このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
魚臭いニオイの解消方法とは!ニオイの原因と解説する方法を紹介!

魚臭いニオイの解消方法とは!ニオイの原因と解説する方法を紹介!

投稿者:ライター 藤田幸恵(ふじたゆきえ)

2020年2月26日

魚を調理したあと、手や包丁が魚臭いと感じたことのある方は多いのではないだろうか?この魚臭いニオイが原因で、魚を食べるのは好きだが調理はしたくないという方もいるはずだ。だが、魚臭さは家に常備している調味料ですっきり落とすことができる。ぜひ最後まで読んで、次に魚調理をするときに備えておこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 魚に触れた手やまな板が「魚臭い」のはなぜ?

魚を調理したあと、手やまな板を「魚臭い」と感じたことはないだろうか?この魚独特の生臭さは、何が原因なのだろうか?

魚臭さの原因はトリメチルアミン

魚臭いと感じるのは、魚に入っているジメチルアミンという成分が微生物によって分解されることが原因だ。ジメチルアミンは、魚の臭みと旨味両方の元になる成分である。微生物が増殖すると、ジメチルアミンの分解が進み、トリメチルアミンという成分に変化する。トリメチルアミンが増えるとアンモニアのような臭いを発するため、私たちに魚臭いと感じさせるのだ。

手やまな板が臭くなる理由とは?

瀬戸物の皿などよりも、魚を扱った手やまな板のほうを魚臭いと感じるのはなぜだろうか?手やまな板は、シワやキズなど表面に細かな凹凸がある。そこにトリメチルアミンが入るとなかなか落とすことができないためニオイが残りやすい。

2. 手が魚臭いときの解消法

それでは、手が魚臭いときには何をしたらニオイを取ることができるのだろうか?簡単にできる4つの方法を紹介しよう。

柑橘系の皮で洗う

魚臭いと感じさせる成分のトリメチルアミンの水溶液はアルカリ性を示す。だから、酸性のもので洗うと中和してニオイを落としてくれるのだ。レモンやオレンジなどの柑橘系の皮はには、クエン酸が含有されている。皮をつぶして出た汁を手に擦ってから洗い流すと、手の魚臭いニオイが消える。

酢で洗う

柑橘系の皮と同じ理由で、酸性である酢はアルカリ性の魚臭いニオイを分解することができる。酢をハンドソープのように手のひらに広げて、ゴシゴシと両手を擦り合わせたあと、水で洗い流そう。すると、石鹸で洗ったときよりもニオイが落ちているはずだ。

重曹で洗う

除菌作用や消臭作用がある重曹も、魚臭いニオイを落とせるアイテムだ。重曹の粉末に少量の水を垂らして、手を塩もみするように重曹を擦りつけよう。あまり強く擦ると手に傷がつくこともあるので、なるべく優しく擦っていく。その後水で流すと、ニオイがすっきり取れている。

ステンレスに触れる

ステンレスに魚臭い手を触れるだけで、ニオイを取ることができる。ステンレスとはキッチンのシンクや蛇口などに使われている素材だ。ステンレスに触れることでイオンの力が働き、ニオイを分解して取り除く。

3. まな板や包丁が魚臭いときの解消法

続いて、まな板や包丁が魚臭いときの解決策を伝授する。

水で洗い流してから洗剤で洗う

魚臭いニオイを取るために熱湯をまな板や包丁にかける方も多いが、これは逆効果だ。熱湯はニオイを閉じ込めてしまうため、まずは冷たい水でまな板についたニオイ成分を洗い流すのがおすすめだ。そのあと、洗剤をつけたスポンジでしっかりゴシゴシと洗っていく。泡を流水ですすいだあと、もし殺菌をしたいならこの段階で熱湯をかけよう。

酢水をスプレーする

酢は手の魚臭いニオイを落とすときにも使えたアイテムだ。まな板や包丁の消臭にも高い効果がある。酢と水を1:3で割った酢水を作り、100均などで販売されているスプレー容器に入れる。その酢水スプレーをまな板や包丁にかけて、1分ほど放置しよう。その後、水で洗い流すと魚臭いニオイは消えている。

4. 服や部屋が魚臭いときの解消法

焼き魚をしたあと、翌日まで部屋中が魚臭いと感じるときがある。また、魚を調理したときに着用していた服に魚臭いニオイが残ることもあるだろう。部屋や服が魚臭いときは、どのように解消できるのだろうか?

服のニオイを取る

手や調理用具のニオイを取ることができる酢は、服のニオイ取りにも活用できる。
服のニオイを取りたいときは、酢を入れた水に魚臭い服をつけ置きしてから洗おう。バケツ1杯の水のなかに大さじ1杯の酢を入れる。そこに臭い服を入れて1時間ほど放置しよう。そのあとは、普段と同じように洗濯する。

部屋のニオイを取るとき

部屋のニオイを取るために、1番大切なのは換気だ。魚を焼き終えたときすぐに換気扇を止めず、調理後もしばらく換気扇をつけたままにしておこう。魚焼きグリルや魚を焼いたときに使ったフライパンをそのままにしておくと、そこから部屋に魚臭いニオイが充満してしまう。グリルは重曹の粉末を振ってから洗い、シンクなどは酢水で拭き掃除をして、ニオイを取り除こう。

結論

魚臭いニオイの正体と、イヤなニオイの解消方法を解説してきた。魚臭いニオイの元は、魚の旨味成分でもある。美味しい魚にはなくてはならないものだ。魚料理は好きだが、ニオイが嫌いだという方も、キッチンに常備している酢で簡単に落とすことができる。焼き魚に添えているレモンやカボスなどの柑橘類も、ニオイを取り除くのに有効だ。ニオイに困ったらぜひ試してみよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >