このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
メンズのパンツの上手なたたみ方!旅行や出張に役立つたたみ方も紹介

メンズのパンツの上手なたたみ方!旅行や出張に役立つたたみ方も紹介

投稿者:ライター 松本マユ(まつもとまゆ)

2020年3月15日

突然だが、みなさんは下着のパンツをどのようにたたんでいるだろうか?パンツをキレイに収納し、旅行や出張の際に持ち運びやすくするためには、たたみ方を見直すといいだろう。ここではボクサーパンツやトランクスの基本的なたたみ方をはじめ、コンパクトになるたたみ方や持ち歩きにおすすめのたたみ方を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. メンズのパンツのたたみ方

男性物のパンツにはいくつかの種類がある。ここでは多くの男性から人気のボクサーパンツとトランクスをピックアップし、誰でも簡単にできるたたみ方を紹介していく。

ボクサーパンツは2つ折りか3つ折りベースでたたもう

ボクサーパンツの簡単なたたみ方には、2つ折りと3つ折りの2パターンがある。まずは2つ折りをベースにしたたたみ方を紹介しよう。
  • パンツを縦に2つに折る。
  • もう一度、縦に2つに折る。
  • ウエストのゴム部分から下へ半分に折りたたみ、完成だ。
3つ折りをベースにしたたたみ方は以下の通りだ。
  • パンツの左側を3分の1ぐらい内側に折る。
  • 右側も同様に3分の1ぐらい内側に折る。
  • ウエストのゴム部分から下へ半分に折りたたみ、完成だ。

布面積の大きいトランクスはコンパクトにたたもう

トランクスをたたむ場合も、基本的にはボクサーパンツと同じたたみ方で問題ない。
ただし、トランクスはボクサーパンツに比べて布の面積が大きい分、よりコンパクトにたたんだほうがいいだろう。2つ折りではあまりコンパクトにならないため、3つ折りをベースにしたたたみ方について解説する。
  • パンツの左側を3分の1ぐらい内側に折る。
  • 右側も同様に3分の1ぐらい内側に折る。
  • ウエストのゴム部分から3分の1ぐらい内側に折りたたむ。
  • さらにもう3分の1ぐらい折りたたみ、完成だ。

2. コンパクトになるパンツのたたみ方

上で紹介した方法よりも、パンツをさらにコンパクトにするたたみ方がある。タンスや衣装ケース内のスペースが狭い場合は、このたたみ方が役に立つだろう。
ボクサーパンツとトランクスの両方に有効な方法なので、ぜひ試してみてほしい。
  • パンツの左側を3分の1ぐらい内側に折る。
  • 右側も同様に3分の1ぐらい内側に折る。
  • ウエストのゴム部分から3分の1ぐらい内側に折りたたむ。
  • 下側からも同様に3分の1ぐらい内側に折り、ウエストのゴム部分に差し込む。
  • 形を整えたら完成だ。

このたたみ方のメリットとデメリット

紹介したたたみ方では、ウエストのゴムの部分にパンツの裾を差し込むため、たたんだ形が崩れにくいのがメリットだ。タンスの中でぐちゃぐちゃにならず、非常にコンパクトにしまえるため場所も取りにくい。
しかしこのたたみ方では、ウエストのゴムが伸びてしまう場合もある。パンツの裾を入れ込むときには、ゴムの部分を引っ張りすぎないようにしよう。

3. パンツをくるくる丸めるたたみ方

旅行や出張など泊まりがけの外出時は、荷物をできるだけコンパクトにしたいものだ。カバンの中で場所を取りにくいパンツのたたみ方として、くるくる丸める方法を紹介しよう。このたたみ方では厚みが出にくいため、ちょっとした隙間にパンツを収納できる。
  • パンツを縦に2つに折る。
  • 今度は横に2つに折る。
  • ウエスト部分が端にくるようにくるくると丸め、完成だ。

4. たたんだパンツの上手な収納方法

パンツをキレイにたたんだら、形が崩れないよう上手に収納しよう。
おすすめなのは、タンスや衣装ケースの引き出しに立てて収納することだ。見栄えがキレイなだけでなく、取り出したいパンツの場所がひと目でわかるため非常に便利だ。

さらに、仕切りのついた収納ボックスを使うのもいい方法といえる。パンツ1枚がちょうど収まるくらいの仕切りがついたボックスだと、1枚ずつ立てて収納できる。上で紹介したような、パンツのゴム部分に裾を差し込むたたみ方でしまうと、見た目も非常にスッキリとするはずだ。
これらの収納ボックスはホームセンターなどで手に入る。

結論

なんとなく収納してしまいがちなパンツだが、たたみ方を工夫することで見た目も整いやすく、かつコンパクトになる。旅行や出張などで荷物を小さくまとめたいときにも役立つので、紹介したたたみ方をぜひ取り入れてみてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >