このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ハンガーの収納に困らない!アイデアグッズなどを使った整理整頓

ハンガーの収納に困らない!アイデアグッズなどを使った整理整頓

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月12日

ハンガーは洋服を保管したり洗濯して干したりする際になくてはならないが、クリーニング店から戻った服にはハンガーが付いてくることがあり、知らず知らずに増えていくので収納に困ることがあるだろう。クローゼットにハンガーだけが多くなってしまい洋服を保管するスペースが少なくなることさえある。今回は、アイデアグッズやニトリや無印、100均のグッズを使ったハンガーの収納方法を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. アイデアグッズを使ったハンガーの収納

収納場所に困るハンガーは、ちょっとしたアイデアですっきり整理整頓ができるラックやボックスが販売されている。ここではハンガーを収納するラックやボックスを紹介する。

ハンガー収納ラック

市販のハンガー収納ラックの中には、マグネットの磁力によって洗濯機に張り付くものや洗濯機の上の棚に置けるコンパクトなものもある。洗濯機に取り付けたり、洗濯機の上の棚に配置したりすることで素早くハンガーを取り出し、洗濯が終わったTシャツやズボンに使えるので効率的だ。また、ハンガーを大量に収納できるので、スペースをとるハンガーの整理に便利である。

ハンガー収納ボックス

ハンガー収納ボックスは収納力に優れたアイデアグッズで、ハンガー以外にも洗濯干し用ハンガーや大型ピンチハンガーも収納できる。トートバックタイプとなっており、ランドリーグッズをまとめて持ち運びできるアイデアグッズだ。メッシュポケットがフタに装着されており、洗濯バサミも収納できる。一方、スチール製でキャスターが付いたハンガー収納ボックスㇽもあり、キャスターが付いているので移動も簡単で雨にもある程度強い。

2. ニトリや無印のグッズを使ったハンガーの収納

ニトリや無印のグッズは種類が豊富で、ハンガーを収納できるグッズもいくつかあるので紹介する。

ニトリのファイルケースや無印のファイルボックスでハンガーを収納

ニトリや無印のファイルケースは、ハンガーを収納するのにぴったりな製品だ。強度が高く傷のつきにくいポリプロピレン材質で、コンパクトにハンガーをしまうことができる。

ニトリの突っ張り棒でハンガーを収納

ニトリの突っ張り棒をランドリールームの壁と壁の間に配置することで、ハンガーを引っ掛けて収納できる。突っ張り力の強いタイプが安心だろう。収納したハンガーは洗濯が終わった衣類にすぐに使えるので効率的だ。

3. 100均のランドリーバスケットでハンガーを収納

100均グッズはクオリティーが高くバリエーションが豊富なので、ハンガーの収納に使えるものがある。中でも100均のランドリーバスケットはハンガーの収納におすすめだ。

結論

アイデアグッズやニトリや無印、100均のグッズを使ったハンガーの収納を紹介した。ハンガーは、使わないときに収納する場所がないことが多いが、本記事で紹介したハンガー収納ラックやハンガー収納ボックスがあると、しっかりハンガーを収納できる。ハンガーの収納にぴったりでコスパにも優れているアイテムをぜひ活用してみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ