このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
キャップの収納で困ったら?オシャレに収納する方法をチェック

キャップの収納で困ったら?オシャレに収納する方法をチェック

投稿者:ライター 吉田 梨紗(よしだ りさ)

2020年3月 7日

洋服や気分に合わせて、キャップをコーディネートしている方は多いだろう。しかし、キャップは型くずれのリスクがあり、数が増えると収納は難しくなる。この記事では、帽子スタンドやポールハンガー、S字フックを使った収納方法を解説しよう。収納するときのコツと併せて紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 帽子スタンドでキャップを収納する

キャップをオシャレに収納したいなら、帽子スタンドがおすすめだ。特徴やおすすめの使い方について、詳しく解説する。

帽子スタンドとは?

帽子スタンドは、キャップをかぶせて使う専用の収納アイテムだ。頭と同じように丸い形をしており、立体的な形を保ったまま収納できる。

木やワイヤーなど、材質はさまざまで、型くずれの心配がない。中の風通しも良くなるため、使ったあとも汗による湿気が乾きやすいのが魅力だ。

帽子スタンドの活用術

オシャレな帽子スタンドが多いので、インテリアとして活用しよう。お気に入りのキャップをかぶせるだけで見せる収納になる。玄関に置いておけば、出かけるときにサッとかぶれるだろう。

ただし、かけられる数は限られているので、キャップの数が多いと帽子スタンドをたくさん用意しなければならない。飾りたいキャップやよく使うものだけを選び、他は違った方法で収納してもよいだろう。

2. ポールハンガーでキャップを収納する

たくさんあるキャップをまとめて収納したいなら、ポールハンガーを活用しよう。使いこなせば、かさばりやすいキャップをスッキリと収納できる。

ポールハンガーとは?

ポールハンガーとは、キャップやバッグ、衣類をまとめてかけられるハンガー収納だ。天井から床まで伸ばして設置する突っ張り棒型、置くだけで使える置型がある。

突っ張り棒型は少ないスペースで多く収納でき、置型はサイズやデザインが豊富だ。フックの数や位置を変えられるタイプなら、自分の使いやすいように調整できる。

ポールハンガーの活用術

ポールハンガーをキャップ専用にすれば、コレクションを飾って楽しめるインテリアになる。購入前にフックの数をチェックし、収納が足りるか確認しておくと安心だ。

服や小物とまとめてかける場合、キャップは上のフックにかけると使いやすくなる。整理しやすくなるので、キャップの定位置を決めておこう。

3. S字フックはキャップ収納で大活躍

帽子スタンドやポールハンガーなどの専用アイテムを使用しなくても、工夫次第でキャップはオシャレに収納できる。あまりお金をかけずに実践できるので、ぜひ試してほしい。

S字フックが便利

S字フックを設置して、かけるキャップ収納をつくれる。調節用ベルト部分に引っかけることで、形を保ったまま吊るすことが可能だ。

クローゼットのポールなど、好きな部分にS字フックをかけよう。キャップの数だけS字フックを用意すればよいので、たくさん収納したい場合にもおすすめだ。

突っ張り棒やハンガーと組み合わせる

S字フックをかける場所がないなら、突っ張り棒を使おう。棚やクローゼットに設置でき、デッドスペースの有効活用ができる。

よりコンパクトに収納したいなら、ハンガーとS字フックを組み合わせよう。使う頻度やカラーでキャップを分類して、ハンガーごとに分ければ整理しやすい。

また、ワイヤーネットや有孔ボードを壁に設置してS字フックをつけると、見せるキャップ収納になる。使いやすい場所に設置でき、そのまま移動させることも可能だ。

4. キャップを収納するときの注意点

キャップの収納方法を間違えると、カビが生えたり変色したりといったリスクがある。3つの注意点を解説するので、ぜひ参考にしてほしい。

湿気に注意

頭にかぶるキャップには、頭皮や顔にかいた汗がついてしまう。湿ったまま収納してしまうと、においやカビの原因にになるのだ。

閉じた空間だと湿気がこもるので、風通しのよい場所を選んで収納しよう。クローゼットや棚の中に収納する場合は、少し乾燥させてからにする。長期間使わずに収納するなら、除湿剤を活用しても良いだろう。

直射日光を避ける

キャップの収納場所には、日が当たらない場所を選ぼう。長時間直射日光が当たると変色する恐れがある。

家の中でも窓の近くだと日が当たるので注意しよう。汗をかいたあとや洗濯したあとに乾燥させる場合でも、陰干しが基本だ。

清潔に保つ

汚れたままのキャップを収納すると、雑菌が繁殖してしまう。汗がつきやすいキャップの内側にあるテープ部分は、固く絞った布で水拭きすることで清潔に保てる。

汚れが酷い場合は、収納する前に洗濯してもよいだろう。洗濯表示で洗えることを確認し、型くずれや傷みに注意しながら手洗いしてほしい。

結論

型くずれしやすいキャップは、収納にも工夫が必要だ。帽子スタンドやポールハンガーを使ったり、S字フックを活用したりするだけで、形を保ったまま収納できる。コレクションしたキャップを、インテリアとして活用してもよいだろう。持っている数や好みに合わせて、自分なりの収納術を見つけてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ