このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ビーズクッションの洗濯は手洗いがおすすめ!手順とコツを解説!

ビーズクッションの洗濯は手洗いがおすすめ!手順とコツを解説!

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2020年3月 1日

ビーズクッションの汚れやニオイが気になってはいるが、洗えるかどうか分からないという方も多いだろう。水洗いOKの洗濯表示があれば、ビーズクッションは普通に洗濯できる。その際に気をつけたいポイントや、うまく洗濯する手順とコツなどを解説していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ビーズクッションの洗濯は「手洗い」がおすすめ

洗濯表示を見て「水洗いOK」だったビーズクッションは、ぜひ自宅で洗ってキレイにしよう。ただし、洗濯機ではなくできれば手洗いをおすすめしたい。

ビーズクッションは「手洗い」がおすすめの理由

洗濯機で洗えるビーズクッションは、ネットに入れてやさしく洗えるコースで洗濯できる。だが型崩れした、ビーズが傷ついた、カバーが破れたといったリスクを回避するため、ビーズクッションの洗濯は手洗いをおすすめしたい。軽いビーズクッションは洗濯機の中で浮いてしまい、うまく洗えないという理由もある。

リスクを踏まえたうえで、ビーズクッションを洗濯機で洗う場合でも、コインランドリーのようなパワフルな洗濯機や乾燥機を使うことは避けたほうがいいだろう。

なお、洗濯機および手洗いどちらもNGのビーズクッションは、残念だが水洗いができない。洗濯表示にクリーニングのマークがあれば、近所のクリーニング店に相談してみよう。

2. ビーズクッションを手洗いで洗濯する手順とコツ

ビーズクッションを手洗いで洗濯する手順、失敗しないためのコツなどを解説していく。「オシャレ着用洗剤」「バスタオル」「桶」を用意しよう。ビーズクッションの大きさによっては桶ではなく浴槽を使ってもいい。

ビーズクッションを手洗いで洗濯する手順

1.桶または浴槽に30〜40℃ほどのぬるま湯をはり、洗剤を適量溶かす
2.ビーズクッションを押し洗いする
3.ぬるま湯を入れ替えながら、泡立たなくなるまですすぐ
4.バスタオルで包み、押したり揉んだりしながら脱水する
5.乾燥させる

以上がビーズクッションを手洗いで洗濯する流れだ。まったく難しいことはないのでぜひチャレンジしてみてほしい。押し洗いとは、文字通り上から手で押し付けたり手を離したりする洗い方。なお、脱水のみ洗濯機を使う方法もある。ネットに入れて10秒程度のごく短時間で行おう。

ビーズクッションの洗濯で失敗を防ぐコツ

ビーズは水を吸収しないため、浮いてくることがある。丁寧に何度も押し洗いをして汚れを落としていこう。またすすぎは念入りに行ってほしい。洗剤が残っているとビーズクッションに蓄積してしまい、ニオイの原因になることがあるためだ。

3. 洗濯が済んだビーズクッションの乾燥方法

洗濯が済んだビーズクッションは、生乾きのニオイを発生させないためにもしっかり乾燥させよう。

ビーズクッションの乾燥方法

洗濯が済んだビーズクッションは、吊り干しではなく平らな場所に置いて乾かす。その際「風通しのいい場所で陰干し」と覚えておこう。直射日光を当てたほうが早く乾くかもしれないが、熱や紫外線よるダメージを防ぐためだ。

熱に弱い素材が多いため、コインランドリーの乾燥機やドライヤーなどを使って乾かすのも避けたほうがいいだろう。せっかくキレイに洗濯できても、乾かし方を誤ってビーズクッションがダメージを負ってしまっては後悔してしまうかもしれない。

ビーズクッションを乾燥させる際のコツ

同じ面だけを上にせず、途中で裏返したり横にしたりすると効率よく乾きやすい。また、ビーズクッションの大きさにもよるが、完全に乾くまで数日かかることもある。いい天気が続く期間、暖かい日が続く期間などを選んで洗濯しよう。

4. 洗濯が済んだビーズクッションをキレイに保つコツ

洗濯が済んだビーズクッションはできるだけキレイに保ちたい。最後にそのコツをお伝えする。

ビーズクッションをキレイに保つコツ

・カバーをかけて使用する
・ときどき陰干しをする
・除菌、消臭スプレーでケアをする

洗濯をしてキレイになったビーズクッションには、カバーをかけて汚れが付着するのを軽減させよう。万が一汚れても、すぐに外してカバーだけを洗濯すれば中まで染み込んでしまうのを防げる。

また、ビーズクッションのニオイや湿気などが気になるときは、風通しのいい場所で陰干しをするか、除菌・消臭成分が含まれるスプレーを使うのもおすすめだ。

部分的にうっかり汚してしまった場合は、濡らしたタオルに洗剤を含ませてたたき洗いをし、日陰で干すなどしてケアしよう。

結論

洗濯OKのビーズクッションは簡単に洗える。ただし、トラブルを防ぐためには手洗いをおすすめしたい。また、洗濯と同じくらい大切なのが完全に乾燥させること。向きを変えながらまんべんなく乾かそう。うまく洗濯できたビーズクッションは、ほのかに心地よい香りがするはずだ。リラックスタイムのお供にピッタリなので、ぜひ洗濯方法をマスターしよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ