このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
換気扇の交換方法とは。DIYと業者に頼む場合の違い

換気扇の交換方法とは。DIYと業者に頼む場合の違い

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月31日

換気扇はキッチンには欠かせない器具だが、寿命があるため、故障したら交換する必要がある。交換は業者に頼む場合とDIYする場合とがあるが、違いを知ってご家庭にあった最適な方法で交換して欲しい。賃貸の場合は大家に相談することも大切である。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. キッチンの換気扇やレンジフードの交換は必要?

キッチンに設置された換気扇には、プロペラファンタイプとシロッコファンタイプのものとがある。
プロペラファンタイプは屋外と室内とを直接つなぎ、ファンで吸い込んだ空気を排出するシステムとなっている。
シロッコファンタイプはレンジフードとも呼ばれ、吸い込んだ空気をダクトから排出するタイプのものである。
音が静かで効率がよいことからシロッコファンタイプが多く活用されている。

換気扇は機械なので寿命があり、だいたい10年ほどで調子が悪くなる。
ファンやモーターが劣化しすることで換気能力が低下したり、異常音が出たり、汚れが目立つようになったりする。
異音がする場合はモーターの故障の可能性が高く、音の種類でどう故障しているのか判断できる場合もある。
例えばキュルキュル音はオイル不足による摩擦音で、オイルをさすことにより、交換せず問題を解消できる可能性がある。
また重い音は、プロペラが汚れて空気の流れが悪くなっている音で、換気扇の掃除により解決し、交換がいらない場合がある。
その他の音に関しては早めの交換を行うべきものもあるため、業者に相談してほしい。

2. 賃貸物件の場合の換気扇やレンジフードの交換は誰がする?

賃貸の場合、換気扇やレンジフードは設備の一部のため、交換費用は貸主負担となる場合がほとんである。

契約内容

契約内容によっては、経年劣化、いわゆる寿命は貸主負担だが、故意や過失などによる故障は借主負担となる場合もある。
過失による故障には、掃除中に壊してしまったり、逆に掃除をしなかったために埃がたまり故障してしまった場合などがある。
換気扇の交換は費用が高額になるため、大家のなかには費用を支払ってくれない場合もあり、契約書をしっかり読み専門家に依頼するなど対応してほしい。

業者への依頼

故障により換気扇を修理、交換する場合、まずは管理会社や大家に相談して欲しい。
基本的に費用が貸主負担となるため、業者へ依頼するのも貸主が行う。
ご自身で業者を頼み、費用のみを貸主へお願いするのは難しく、ご自身で依頼すると費用もご自身で支払う必要がある。

3. diyできる換気扇やレンジフードの見分け方

換気扇やレンジフードの交換は、業者へ依頼する場合がほとんどだが、DIYでご自身で取り付けることも可能である。
ただ、大変な作業でもあり失敗してしまう場合もあるので、賃貸物件の場合は貸主に相談してから行ってほしい。

プロペラファン

プロペラファンタイプの換気扇は比較的簡単に行えるため、DIYに慣れている人なら安価で交換できる。
ただ、配線が直接接続されているタイプは、第2種電気工事士の資格が必要なので、ご家庭での交換はできない。
コンセントに設置されているか確認してからDIYの計画をたててほしい。

シロッコファン

シロッコファンタイプの換気扇は重量があるため、交換も一苦労となる。
また、新しく設置する場合はダクト配管工事が必要となり、さらに大掛かりとなる。
費用もプロペラファンと比べかかるため、DIYによるお得感があまり感じられないので、プロにお任せするのがおすすめである。

4. 換気扇やレンジフードの交換をプロに外注する相場費用

換気扇やレンジフードの交換を依頼する場合、項目によって費用が異なる。
スイッチの交換、モーターの交換、本体の交換などそれぞれの平均費用を紹介する。

スイッチの交換

換気扇の故障でスイッチが入らないといった問題がある。
スイッチ部分の交換では、スイッチの本体価格5,000円ほどと、工事費10,000円ほどの合計15,000円程度が相場となる。

モーターの交換

モーターが故障している場合、モーターの交換のみで換気扇の修理が可能な場合もある。
モーターの交換はモーターの本体価格9,000円ほどと、工事費10,000円ほどの合計19,000円が相場となる。

本体の交換

換気扇本体を取り替える場合は、プロペラファンタイプとシロッコファンタイプとで大幅に異なる。
プロペラファンタイプの相場は20,000円でシロッコファンタイプの相場は200,000円と10倍近く異なる。
ダクト工事や電気工事を行うとさらに価格が高くなる。

結論

換気扇は故障などにより交換を行う必要がでてくる。簡単なタイプの換気扇であればDIYできるが、大掛かりな換気扇は業者に頼む必要がある。価格も大きいので、交換前には見積書をもらって金額の把握を行ってほしい。賃貸の場合は管理会社や大家に相談することで無償で交換してもらえる場合もある。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ