このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
トイレの換気扇の寿命は何年くらい?24時間回しておくメリットとは

トイレの換気扇の寿命は何年くらい?24時間回しておくメリットとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月 8日

狭いトイレはニオイがこもるので、換気扇で空気の入れ替えをしておきたい場所だ。トイレの換気扇は使用後だけでなく、1日中回している家庭もあるだろうから、寿命が気になるのではないだろうか。寿命が近づいてきたときに現れる症状をチェックして、異変が感じられたら速やかに交換や取り換えをしておこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. トイレの換気扇の平均寿命は何年?

トイレに窓がなければ、空気を入れ替えるためには換気扇だけが頼りだ。急にトイレの換気扇が壊れてしまうとニオイがこもってしまうので、寿命を迎える前に修理や取り換えをしておきたい。トイレの換気扇の平均寿命が何年か気になるかもしれないが、一般的には7~10年だといわれている。換気扇の平均寿命が何年かというと10~15年なので、トイレの換気扇はほかの場所に設置したものより少し平均寿命が短いようだ。

家の中には主にキッチン、浴室、トイレに換気扇が設置されている。換気扇自体には寿命の違いはないのだが、キッチンや浴室は使用している間のみ換気扇を回すようにしていても、トイレはニオイや湿気対策のために24時間回しっぱなしという家庭もあるようだ。使用時間の違いが何年も積み重なると、寿命も早く訪れやすい。

また、トイレの換気扇はホコリがたまりやすいが、掃除をしにくいので手入れが行き届いていないこともあるだろう。換気扇は定期的に掃除をすることで、寿命を伸ばすことができる。トイレの換気扇を掃除するときは、まずカバーを外してから掃除機でホコリを吸い取り、拭き掃除をしておこう。換気扇にたまったホコリを掃除することで、吸い込みがよくなりニオイがこもりにくくなることもある。

2. トイレの換気扇に寿命が近づいたときの症状

音がうるさい

トイレは狭い空間だが、トイレットペーパーやトイレマット、カバーからホコリが舞い上がる。そのホコリによって、換気扇が汚れてしまいやすい。トイレの換気扇からうるさい音がするようになったら、ホコリがたまって空気の流れが悪くなっているのかもしれない。修理を依頼する前に、換気扇の掃除をしてみよう。

「ゴー」という音の原因は、汚れによるものが多く、掃除で元に戻ることが多い。しかし「カラカラ」という音が鳴るときは、モーターの軸の変形や破損の可能性がある。この場合は掃除をしても症状が変わらないだろうから、業者に連絡して修理か交換を依頼しよう。

吸引力の低下

吸引力が下がり、換気扇を回しているのにニオイが取れにくいという症状が出ることもある。その場合、カバーを開いてホコリを取り除いてみると吸引力が元に戻ることもある。もし改善されなければモーターの劣化が原因と考えられるので、業者に確認してもらうのがよいだろう。

3. トイレの換気扇を24時間回す平均費用とメリット

トイレの換気扇は、ずっと回しっぱなしにしておくのがよいといわれている。1日中換気扇を回しっぱなしにすると電気代が心配だが、意外と平均費用は高くないようだ。換気扇の種類は複数あるが、家庭用のトイレの換気扇は消費電力が少ないパイプファンというタイプが主流である。消費電力は3W程度なので、主要な電力会社の平均単価27円/kWhで計算すると、24時間回しっぱなしにしても、1日の費用は約1.94円、1ヵ月で約58円である。そこで、トイレの換気扇を1日中つけっぱなしにしておくことには、どんなメリットがあるのか確認しよう。

ニオイの除去

トイレは狭い個室なので、すぐにニオイが充満してしまう。使用中だけ換気扇を回しても、ニオイがトイレに残ってしまうこともあるだろう。排水口から悪臭が漂うこともあるので、使用後でなくてもニオイが気になるものだ。24時間換気扇を回しておけば、1日中空気の入れ替えが行われるので、いつトイレを利用してもさわやかに使うことが可能だろう。

結露やカビを防ぐ

トイレは家の中でも湿気がたまりやすい場所なので、結露やカビが発生しないか心配だ。湿気が多いと壁紙にカビが繁殖してしまう可能性もある。1日中換気扇を回しておいても平均費用はわずかなうえしっかり換気ができるので、結露やカビの発生をできるだけ抑えることができるだろう。

結論

トイレの換気扇は、キッチンやお風呂など、家の中のほかの換気扇より平均寿命がやや短い。掃除不足だと、さらに寿命を短くしてしまうかもしれないので、日頃から換気扇のホコリを除去する掃除を習慣にしておきたいものだ。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ