このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
トースター掃除に重曹が効果的な理由と用意するものや掃除手順を公開

トースター掃除に重曹が効果的な理由と用意するものや掃除手順を公開

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月31日

トーストや高温調理に欠かせない家電といえばトースターだが、普段の手入れに悩む方は意外に多い。しかし食べ物のカスや油が飛び散ったままだと、いつしか落としにくい頑固な汚れへと変わっていくだろう。そこでトースターの手入れにおすすめなのが、あらゆる掃除に活躍する重曹だ。今回は、重曹を用いたトースター掃除法を詳しく紹介してこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 重曹でトースターを掃除するのに用意するものとは

トースターをキレイに掃除するのには、重曹以外にも幾つか用意するものがある。まずは用意するものを揃え、掃除の準備に取りかかろう。
  • 重曹
  • スプレーボトル
  • キッチンペーパー
  • メラミンスポンジ
  • 容器
  • スプーン
  • ラップ
用意するものが多く感じるかもしれないが、容器・スプーン・ラップについては、とくに焦げが落ちない場合のみに使用する。基本的に重曹は水で溶かすため、粉末タイプが好ましい。100均でも販売されているので、事前に購入しておこう。

また汚れの度合いによって、キッチンペーパーは多く使用する場合もあるので、十分な量を準備しておくと安心だ。それ以外の道具も、ほぼ自宅にあるものや100均で揃うものばかりなので、思い立ったら即座に実践できるのも嬉しい。

では何故、重曹が掃除に適しているかというと、汚れの性質に秘密がある。トースターの汚れのほとんどは、食べ物のカスや油が付着したものである。そしてその食べ物のカスや油汚れの大半は酸性の性質を持つため、アルカリ性である重曹の中和作用が効果を発揮する。それらの理由から、トースターの掃除には重曹がおすすめという訳だ。

2. トースターを重曹で掃除する手順とは

掃除道具をすべて揃えたら、後は手順に沿ってキレイに掃除していくだけだ。早速、トースターの掃除手順を解説していこう。
  • スプレーボトルに、水500mlに対し重曹大1~2杯入れ、重曹スプレーを作る。
  • トースター内の網や受け皿を取り外し、40度ほどのぬるま湯に重曹大2~3杯を溶かして30分ほど浸け置きする。
  • トースター内に重曹スプレーを吹きかけ、キッチンペーパーを密着させる。
  • 30分ほどパックしたら、受け皿と網はすすぎ、トースター内はキッチンペーパーや布で汚れを拭き取る。
  • 汚れが残っている場合は、メラミンスポンジでこすり落とす。
  • 最後に受け皿と網を洗い、トースター内に水分が残らないよう乾拭きする。
重曹スプレーにキッチンペーパーでパックするのが基本的な手順となる。しかし、長年蓄積した頑固な汚れは、この手順では落とし切れない可能性もある。仮に、重曹スプレーで落ちなかった場合は、重曹ペーストを使用した手順を試みてほしい。
  • 容器に、重曹3に対し水1を入れ混ぜ合わせ、重曹ペーストを作る。
  • スプーンで焦げや汚れた部分に直接重曹ペーストを乗せる。
  • 重曹ペーストの上からラップでパックし、4時間ほどおく。
  • 焦げや汚れが柔らかくなってきたら、布で拭き取り、最後に乾拭きする。
重曹スプレーで落ちない頑固な焦げや汚れには、重曹ペーストで対処しよう。重曹が持つアルカリ成分が直接効き、頑固な焦げをも浮かせてくれるのだ。最後に、重曹成分が残らないよう、しっかりと乾拭きすることを忘れずに。

3. トースターを重曹で掃除する際の注意点

トースターの掃除に役立つ重曹だが、注意点もあるので覚えておいてほしい。重曹を使用する際の注意点として、最も気を付けたいのがアルミ素材には適さないということだ。アルミは重曹に触れると変色する可能性がある。そのため、アルミ製のトースターに重曹は使用できないのである。

アルミ製のトースターの場合は、キッチン用などの中性洗剤で対処しよう。事前にトースターの素材や洗剤が適切かを確認し、注意点を気にかけてほしい。

結論

トースターの落ちにくい汚れには、重曹が活躍する。食品油や汁だけではなく、頑固な汚れにも重曹パワーが効果を発揮するのだ。ただし、アルミ製のトースターには使用できないので、掃除前に必ず確認しておこう。トースターの目立つ汚れには、重曹を使った掃除法をぜひ試してほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >