このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洗剤の収納ってどうしてる?生活感を隠すオシャレなアイデアとは

洗剤の収納ってどうしてる?生活感を隠すオシャレなアイデアとは

投稿者:ライター 吉田 梨紗(よしだ りさ)

2020年3月15日

洗剤は必需品だが、そのまま置くと生活感がでやすい。洗うものによって、複数の洗剤を使い分けている方は多いだろう。さまざまな場所で使用し、ストックも合わせると収納場所が足りなくなることもある。この記事では、洗剤をスッキリと収納する方法について、おすすめのアイデアを紹介しよう。収納方法別に詳しく解説するので、ぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 洗剤の種類や形状で適した収納が変わる

食器洗い用や洗濯用、掃除用など、洗剤にはいろいろな種類がある。洗剤のタイプや形状はそれぞれ異なり、適した収納方法も違ってくる。スッキリと収納するためには、どのような特徴があるのか知ることが大事だ。

ボトルタイプ

ボトルタイプの洗剤は商品によって形が違うため、並べると雑多な印象になりやすい。サイズが大きいタイプだと、収納するのにスペースが必要だ。洗濯洗剤や柔軟剤、漂白剤を置く必要がある洗濯機周りは、特に散らかりやすい。

粉末洗剤

洗濯などで使う粉末洗剤のパッケージは、派手なものが多い。そのまま置くと生活感がでやすいので、収納方法にも工夫が必要だ。四角い箱に入っている分、他の洗剤より持ち運びにくいため、使いやすさも重視したい。

スプレータイプ

掃除で活躍するスプレータイプの洗剤は、使う場所に収納するのが基本だ。スポンジやブラシなど、他の掃除道具と一緒に収納すると便利だが、スッキリまとめるのは難しい。

詰替パック

洗剤の詰替パックは不安定で倒れやすい。ストックしておくことが多く、散らかりやすいのが難点だ。収納には広いスペースが必要になり、しっかりと分類しておかないとどこに何があるのかわからなくなる。

2. 洗剤をキレイに隠す収納方法

生活感が出やすい洗剤は、隠して収納することでスッキリする。収納するときのコツと、おすすめのアイデアについて解説しよう。

棚や引き出しの中に収納

棚や引き出しに洗剤用のスペースを作ろう。ボックスやカゴで分類すればわかりやすくなり、洗剤や詰替パックは倒れにくくなる。そのまま引き出せるので、手が届きにくい奥の洗剤も取り出しやすい。

扉がない棚には、中が見えないボックスやカゴを並べよう。棚の高さに合ったアイテムを選べば、洗剤をキレイに隠すことが可能だ。同じアイテムで揃えることで、生活感を隠したシンプルな収納になる。

カフェカーテンや布で隠す

突っ張り棒が設置できる場所は、オシャレなカフェカーテンで目隠しをしよう。洗剤を取り出したいときにサッと開ければよいので、使いやすい。

収納場所がないなら、ボックスやカゴの上から布をかけるだけでもよい。ボックスやカゴ、布をインテリアに合わせて選べば統一感がでる。

3. 洗剤をあえて見せる収納とは

洗濯用や食器用の洗剤は毎日使うものなので、しまうと不便だ。見せる収納にすれば、使いやすくオシャレに整理できる。

容器を詰め替える

洗剤をオシャレな容器に詰め替えることで、生活感を隠すことが可能だ。同じ形やデザインのボトルで統一すれば、スッキリとした印象になる。もともとオシャレなボトルに入っていれば、パッケージを剥がすだけでもOKだ。

粉タイプの洗剤には、フタがついた容器や瓶を活用しよう。透明なボトルや瓶なら、残量がわかりやすい。ラベルを貼り付ければ、同じ形の容器に入れて収納しても中身が判別できる。

使いやすさも重要

詰め替える容器は使いやすさも重要だ。大きすぎれば邪魔になり、小さすぎれば詰め替えの頻度が多くなる。収納する場所や洗剤の容量を考えて、丁度よいサイズを選ぼう。

また、洗濯用の液体洗剤なら、計量キャップがついたタイプがよいだろう。サイズが大きい洗剤だと、取っ手のついたボトルが使いやすい。食器洗剤用には、押すだけで中身が出てくるポンプボトルがおすすめだ。

4. ひっかける洗剤収納でデッドスペースを活用

デッドスペースを有効に活用したいなら、引っかける収納がおすすめだ。2つのアイデアについて、詳しく解説していく。

スプレーボトル収納

スプレータイプの洗剤には、引っ掛ける収納方法がおすすめだ。よく使う洗剤をバーにかけておけば、サッと使うことができる。

引っ掛ける場所がないなら、突っ張り棒を設置しよう。棚の上部や隙間に設置することで、デッドスペースを上手に活用できる。

フック付きのカゴ

収納スペースが足りないなら、フックつきのカゴを吊るそう。タオルハンガーや突っ張り棒など、バーがあればどこにでも設置できる。

取り出しやすい位置に突っ張り棒を設置して引っかければ、サッと取り出せるので使い勝手がよい。スッポリ入るサイズのボトルに詰め替えてから並べると、キレイに収納できる。

ただし、突っ張り棒を使う場合、重い洗剤を置きすぎると外れてしまう。先に耐荷重を確認しておくと安心だ。

結論

洗剤の収納アイデアを知ることで、生活感がでやすい洗剤をキレイに収納できる。キッチンや洗面所、洗濯機周りを、スッキリと片付けることが可能だ。ボックスを活用したり、容器を入れ替えたりすれば、オシャレで使い勝手がよい洗剤収納が完成するだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ