このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
シルクのアイロンの正しいかけ方は?失敗した時の対処法も紹介!

シルクのアイロンの正しいかけ方は?失敗した時の対処法も紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月 4日

シルクはしわができやすい素材だが、アイロンがけが可能なのか不安になる衣類もある。生地を傷めないためにも、洗濯表示を確認してアイロンが可能かどうかチェックしてほしい。正しいアイロン方法を知り、失敗を減らすことにつなげていこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. シルクにアイロンがけをしても大丈夫なの?

シルクはフォーマルな衣装によく使用される素材で、最高素材としても知られている。

特徴

シルクは光沢があり、通気性・吸湿性・保温性に優れた素材である。個人差はあるが、一般的に呼気や皮膚から失われる水分は1日900ml程度と言われている。この水分を、服がどう対処するかで快適さが変わってくる。

シルクは通気性・吸湿性・保温性すべてに優れているため、「冬は暖かく、夏は涼しい」といった特徴がある。ただ、一方で静電気を溜め込む性質もあるため、乾燥した時期には静電気対策が必要となる。

シルクの衣類

シルクはインナーやストッキング、スカーフ、ネクタイ、シャツ、着物など幅広いアイテムに活用されている。そのため洗濯の機会も自然に増え、しわが気になる衣類も出てくる。

そういった時にアイロンをかけていいのか確認が必要になる。
基本的にシルクはデリケートな素材ではあるが、アイロンが可能な場合が多い。
正しいアイロンのかけ方で、衣類を長持ちさせることができる。

2. シルクの正しいアイロンのかけ方

シルクにアイロンを当てる際のポイントは低温、当て布、ドライの3点だ。アイテムによりコツが異なる部分もあるので、注意しよう。

低温

シルクはデリケートでしわができやすい素材ではあるが、低温ならアイロン可能なアイテムが多い。もちろん、洗濯表示を事前に確認するのは忘れないでほしい。

当て布

アイロンの温度は低温でも130℃程度となる。そのため、デリケートなシルクをアイロンがけする際は、木綿などの当て布をするのが基本だ。当て布があるかないかで、シルクへの負担が大幅に変わってくるので覚えておこう。

ドライ

しわを伸ばすアイロンがけではスチーム機能が活躍するが、水が汚れているとシミの原因となる場合がある。しわが伸びやすい一方で素材に負担をかけることにもなるため、シルクのアイロンはドライをおすすめしたい。

アイテム別のコツ

シャツ

シルクのシャツをアイロンがけする場合、肩など立体的な部分が難しい。厚手のタオルを丸め、シャツの中に挟んだら、その上から当て布をしてアイロンをかけるのがコツである。

ネクタイ

シルクのネクタイは、ふっくらと厚みを出すアイロンのかけ方をおすすめしたい。ネクタイの裏側から折り目部分に菜箸を差し込み、当て布をしながらスチームを当てる。反対側も同様に行えば、ふっくらと仕上がるはずだ。

スカーフ

シルクのスカーフは、アイロンを使わなくてもキレイにしわが取れる。入浴後など、湿度が高いお風呂場に吊るしておこう。

3. シルクのアイロンがけに失敗した時の対処法

シルクの衣類のアイロンがけに失敗する事例として、テカリや焦げ、水シミなどがある。
それぞれの対処法を紹介する。

テカリ

シルクの素材が、アイロンがけによりテカッてしまう場合がある。当て布の上からスチームアイロンをかけて素材を柔らかくし、デリケート地用の洋服ブラシで表面をなでて、繊維を起こして対処しよう。

焦げ

シルクの素材は、高温でアイロンをかけると数分で焦げてしまう。オキシドールを焦げた部分に塗布し、乾く前に再度塗る作業を繰り返してみよう。だんだんと焦げが薄くなっていくはずだ。焦げが消えたら、最後にアイロンをかけて仕上げれば完了だ。

水シミ

シルクの素材に水シミができた場合は、細かい霧吹きでシミの部分をいったん濡らしてから乾かせば取れる。ただ、頑固な水シミは霧吹きだけでは消えない場合もある。そういったケースでは、オシャレ着用中性洗剤を薄めたものをシミの周りにつけてこすり、その後タオルで洗剤を拭き取り乾かす方法もある。

4. アイロンを使わないシルクのしわ伸ばし方法

シルクの素材はアイロンかけることが可能とわかっても、扱いが難しく不安な方もいるだろう。アイロンがけが不安な場合は、アイロンを使用しないしわの取り方を試してほしい。

お風呂場に干す

シルクのしわ取りで簡単な方法は、お風呂場に干す方法である。とくに入浴後で、蒸気が充満しているお風呂場に干しているだけで、水分を含んでしわが伸びる。そのまま自然乾燥させれば、キレイにしわが取れているというわけだ。

霧吹きして干す

軽度のしわであれば、軽く霧吹きでシルクに水分を含ませてから、陰干しをするといいだろう。アイロンを使用しなくても、風通しのいい場所で1日干すだけでしわが取れる。

結論

シルク素材の衣類は多くあるため、アイロンがけの機会も多くなる。アイテムによってアイロン方法を変更するだけで、素材が傷むことを防ぎ、失敗も減る。正しいアイロン方法を心がけてお気に入りの衣類を長持ちさせてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >