このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
一人暮らしのゴミ箱問題を解消!オシャレ&超便利なおすすめアイテム

一人暮らしのゴミ箱問題を解消!オシャレ&超便利なおすすめアイテム

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2020年3月 6日

一人暮らしにとって、ゴミ箱の数や大きさ、置き場所などは悩ましい問題である。この問題を解消すべく、さまざまなヒントやゴミ箱の選び方、おすすめ商品を紹介するとともに、ゴミ箱が置けないときの対処法などもお伝えする。一人暮らしを控えた方は必見だ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 一人暮らしで迷う「ゴミ箱の数」や「置き場所」のヒント

ゴミ箱は家の中でも存在感が薄いアイテムのひとつだが、なければ不便そのものだ。とはいえ、いざ設置するとなるとどんなゴミ箱をどこに置けばいいか迷ってしまう。一人暮らしでスペースが限られている場合はとくに、重要な問題である。

みんなどうしている?「数」や「置き場所」

  • キッチン
  • 居室
  • トイレ
  • 洗面所
一人暮らしでゴミ箱を設置するならこの辺りだろう。確かに一人暮らしは、家族で暮らすのと比べてゴミの量は少ない。だが、さすがに1つではいちいち捨てに行くのが面倒になり、部屋の中に溜まってしまう可能性がある。

とはいえ、一人暮らしでそこまでスペースに余裕がないことも多い。そこで、ゴミ箱は最低限2つ用意し「キッチン」「居室」の2箇所に設置するといいだろう。そのうえで、余裕があればトイレや洗面所などにも置いておこう。

なお、キッチンに置くゴミ箱は燃えるゴミ、燃えないゴミ、缶・ペットボトルなど分別できるものがおすすめだ。

2. 一人暮らしを始めるなら覚えておきたいゴミ箱の選び方

ひと口にゴミ箱と言っても種類は無数にある。「一人暮らしだから小さめで」と思って買ったものの、使ってみると小さすぎて頻繁にゴミ出しをしなければならなかった、という状況は避けたい。逆に大きすぎると、ゴミ出しの回数が減り生ゴミを腐らせてしまうというリスクもある。一人暮らしはサポートしてくれる方がいない分、ゴミ箱の選び方が大切になる。

容量の目安

ゴミの排出量には個人差があるためあくまで参考程度だが、一人暮らしで火・金など燃えるゴミが週2日なら、20L程度のゴミ箱を目安にしよう。専用ゴミ置き場がある集合住宅なら10L程度でも間に合うはずだ。

ふたの有無

夏場に仕事から帰ったらゴミの腐敗臭が漂っていた、という事態は回避したい。とくに燃えるゴミを入れるゴミ箱は、ふた付きがいいだろう。ただし、捨てるたびにふたを開閉しなければならない手間がある。腐敗しないものを捨てるゴミ箱であればふたなしもいい。

分別しやすさ

一人暮らしに限ったことではないが、ゴミの分別ルールはきちんと守ることが大切だ。自治体ごとに異なるほか、専用のゴミ置き場がある集合住宅では独自のルールを設けているところも多い。事前にルールを確認し、それに応じて分別しやすいゴミ箱を選んでおこう。

素材

プラスチック、金属、木などゴミ箱の素材もさまざまだ。プラスチックは安くて軽い、お手入れも楽といったメリットがある。金属はステンレスならサビに強く、アルミやブリキなどはオシャレに見える。木は自然の温もりを感じさせてくれるが濡れに弱いなど、一長一短がある。一人暮らしの空間にマッチするかどうかも含め、素材は慎重に選びたい。

3. 一人暮らしあるある「ゴミ箱が置けない」ときの対処法

「ゴミ箱が置けない」というのは、一人暮らしでよくある問題のひとつ。キッチンが狭く、ゴミ箱を置くと動線が塞がれてしまう、より窮屈に見えてしまうということがある。そんな、一人暮らしあるあるを解消できるアイデアを紹介する。

タテ型のゴミ箱を選ぶ

細長で薄く、タテに2〜3段重なっているゴミ箱なら分別もできてスペースも圧迫しないだろう。冷蔵庫と壁のスペースにはまるゴミ箱もある。一人暮らしだが料理をよくする、という方にもぜひおすすめしたい。

スタンドやフックを使う

スーパーやコンビニで買い物をした際のレジ袋を引っ掛けて、ゴミ箱代わりにできるスタンドやフックが販売されている。これならゴミ箱を購入せずに済むし、使わないときは収納できるので一人暮らしの限られたスペースに最適だろう。

4. 一人暮らしをオシャレに楽しむ!おすすめゴミ箱4選

最後に、一人暮らしを始める方におすすめしたい、オシャレさと機能性を備えたゴミ箱を4選紹介する。

W CUBE「袋が見えないカバー付きダストボックス」

一人暮らしにピッタリな10Lサイズのゴミ箱。袋が見えないので景観を損ねることもないだろう。カラーバリエーションも豊富なので、部屋に合わせて選ぶ楽しさもある。

Galva「スクエアダストボックス」

容量12Lと、こちらも一人暮らしに最適なサイズのゴミ箱だ。ふた付きだがペダルで開閉できるので、しゃがむ必要はない。レトロ感漂うオシャレなデザインも嬉しい。

ライクイット「フタ付きゴミ箱 分別引出しステーションスリム3段」

スリムな3段ゴミ箱。色はホワイトとブラウンの2色だが、シンプルなのでいろいろな部屋にマッチするだろう。狭いキッチンでとくに重宝しそうなアイテムだ。

山崎実業「ゴミ袋&レジ袋スタンド タワー」

ゴミ袋やレジ袋を引っ掛けられるスタンド。レジ袋は複数引っ掛けられるので、これ一台で分別も可能になる。折りたたんだときの厚みはわずか3.5cmなので収納もしやすい。

結論

一人暮らしのゴミ箱の選び方やおすすめアイテム、ゴミ箱を置けないときのアイデアなどを紹介してきた。無数にあるゴミ箱の中から、ご自身に最適なゴミ箱を発見するきっかけとなり、快適で便利な一人暮らしを楽しんでいただければ幸いだ。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >