このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
鉛筆汚れを落とすには?服や机についた場合の落とし方を紹介

鉛筆汚れを落とすには?服や机についた場合の落とし方を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月10日

鉛筆を使っていて、黒ずんだ鉛筆汚れに悩んだことはないだろうか。鉛筆汚れは飛散しやすいので、手や服の肘・袖部分、あるいは机についてしまう可能性も高いだろう。鉛筆汚れは黒く目立ちやすいので、キレイに落としたいところだが、どのような方法で落とせばよいのだろうか。そこで今回は、服や机についた鉛筆汚れの落とし方について紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 服についた鉛筆汚れを落とす方法

鉛筆の芯には黒鉛が使われている。そのため、水洗いや普通の洗濯だけでは落としにくく、油性の汚れを落とす方法が適しているのだ。服についてしまった鉛筆汚れは、どのようにして落とせばよいか方法を紹介しよう。

アルカリ性洗剤で洗う

服についた鉛筆汚れは、アルカリ性の洗剤をつけてもみ洗いをすることで落とすことができる。デリケートな素材でなければ、爪先でこするように洗うか、古い歯ブラシで軽くたたくと、より効果的だ。しかし、生地の傷みが気になる場合はやめておこう。

石鹸で洗う

固形石鹸を使っても、服についた鉛筆汚れを落とすことができる。方法はバケツにお湯(ぬるま湯でもよい)を入れて汚れの箇所をつけ、石鹸をつけてもみ洗いをするだけだ。汚れが落ちたら石鹸の成分はよく洗い流そう。

どれも簡単な方法なので、服についた鉛筆汚れに悩んでいる人は、すぐにでも試してみよう。

2. 机についた鉛筆汚れを落とす方法

服だけではなく、鉛筆汚れが机についてしまうケースも十分考えられる。消しゴムで消せないこともないが、広い範囲を消す作業は思ったより労力がかかるだろう。そこで、机についた鉛筆汚れをもっと簡単に落とせる方法を紹介しよう。

セスキを使って汚れを落とす

机についた鉛筆汚れを落とすには、セスキを活用すればキレイに落とすことが可能だ。セスキの粉末は水に溶かしておいてスプレーすると使いやすい。使い方も簡単で、汚れている箇所にセスキを吹きかけ、こするだけで簡単に汚れを落とすことができるのだ。セスキは100円ショップでも販売されているため手軽に入手でき、コストも抑えられる。机についた鉛筆汚れに悩んでいる人は、ぜひセスキを使ってみよう。

3. 鉛筆汚れは重曹で落ちる?

さまざまな掃除に活用されている重曹は、鉛筆汚れを落とすことも可能だ。やり方も簡単で、重曹を汚れた箇所につけて拭き取るだけで汚れをキレイにできる。重曹は100円ショップでも売られているため、先ほど紹介したセスキと同様、簡単に入手できるアイテムだ。また、重曹には汚れを落とすだけでなく消臭効果もあり、鉛筆の汚れ落とし以外にも対応しているアイテムなので、さまざまなシーンでおおいに活用できるだろう。

4. 鉛筆汚れの落とし方に悩んだらクリーニング店に依頼を

自分でできる鉛筆汚れの落とし方をいくつか紹介した。どれも簡単にできる落とし方だが、自分で汚れを落とすのは不安だと感じる場合は、クリーニングに出すことも検討しよう。汚れの落とし方を把握していても、その過程で素材を傷めてしまう可能性もある。クリーニング店では素材に合わせて適切に汚れを落とす作業を行ってくれるため、プロに任せれば安心である。

結論

手や服だけでなく、仕事用デスクや子どもの勉強机にも鉛筆汚れは付着しやすい。鉛筆汚れは黒く目立ってしまうので、すっきりと落としたいものだ。服についた鉛筆汚れは、洗剤や石鹸といった普段から使っているアイテムで簡単に落とせる。机の場合はセスキや重曹を活用しよう。自分で汚れを落とすことが不安な場合は、プロに相談することをおすすめする。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ