このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
布団の選び方とお手入れで睡眠の質が変わる!収納方法や捨て方も解説

布団の選び方とお手入れで睡眠の質が変わる!収納方法や捨て方も解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月17日

快適な睡眠のためには寝具にこだわる必要がある。布団にはたくさんの種類があるので特徴を理解し、最適な布団を選んでほしい。いい布団は長期間使用できるので、多少高い商品でも気に入ったものを選ぶことで、健やかな睡眠を得ることができる。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 布団の正しい選び方

布団には素材の違いとサイズの違いがあるため、好みにあった布団を使用してほしい。

素材の違い

布団の素材には、コットン、ポリエステル、ウール、羽毛などがある。

コットン

コットンの布団は昔からあるタイプで、木綿布団とも呼ばれている。
保温性や吸湿性がよく、季節差が大きい日本にぴったりの布団である。
寝汗をしっかり吸収してくれるが、湿気を排出する能力が低いため、乾燥の手間がかかる。
他の素材に比べて重量があるため、掛布団ではなく敷布団としての需要が一般的だ。

ポリエステル

ポリエステルの布団は価格が安く軽いのがメリットだ。
一方で吸湿性や保温性が低い、静電気が発生しやすいためホコリやゴミが付着してダニが発生しやすい、といったデメリットがある。
そのため、ポリエステルが半分以上使用されている布団は快眠のためには不向きだろう。

ウール

ウールの布団はコットンと同じく保温性と吸湿性に優れており、尚且つ放湿性もいい。
ウールは表面がクリンプ構造になっており、弾力性があり耐圧が分散され快適な睡眠にぴったりの種類である。
クリンプとは繊維の縮れのことで、繊維と繊維の間に空間をつくりだすため弾力性が生まれる。
肌触りもよく年中使用できる。

羽毛

羽毛はふとん掛け布団として使用される。
軽く体にフィットするのが特徴であるが、商品によっては羽がガサガサとうるさい、厚手で生地がゴワゴワするなどのデメリットもある。

サイズの違い

布団のサイズにはベビー、ジュニア、シングル、セミダブル、ダブル、クイーン、キングといった様々な種類がある。
一人で寝るのであればシングルサイズやセミダブルサイズがおすすめで、複数人で同じ布団で寝るのであればそれ以上のサイズを選んでほしい。
サイズが大きくなるにつれ、横幅が20cmずつ大きくなるので、ぴったりのサイズを選ぼう。
子供用にはベビーやジュニアのサイズを選んであげてほしい。

2. 布団が干せない時は乾燥機が便利

布団はしっかりとしたケアを行わないと、汗や汚れ、湿気によりダニが発生する。
長期間使用するため完璧なお手入れを目指してほしい。

ダニは25℃以上の温度と60%以上の湿度の時に多く繁殖し、50℃以上の温度で死滅する。
ダニが発生してしまった布団から、ダニを退治するには、ダニが生息できなくなくなるまで布団の温度を高温にする必要がある。
布団の湿気を防止することにも繋がるため、ダニを予防することにも繫がる。
天日干しなども効果的ではあるが、布団を干せるスペースの問題や、花粉や黄砂、PM2.5などの問題、冬場や梅雨の時期、天気など布団が干せない場合があることを考えると定期的に行えない。
そういった時に活躍するのが布団乾燥機である。

布団乾燥機は定期的に布団のケアを行えるだけでなく、冬場に布団を温めることで足先が寒くて眠れないなんてことがなくなる。
アタッチメントを変更することにより洋服や靴の乾燥にも使用できる。
布団乾燥機でダニ退治を行う場合、布団全面が温まるよう行ってほしい。
ダニの死骸によりアレルギーを発症してしまう場合もあるため、ダニ退治後は掃除機などで死骸の処理を行うことをおすすめする。

3. 布団をスッキリ保管できる賢い収納方法

コンパクトに収納する方法を解説、圧縮袋、収納袋、すのこ、クッション、タンス、ケース、縦置き

布団はかさばるため収納場所にも困る。
長期間使用しないオフシーズンの布団は、圧縮袋や収納袋などを活用しコンパクトに収納したり、クリーニングに出してそのまま預けたりするなどが可能である。
基本的に布団は押入れに収納するため、押入れの収納方法を紹介する。
まず、布団を湿気から守るためにも直置きはせず、すのこを活用し、下にスペースを作ってほしい。
布団の定位置を確保することで、仕舞う場所がなくなったなんてことがなくなる。
二つ折り、三つ折りにして重ねていくのが一般的だが、奥行きがない場合などは突っ張り棒を活用し、立てて収納するのもおすすめである。

4. 要らなくなった布団の捨て方

新しい布団を購入すると、古い布団は必要なくなる。
布団は粗大ゴミとして出すことで、捨てることができる。
また、布団の引き取り業者や、リサイクル、オークション、寄付など方法はたくさんある。

手間がかかったり、値段がかかったりすることもあるため、ご家庭にあった方法で捨ててほしい。

結論

布団は快適な睡眠のために欠かせない存在である。最適な布団を選び、こまめにお手入れを行い長期間使用できるよう心がけてほしい。布団乾燥機など便利な商品があるので、情報を収集しご家庭にあったお手入れ方法や収納方法を実践しよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ