このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
セーターはクリーニングに出す?洗濯可能か見分ける方法を紹介

セーターはクリーニングに出す?洗濯可能か見分ける方法を紹介

投稿者:ライター 吉田 梨紗(よしだ りさ)

2020年3月 8日

セーターはデリケートな素材が使われていることが多く、自宅で洗濯をすると傷めるリスクがある。洗えないセーターはクリーニングにだすのが、長持ちさせるポイントだ。この記事では、料金相場や頻度、注意点といった基本的な知識を解説する。クリーニングが必要なセーターの見分け方や、自宅で洗濯する方法と併せて紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. クリーニングが必要なセーターの見分け方

自宅でセーターを洗濯すれば、クリーニング代の節約にもつながる。自宅で洗濯できるセーターと、できないセーターの見分け方をチェックしよう。

クリーニングに出すべきセーターとは

カシミヤやウールなど、100%の天然繊維で作られたセーターはデリケートだ。上質な質感や触り心地が楽しめるが、水に弱く型くずれしやすいといったデメリットがある。

自宅で洗濯するのは難しく、無理に洗うと質感や形が損なわれてしまう。天然繊維のセーターは、水を使わないドライクリーニングができる業者に頼もう。

洗濯表示を確認する

洗濯表示を確認すれば、自宅で洗濯ができるかが一目でわかる。水が入ったバケツのマークに、バツ印がついていれば水洗いが不可能なので、クリーニングにだそう。水洗いできても、高価なセーターや大切に着たいセーターはクリーニングを頼んだほうが安心だ。

また、洗濯する場合は、洗い方や干し方を洗濯表示でチェックしておこう。バケツのマークに手が入っていれば手洗い、下に棒線が2本あればオシャレ着洗剤を使ってドライコースというように、詳しい方法が記載されている。

2. セーター1枚にかかるクリーニング料金の相場とは

セーターをクリーニングにだすときの料金相場について解説する。お得にクリーニングする方法も併せて、チェックしていこう。

セーターの料金相場

セーターをクリーニングにだすときの相場は1枚で400~600円ほどだ。地域や業者によって差があるので、公式サイトなどで先にチェックしておこう。

特別な仕上げを行うコースや、1点ずつ洗う高級志向のクリーニング店だと、料金が1,000円を超えることもある。より上質な仕上がりになるので、大事なセーターをクリーニングするときは、利用を検討しても良いだろう。

お得にクリーニングをする方法

クリーニング業者によっては、期間限定のセールや割引を行っている。まとめてだしたり、クーポンを利用したりすれば、お得にクリーニングができるだろう。安いときにまとめてクリーニングにだせば節約につながる。

3. セーターをクリーニングにだす頻度は?

着るたびにセーターをクリーニングしているとお金がかかるし、繊維も傷んでしまう。直接肌に触れないセーターは汚れにくいので、頻繁にクリーニングにだす必要はない。

基本的にはシーズン中に1回、よく着るセーターでもシーズン中に2回くらいで十分だ。においや汚れが気になるときだけ、シーズン中にクリーニングをしよう。

シーズンの終わりにクリーニングにだせば、清潔な状態で収納できる。ただし、シミがついたまま放置すると取れにくくなるので、なるべく早くクリーニングに持っていこう。

4. セーターをクリーニングにだすときの注意点

業者による見落としがあると、シミが落ちなかったり、ホツレや破れが広がったりといったリスクがある。セーターをクリーニングにだす前に、1枚ずつ細かい部分までチェックして伝えておくことが重要だ。

クリーニングでは、セーターのしみ抜きや補修ができるので、依頼しても良いだろう。毛玉取りサービスを利用すれば、よりキレイに仕上がる。

ただし、シミや補修、毛玉取りは別料金の業者が多い。公式サイトや店頭で確認しておくと安心だ。

セーターのクリーニングが終わったあとは、ビニール袋から取りだして隅々まで確認しよう。ビニールは通気性が悪く湿気がたまるので、収納するときは取っておくのが基本だ。

5. セーターをクリーニングではなく自宅で洗濯する方法

クリーニングにだす必要がないセーターは自宅で洗濯しよう。型崩れや縮みを防止する洗濯方法について、詳しく解説する。

正しい洗濯方法

セーターの洗濯表示で洗濯方法や干し方を確認する。ドライコースに設定したあと、中性洗剤を入れて洗濯機でまわそう。汚れがつきやすい襟や袖口、裾が表になるように畳んで、洗濯ネットに入れるのがポイントだ。

セーターに乾燥機は使えないため、クリーニングと違って干して乾かす必要がある。伸びやすいので、ハンガーにかけず平干ししよう。専用のアイテムを活用するか、風通しの良い場所にバスタオルを敷いて乾かすのが正しい方法だ。

手洗いをする場合は?

オシャレ着洗い用の中性洗剤を容器に入れたら軽く混ぜる。汚れが酷い部分があれば、直接塗布しておこう。セーターを浸して全体的に優しく押し洗いしたら、水を取り替えてすすぐ。

繊維が傷むので擦るのは厳禁だ。何回か繰り返して洗剤がなくなったら、バスタオルで水気をとってから平干ししよう。それでも汚れが落ちない場合は、クリーニングにだすしかない。

結論

大事なセーターはクリーニングにだすことで、傷めることなくキレイにできる。洗濯表示を確認して、水洗いができないならクリーニングにだそう。頻度はシーズンに1~2回で十分だが、先にシミやホツレを確認しておくことが重要だ。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ