このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
浴槽の黄ばみの落とし方!注意点や黄ばみ防止のバスボムの作り方も!

浴槽の黄ばみの落とし方!注意点や黄ばみ防止のバスボムの作り方も!

投稿者:ライター 松岡由佳里(まつおかゆかり)

2020年2月25日

浴室は汚れがさまざまで、掃除がひと苦労だと感じている方も多いだろう。そのなかでも浴槽の黄ばみに手を焼いている方もいるのでは?お風呂洗い用の洗剤でもなかなか落とすことができない浴槽の黄ばみには、少し違ったアプローチが必要だ。浴槽の黄ばみの原因と掃除のやり方、黄ばみを作らないための工夫をご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 浴槽の「黄ばみ」、原因は大きく2つ

浴槽の黄ばみの原因としては、大きく分けて「汚れ」と「経年劣化」が考えられる。それぞれの原因をみていこう。

浴槽の汚れが原因の黄ばみ

浴槽はお風呂用洗剤で掃除をしているから問題ないのでは。そう思っている方も多いだろう。しかし、浴槽の汚れは「皮脂」だけではない。「水垢」と「石鹸カス」も加わるのだ。
浴槽の黄ばみを発見する場所として、水位線がある。現在のお風呂は自動で沸かすタイプが多いので、その場合お湯の量も一定で、水位線もほぼ毎回変わらない。
水位線には、皮脂、石鹸カスが浮かび、水垢も付きやすい。お風呂用の洗剤は中性洗剤であるため、皮脂については効果があっても、水垢や石鹸カスに対してはあまり効果的とはいえない。
落とすことができない汚れが蓄積することで、浴槽の黄ばみは目立ちはじめ、さらにガンコな汚れになっていく。

経年劣化による黄ばみ

マンションやアパートに住んでいる方の場合、ユニットバス形式の浴槽も多いだろう。ユニットバスに使用されている浴槽の素材で最も多いのがFRPと呼ばれる素材だ。
FRPとはガラス繊維強化プラスチックのことで、耐久性や耐衝撃性、保温性もあり、軽量なのでユニットバスによく使われている。
FRPは汚れや黄ばみがつかないように、あらかじめコーティングされており、掃除がしやすいようになっている。しかし、長く使い続けることで、コーティングがはがれて経年劣化が始まる。
浴槽の寿命に関しては素材にもよるが、FRPで15~20年といわれている。経年劣化による黄ばみを取るのは難しく、何かのタイミングで浴槽の交換ということになるだろう。

2. 浴槽の黄ばみを除去する方法と注意点

具体的に浴槽の黄ばみを取る方法をご紹介する。黄ばみ具合によっていくつかの方法があるので試してみてほしい。

クエン酸による浴槽の黄ばみを取る方法

黄ばみの原因である水垢は、水道水に含まれるミネラルが固まってできた汚れだ。ミネラルはアルカリ性の汚れなので、酸性の洗剤で中和することで汚れが取れる。クエン酸は天然由来の成分。環境にもやさしく、人にも優しい。肌が弱い人、小さな子供がいる家庭にとっては安心して使える成分だ。
水200mlに対してクエン酸小さじ1杯を入れてクエン酸水を作る。浴槽の黄ばみに対してクエン酸水をスプレーなどで吹きかけよう。キッチンペーパーなどを使ってパックをして2時間ほど放置すれば、ガンコな黄ばみも緩んで取れやすくなる。

クレンザーによる浴槽の黄ばみを取る方法

浴槽の黄ばみの原因である水垢は、通常使っているバスクリーナーでは取れない。カルシウムなどが固まってできた水垢は、物理的な力で擦り取っていく方法でも落とせる。そのために便利なのがクレンザーだ。クレンザーの中には研磨剤が含まれており、水垢の塊を浴槽からはぎ取っていく。
使い方は、水位線を中心に黄ばみが気になる場所にクレンザーをかけていく。柔らかいスポンジでやさしくこすることがポイントだ。シャワーでクレンザーを洗い流し、まだ黄ばみが残っているようなら同じ作業を繰り返していく。

浴槽の黄ばみ取り掃除で注意したいこと

長年蓄積された浴槽の黄ばみは、なかなか一筋縄では取れない。ただし、クレンザーやクエン酸水を使うにしても、むやみに力を入れてゴシゴシ擦ってしまうのはNG行為だ。クレンザーには研磨剤が含まれており、その研磨剤で浴槽自体のコーティングがはがれてしまう可能性がある。
また、洗剤の種類を意識せず、酸性と塩素系漂白剤を混ぜてしまうと、人体に有害なガスを発生させる。たとえば、クエン酸水であまり効果が実感できなかったからといって、その上から塩素系漂白剤をかけるのは非常に危険だ。

3. 浴槽の黄ばみを防ぐひと工夫

浴槽の黄ばみは、水垢や石鹸カスなどの長年の蓄積によるものだ。普段からひと工夫することで、黄ばみを抑えることができる。

浴槽のお湯はできるだけ早めに流す

追い炊き機能のあるお風呂の場合、水がもったいないからといってそのまま翌日、翌々日まで貯めておくと、水位線に汚れがこびりついてしまう。できるだけ早めに浴槽のお湯を流すことで黄ばみの原因である汚れの付着を予防できる。お湯を流した後は、こまめに浴槽の掃除をしよう。

重曹入りの入浴剤を使う

重曹は掃除をするときに大活躍してくれるアイテムだが、入浴剤としても優れモノだ。重曹は弱アルカリ性なので皮脂汚れに効果がある。重曹入りの入浴剤を使うことで、黄ばみの原因である皮脂汚れが浴槽に付着するのを防げる。
市販の重曹入り入浴剤を使ってもいいが、コスパのことを考えると自分で手作り入浴剤を作るのもよいだろう。

必要なもの

重曹:大さじ3 クエン酸:大さじ2 はちみつ:小さじ1 精製水:小さじ1 好きなアロマオイル:数滴

初めに重曹とクエン酸、はちみつを混ぜ、次に精製水とアロマオイルを加える。再びよくかき混ぜたら製氷皿などの型に入れて固めればバスボムの完成だ。
重曹は皮脂成分を落としてくれるが、その皮脂は敏感肌・乾燥肌の人にとって大切な肌バリアでもある。毎日重曹の入浴剤を使うと、肌荒れになる可能性もあるので、週に1~2回程度にとどめておこう。

結論

浴槽の黄ばみは、放置しておくと落ちにくい黄ばみになっていくので、早めに対処することが大切だ。こまめな掃除をして黄ばみを予防しよう。また経年劣化での黄ばみは掃除では落ちないので、浴槽自体の入れ替えを検討する時期に来たと思ったほうがいいだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >