンの洗濯方法

コインランドリーでカーテンを洗濯する前に、まずは下準備が必要だ。

カーテンをフックから取り外して洗濯表示を確認し、洗濯できるかチェックしよう。ポリエステルやアクリルのカーテンは問題なく洗濯できる。一方、水洗い不可のカーテンはコインランドリーで洗濯ができないため、クリーニングを活用してほしい。

洗濯可能なカーテンであれば、丁寧にたたみ、適切なサイズの洗濯ネットに入れる。コインランドリーで洗濯する際にサイズがわからない場合は、一度入れてみて扉に付いているラインなどを基準にしてほしい。

コインランドリーに設置されている洗濯機は家庭用の洗濯機よりも大きいため、一番小さなサイズでも一般家庭より多くの容量を洗濯できる。適切なサイズで洗うのが効率的なので、確認しておこう。

あとは規定の金額を投入し、洗濯が終わるまで待つだけだ。だいたい30~40分ほどで終了するので、洗濯が終わったらすぐに取り出そう。濡れたまま放置するとシワになりやすいので、すぐに乾燥に取り掛かってほしい。

3. コインランドリーの乾燥機でカーテンを乾かしてもいいの?

コインランドリーには洗濯機だけでなく、乾燥機も設置されている。脱水まで終わらせたカーテンを乾燥機に入れて一気に乾燥させたくなるが、乾燥機を使用すると、シワや折れ目の崩れ、生地の痛みなどの原因となってしまう。

コインランドリーの乾燥機は使用せずに自宅に持ち帰り、カーテンレールに干して自然乾燥させよう。自重でシワもきれいに伸びるし、乾燥代の節約にもなる。

朝一で洗濯をすると、天気がいい日であれば1日で乾くことが多いが、冬場や天気の悪い日に行うと乾ききれないおそれもある。そうなるとカビの発生や臭いが心配だ。カーテンをコインランドリーに行って洗濯しようと思ったら、その日の天気や気温も考慮しておくと安心だろう。

4. カーテンをコインランドリーで洗うか迷ったときは

カーテンの種類によってはコインランドリーを使用できない場合もある。

洗濯できないタイプのカーテンや、迷ったときはコインランドリーでなくクリーニングを活用してほしい。冬場や悪天候の日でもクリーニングなら完全に乾いてから手元に戻ってくるので安心である。

料金は一般的なカーテンで1,300円~2,000円ほどと、コインランドリーに比べると高くなるが、その分しっかり洗濯されるので安心して任せられる。

カーテンのクリーニングには5〜10日ほどかかるため、その間は代替カーテンが必要となる。クリーニング業者では貸し出ししていない場合が多いが、ダスキンなどの業者では取り外し、取り付けはもちろん代替カーテンの貸し出しもある。手間がかからないため、忙しい方やお年寄りなどにもおすすめだ。

結論

カーテンの洗濯は大掛かりな作業となるため、準備と時間が大切である。24時間営業のコインランドリーもあり、好きな時間帯に持ち込むことが可能だ。ご家庭の負担にならないよう、無理なく洗濯を行ってほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >