このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
収納ラベルは家中で役立つ!おすすめの活用アイデアを紹介

収納ラベルは家中で役立つ!おすすめの活用アイデアを紹介

投稿者:ライター 吉田梨紗(よしだりさ)

2020年3月11日

収納したものがどこにあるかわからなくなる、そんな経験はないだろうか?家の中を整理したいなら、収納ラベルがおすすめだ。この記事では、収納ラベルのメリットや種類について解説する。キッチンやバス、リビングなど、実際の活用事例と併せて紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 収納ラベルを使用するメリットとは

収納ラベルのメリットは主に2つだ。どのような特長があるのか、詳しく説明していこう。

整理に便利

ゴチャゴチャした小物を、引き出しや収納ボックスに入れて整理している方は多いだろう。しかし、収納するものが多いと、どこに何があるのかわからなくなることがある。

収納ラベルをすれば、ものをわかりやすく整理することが可能だ。どこに何を入れればいいのか一目で確認できるため、片付けもはかどるだろう。自分だけではなく、家族にとってもわかりやすい収納になる。

オシャレになる

ラベルの種類やデザインは豊富だ。シンプルな容器や瓶をオシャレに飾って、収納ラベルを楽しめる。

別々の容器や瓶でも同じラベルを貼るだけで統一感が出る。手書きだったり、カフェ風だったり、好きなデザインを選んでこだわりを表現することが可能だ。

2. 収納ラベルの種類をチェック

シールタイプの収納ラベルは市販品を購入できるが、それ以外にもいろいろな種類がある。それぞれ違った特徴があるので、上手に使い分けてほしい。

ラベルライター

文字を入力することで、お手製の収納ラベルが作成できる機械だ。好きな文字を打ち込めば、印字されてすぐに出てくる。大量の収納ラベルが必要な方におすすめだ

機種によって使えるテープの幅は違うので、貼りたいものに合ったサイズを選ぼう。スマホやパソコンと接続できるタイプはデザインが豊富なので、用途にあった収納ラベルを作ることが可能だ。

マスキングテープ

市販のマスキングテープを、収納ラベルに活用する。文字を書いて好きな長さにカットでき、カラーや柄も豊富だ。

シールタイプと違ってすぐに剥がせて、跡も残らない。中身を頻繁に変えたり、一時的に収納したりといった用途に便利だ。

シール用紙に印刷する

シール用紙を使ってオリジナルの収納ラベルが作成できる。自宅のプリンターで印刷すれば、あとはカットするだけだ。

サイズやフォントも自分で調整でき、使用するシール用紙も自由に選べる。無料で使えるオシャレなテンプレートも多いため、欲しいラベルが見つかるだろう。

3. キッチンの収納ラベルアイデア

キッチンを収納ラベルで整理すればキレイに片付く。食材や調味料の整理に役立つアイデアについて、紹介していこう。

調味料の容器に貼る

調味料を自分好みの容器に入れ替えれば、オシャレな見せる収納になる。収納ラベルを活用して、中身をわかりやすく整理しよう。

スパイスやコーヒー、パスタを密閉容器に入れてラベルを貼り、カフェ風に収納してもよいだろう。剥がせるシールやマスキングテープに賞味期限を記載すれば、食材を無駄にすることを防止できる。

食材や作り置きを分類

食材を冷凍したり、作り置きをしたり、タッパーやジップロックを活用している方は多いだろう。同じ容器を使用していると中身がわかりづらい。

収納ラベルが見えるように整理すれば、どこに何があるのか一目でわかる。マスキングテープなら気軽に剥がせるので、頻繁に洗うタッパーの収納ラベルにおすすめだ。

4. バス・ランドリーの収納ラベルアイデア

洗面所やお風呂は収納するものが多く、散らかりやすい。スッキリと整理できる収納ラベルの活用法について詳しく解説する。

詰め替えて収納

市販のシャンプーや洗剤は、そのまま使うと生活感が出てしまう。シンプルなボトルに詰め替え、収納ラベルを貼ることでオシャレになる。水に強いタイプの収納ラベルを使うのがポイントだ。

見た目が同じ容器でも、中身に何が入っているのかがすぐにわかる。髪ゴムや綿棒などの小物や粉洗剤を瓶や容器に入れて、収納ラベルを貼ってもよいだろう。

洗剤や詰め替えパックを整理

ストックしている詰め替えパックや掃除用品は、散らかりやすく整理がしづらい。容器や収納ボックスに入れて、分類するとよいだろう。

収納ボックスに立てれば容器や詰め替えパックが倒れるのを防止でき、出し入れや整理も簡単になる。収納ラベルには「掃除用品」「シャンプーの詰め替え」などと記載しよう。

5. リビングの収納ラベルアイデア

家族が生活するリビングは、ものが多くなりやすい。収納ラベルを使って、使いやすく整理しよう。

ファイルボックスを使う

請求書やメモ、学校のプリントなど、紙類の整理は大変だ。大事な書類をなくさないように、収納ラベルを貼ったファイルボックスを活用しよう。

本のように並べればスッキリとまとまり、取り出しやすい。中にインデックス付きのファイルを入れて、さらに細かく分類してもよいだろう。

棚に収納ボックスを並べる

棚にものをそのままを置くと、ゴチャゴチャと雑多な印象になる。色やサイズを統一した収納ボックスを並べて、隠す収納にしよう。

収納ラベルを貼れば、ものの定位置が決まるので整理がしやすい。散らかりやすく、なくなりやすい小物の収納にも便利。イラスト付きの収納ラベルは、子供用品やおもちゃにおすすめだ。

結論

ものをわかりやすく整理できる収納ラベルは、家中で活用できる。片付けが楽になる、大事なものをなくしにくいといった利点が実感できるだろう。デザインにこだわれば、オシャレな見せる収納にもなる。収納ラベルを生活に取り入れて、スッキリと整った生活をおくってほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >