このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
フライパンの洗い方や選び方!簡単に洗浄ができる材質は?

フライパンの洗い方や選び方!簡単に洗浄ができる材質は?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月12日

フライパンはステーキやハンバーグなどが手軽に焼けるので、使用頻度が高い調理器具だ。使用頻度が高いということは洗浄する機会も多くなるため、できるだけ簡単に汚れを落としたい。また、フライパンを購入する際にある程度の目安があると選びやすいのではないだろうか。本記事では材質別にフライパンの洗い方や選び方を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ステンレス製のフライパンの洗い方や選び方

ステンレス製のフライパンは、料理で使った後熱いうちに洗剤を使わず洗うのが基本だ。焦げ付きがある場合は水やお湯をフライパンに入れて、少しの時間放置してから取り除く。頑固な焦げ付きがある場合は、フライパンに水を入れて重曹を加えてから火にかけて沸騰させた後、冷えたらスポンジなどでこすって焦げ付きを取り除く。これらの方法を使えばたいていの焦げ付きは取り除くことができるだろう。

次にステンレス製のフライパンを購入する際の選び方を紹介しよう。ステンレスは熱伝導率が低いという欠点がある。この欠点を補うために熱伝導率が高いアルミをステンレスで包んだ多層構造のステンレス製フライパンが販売されているので、選ぶ際のポイントにしてみてはいかがだろうか。

2. テフロン製のフライパンの洗い方や選び方

テフロン製のフライパンを料理で使った後、いきなり洗浄するのではなく汚れが固まる前にキッチンペーパーや新聞で拭き取るのが基本である。次に食器用洗剤を含ませたスポンジで、フライパンを優しくこすって汚れを取り除き洗い流す。フライパンを水ですすいだら、しっかり水分を拭き取って乾燥させたら完了だ。

テフロン製のフライパンは人気なのでお店ではさまざまなものが販売されており、購入する際に迷うことがあるので選び方を紹介する。テフロン製のフライパンは26cm前後の汎用性が高いサイズが使いやすく、IHに対応しているものが便利なので選ぶポイントになるだろう。

3. 鉄製のフライパンの洗い方や選び方

鉄製のフライパンを料理で使った後、まずキッチンペーパーなどで汚れを拭き取るのが基本だ。鉄製のフライパンには食器用洗剤は使わず、水かお湯かけてスポンジでこすって汚れを取り除いてから洗い流そう。最後に火にかけて加熱し、水分を蒸発させれば完了だ。

鉄製のフライパンは根強い人気があるので、購入する際の選び方を紹介する。鉄製のフライパンはサイズが24~26cm、重さが1Kg前後だと使いやすいので目安にして選んで欲しい。

4. フッ素樹脂製のフライパンの洗い方や選び方

フッ素樹脂製フライパンを料理で使った後は、食器用洗剤を含ませたスポンジで汚れを優しくこすって取り除き、洗い流そう。

フッ素樹脂製のフライパンはさまざまな種類のものが販売されているので、選び方を紹介する。フッ素樹脂製のフライパンは26cm前後の汎用性が高いサイズが使いやすく、IHに対応しているものが便利なので選ぶポイントにして欲しい。

結論

本記事ではさまざまな種類のフライパンの洗い方や選び方を紹介した。フライパンは使われている材質によって洗い方が少しずつ異なるが、とくにステンレスや鉄製のフライパンは基本的には洗剤を使わないので注意が必要だ。一方、テフロンやフッ素樹脂製のフライパンは、IHに対応しているかどうかを確認してから選んで欲しい。フライパンのサイズも重要で、大きすぎずに適度なサイズが普段使いには適している。フライパンはしっかり洗浄することで長く使えるので、ぜひ紹介した内容を参考にして欲しい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ