このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
制服は洗濯して清潔に保とう!傷めない洗い方を徹底解説

制服は洗濯して清潔に保とう!傷めない洗い方を徹底解説

投稿者:ライター 吉田 梨紗(よしだ りさ)

2020年3月 7日

毎日学校に着用していく制服は汚れやすい。お子様のためには清潔さを保ちたいが、本当に洗えるのかといった疑問もある。この記事では、洗濯できる制服の見分け方から洗い方まで詳しく紹介しよう。手洗いと洗濯機での洗い方や正しい干し方、注意点など、気になるポイントをまとめて解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 制服を洗濯するまえの準備とは

制服をキレイに洗濯するには準備が必要だ。洗濯のまえにやっておきたいことについて、詳しくチェックしていく。

洗濯表示を確認

最近は洗えるものがほとんどだが、素材によっては水洗いができない制服もある。洗濯表示で、水洗いができるか確認しておこう。

水が入ったバケツのマークに何もついていなければ洗濯機で洗うことができ、手がついている場合は手洗いを行う。バツ印がついている場合は自宅で洗濯できないので、クリーニングに出そう。

ブレザーやスラックス、スカートなど、1枚ずつ洗濯表示の内容が異なることがある。別々に確認して、最適な洗濯方法で洗おう。

洗うまえの下準備

ポケットの中身を確認して取り出しておこう。隅に溜まった小さなホコリやゴミなども、キレイに取り除いておくと安心だ。ホツレていたり、ボタンが取れかけたりしている場合は、事前に修復しておこう。

洗濯機に入れるまえに衣類用のブラシを使ってブラッシングをする。ファスナーがついているなら、しっかりと閉めておこう。

また、制服の襟や袖口は汚れやすく、そのまま洗濯しただけだと落ちないことがある。汚れた部分に一般的な洗剤や部分汚れ専用の洗剤や塗布しておくと、キレイに落ちる。

2. 制服を手洗いで洗濯する方法

デリケートな素材の制服や、洗濯表示に手洗いマークの記載がある制服は手洗いをする。お湯をはって洗濯をすると汚れが落ちやすいので、バケツのマークの中に記載された数字で液温の上限をチェックしよう。

1.容器の中に洗剤とお湯を入れて混ぜる
2.適度な大きさにたたんで浸す
3.押し洗いを50回ほど繰り返す
4.お湯を変えながら洗剤がなくなるまですすぐ

バケツのマークの下に線が2本あれば、オシャレ着洗い用の中性洗剤を使って洗濯する。制服が型崩れしないように、優しく押し洗いするのがポイントだ。

3. 制服を洗濯機で洗う方法

制服を洗濯機で洗うためにはいくつかポイントがある。準備と洗い方に分けて詳しく解説しよう。

洗濯機で洗うまえの準備

バケツのマークの下に線が2本がある場合、ドライコース(手洗いコース)で洗濯し、オシャレ着洗い用の洗剤を使う。蛍光増白剤が入っている洗剤は濃い色の制服には使えないことが多い。

洗濯ネットにキレイにたたんでから入れる。ブレザーやスラックスなど、1枚ずつ入れるのがポイントだ。プリーツがついたスカートはキレイにヒダを整えておこう。

洗濯機で洗う方法

コースを設定してから制服を洗濯機に入れる。あとは洗剤を投入口に入れておき、通常の衣類と同じように洗濯しよう。

長く脱水をするとシワがつくので短時間で終わらせる。30秒~1分ほど脱水したら、すぐに取り出そう。

4. 洗濯したあとは制服を干そう

乾くまでに時間がかかると、雑菌が繁殖してにおいが発生してしまう。洗濯したあとの上着とスラックス、スカートを素早く乾かす方法を解説する。

上着の干し方

洗濯をしたあとはすぐに取り出し、風が通るように間隔を開けて干そう。制服の上着には厚手のハンガーを使うとよく乾く。ブレザーは前身頃のボタンを開けて風通りをよくしよう。

制服の色落ちを防ぐため、直射日光を避けて風通しのよい場所で陰干しをする。袖口にクルクルと巻いたタオルを入れ、重さを利用してシワを伸ばそう。

スボンやスカートの干し方

角ハンガーを使い、ウエストの部分を筒状に吊るしてから陰干しをする。制服についているボタンやファスナー、ホックはあらかじめ開いておこう。

プリーツスカートは形をキレイに整えてから干す。ズボンは裏返してから干すと、洗濯で濡れたポケットが乾きやすくなる。

5. 制服を洗濯するときの注意点とは

制服を洗濯する場合はいくつか注意ポイントがある。大事な制服を台無しにしないためにも、先にチェックしておこう。

乾燥機は使えない

乾燥機に入れると制服の生地が傷むので、自然乾燥させるのが基本だ。あらかじめ洗濯のみのコースに設定してから洗濯する。ただし、中にはご家庭用のタンブラー乾燥機に対応している制服もあるので、早く乾かしたいときは洗濯表示を確認してみよう。

まとめ洗いはできない

制服は他の衣類と一緒に洗濯ができない。色移りしたり、糸くずがついたりといったリスクがあるので、必ず制服だけで洗濯しよう。

日頃の手入れが重要

毎日のように着る制服は頻繁に洗濯するのは難しい。脱いだあとはハンガーにかけて湿気をとる、衣類用ブラシでホコリを取るなど、日頃の手入れが重要だ。雨で湿気てしまった場合は、陰干しで乾かしておくとカビやシミを防げる。

結論

制服を清潔に保つためには定期的な洗濯が必要だ。洗濯表示に従って、最適な方法で汚れを落とそう。長い期間着ることになる制服は、傷まないように丁寧に洗濯することが重要だ。洗濯ネットやオシャレ着洗い用の洗剤など、洗濯に必要なアイテムを揃えておこう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ