このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ネクタイの洗濯を紹介!自宅でも可能?シルク・ポリエステルはどう洗う?

ネクタイの洗濯を紹介!自宅でも可能?シルク・ポリエステルはどう洗う?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月14日

ネクタイは、清潔に見えても食べこぼしや手垢などで意外と汚れているものだ。しかし洗濯に失敗するリスクを考え、あまり洗っていないという家庭も多いのではないだろうか。今回は、ネクタイを自宅で洗濯する方法を紹介するとともに、取扱いに注意するべきネクタイの素材についても紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ネクタイの洗濯表示を確認しよう

ネクタイを自宅で洗濯しようと思ったら、まずは裏側の「洗濯表示のタグ」を見てみよう。そのネクタイに推奨される洗濯方法が示されている。「桶に水を張ったマーク」があれば洗濯機での洗濯が可能で、「桶に手が入ったマーク」があれば手洗いでの洗濯が可能である。もし「桶の上から×が付いたマーク」があれば、そのネクタイは家庭での洗濯不可ということを意味し、クリーニングに出すのが基本だ。

ネクタイの素材はシルク・ウール・ポリエステルなどさまざまだが、自宅で洗濯できる代表的な素材といえばポリエステルだ。ポリエステル製のネクタイは比較的安価なうえ、丈夫で型崩れもしにくいため、家庭でも気軽に洗濯できるタイプが多い。逆に水に弱いシルクやウールなどのネクタイは、自宅での洗濯は難しくなる。いずれにせよ洗濯できるかどうか迷ったら、必ず選択表示を確認しその指示に従うことで失敗は避けられるだろう。

2. ネクタイを自宅で洗濯する2つの方法とは

ネクタイを家庭で洗う方法は「手洗い」か「洗濯機」の2種類だ。ここからはそれぞれの手順やメリットについて紹介する。

ネクタイを手洗いする方法

手洗いは素材を傷めにくく、ネクタイを長持ちさせるため最もおすすめの洗濯方法なので、洗濯表示に「手洗い」のマークがあった場合に挑戦してみよう。
  • 洗面器にぬるま湯を入れ、洗濯洗剤を混ぜる
  • 折りたたんだネクタイをお湯に浸し、5分ほど待つ
  • やさしく揺するようなイメージでネクタイを動かし汚れを落とす
  • 汚れが落ちたら、何度か水を取り替えながらすすぐ
  • 最後にタオルなどに挟んで水気を十分切ったら完了
オシャレ着用の中性洗剤を使用することでよりダメージを少なくできるので、洗剤も気をつかって選んでみよう。強くこすったり揉んだりしてしまうと型崩れや毛羽立ちの原因となるので、できるだけやさしく扱うのもポイントだ。

ネクタイを洗濯機で洗う方法

ポリエステル製のネクタイなどは洗濯機で洗うことができるタイプも多いが、必ず洗濯表示に「洗濯機洗い」のマークがあるのを確認してから洗うようにしよう。
  • ネクタイを洗濯ネットに入れる
  • 洗濯機の「ドライ」「ソフト」などと表示されたコースで洗濯をすればOK
手間をかけずに洗濯が完了するのが洗濯機洗いのメリットだが、ネクタイを洗う場合はドライコース・ソフトコースなどの「オシャレ着用のコース」を選ぶことが大切だ。弱い水流で洗ってくれるため、ネクタイのダメージを与えにくい。手洗いと同様、洗剤もオシャレ着用の中性洗剤を使うといいだろう。劣化が心配なら脱水を短めにするのもポイントだ。

干すときは陰干しで

洗濯が終わったらハンガーなどにネクタイをまっすぐに掛け、風が通りやすい場所で陰干しをする。直射日光に当たると変色する可能性があるため、日光の当たらない場所を選んで干そう。

3. 自宅での洗濯に向かないネクタイの材質とは

上品で高級感があるシルク製のネクタイを好んで使う方も多いだろう。しかしシルクは摩擦や水に弱く、自宅での洗濯が難しい素材だ。たとえ手洗いでも、安易に洗ってしまうと色落ちしたり型崩れしたりして、ネクタイをダメにしてしまう可能性がある。そのためシルク100%のネクタイには、「家庭での洗濯不可」のマークが入っているものがほとんどだ。また、細かな柄入りや刺繍がほどこされたネクタイも色落ちやほつれが出ることがあるため自宅での洗濯は避けたい。これらのネクタイは、リスクを考えるとクリーニングに出したほうが無難だと覚えておこう。

結論

ネクタイが洗濯できるかどうかは素材に左右される。頑丈なポリエステル製のネクタイは自宅でも比較的簡単に洗濯ができるが、繊細なシルク製のネクタイは洗濯によってダメージを受ける可能性もある。洗濯できるかどうかわからなければ、洗濯表示のタグを確認しよう。表示通りの方法で洗濯することが、失敗を避ける一番の近道である。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >