このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
調理器具の収納を美しく。使いやすいキッチンを実現するマル秘テク

調理器具の収納を美しく。使いやすいキッチンを実現するマル秘テク

投稿者:ライター 吉田梨紗(よしだ りさ)

2020年3月14日

調理器具をスッキリと整理できれば作業の効率があがる。しかし、キッチンにはさまざまな調理器具があるため、散らかりやすい。この記事では、調理器具をスッキリと収納するためのポイントを紹介する。引き出しやラック、吊るすタイプなど、収納場所や方法ごとにおすすめのアイデアを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 引き出しを使った調理器具の収納術

調理器具をスッキリと収納するためには、引き出しの使い方が重要だ。仕切りを使ったり、わかりやすく分類したりすることで、使いやすいキッチンになる。

仕切りで分類する

広い引き出しに調理器具を並べると、使っているうちにグチャグチャになる。仕切りを使って分類し、わかりやすく整理しよう。引き出しに収まるようにトレイを並べる方法もある。

深い引き出しに大きめの収納ケースを並べれば、ナベを横にして立てることが可能だ。ファイルケースを使い、フライパンを立ててもよいだろう。調理器具のサイズに合ったトレイや、収納ボックスを選ぶとスッキリと収まる。

色別で並べる

収納の見た目にこだわるなら色別に整理しよう。統一感が生まれるので、スッキリとまとまった印象になる。

色で認識できるため、パッと見たときにどこに何があるのかわかりやすい。調理器具を新しくするときに色を揃えれば、よりインテリア性に優れたキッチンになるだろう。

種類や長さで並べる

調理器具は、種類で分けて引き出しに収納すれば整理がしやすくなる。お玉や計量スプーンといった小物は仕切りで分類し、ボールやザルは重ねて引き出しに収納しよう。

長さが違う調理道具を一緒に収納すると雑多な印象になるので、同じくらいのもので揃える。使用する場所に近い引き出しにまとめてしまうと、使い勝手がよくなるだろう。

2. ラックや棚を使った見せる調理器具の収納術

使用頻度が高い調理器具は、見せる収納にすると使いやすい。ラックや棚を使ったおすすめの収納方法について、詳しく解説しよう。

ラックや突っ張り棒を活用する

収納場所が足りない場合は、カウンターや作業台の上に小さな棚やラックを置こう。調理器具をキレイに並べることで、オシャレな見せる収納になる。

吊り戸棚ラックや突っ張り棒を活用すれば、デッドスペースを上手く利用できる。2本の突っ張り棒を設置して、フタやまな板を置ける簡易的な棚を作ってもよいだろう。

小物は容器に入れる

小物を同じ容器に入れて棚に並べると統一感が生まれる。収納したい調理器具によって、容器の形やサイズを変えるのがポイントだ。

菜箸やヘラといった細長い調理器具は、箸立てやオシャレな瓶に立てて収納しよう。そのまま乾かせるので、木製アイテムのカビ対策としても有効だ。

3. 吊るすタイプの調理器具はワイヤーラックで収納

使用頻度が高い調理器具は吊るして収納しよう。ワイヤーラックやワイヤーネットの活用方法と、併せて紹介する。

吊るす収納でスッキリ

フライ返しやお玉など、良く使う調理器具は吊るす収納がおすすめ。料理の際、使いたいときにサッと手に取ることができて便利だ。

ただし、あまりたくさんの調理器具を吊るすと邪魔になるので注意しよう。よく使うものだけを厳選するのが、吊るす収納のポイントだ。

ワイヤーラックがおすすめ

吊るす場所がないならワイヤーラックを使おう。調理器具の数だけS字フックを引っ掛けるだけで吊るす収納になり、スペースの有効活用にもなる。

2本の突っ張り棒とワイヤーネットを使えば、使いやすい場所に吊るす収納を作れる。キッチンと天井の間に突っ張り棒を設置したら、結束バンドでワイヤーネットを固定しよう。あとは好きな部分にS字フックをかけるだけだ。

4. シンク下を活用する調理器具収納術

シンク下は広いので大きな調理器具も入るが、空間が広い分デッドスペースができやすい。空間を有効活用するためのアイデアをチェックしていこう。

ラックでデッドスペースをなくす

シンク下にピッタリと入るラックを置けば、上部の空間を上手く活用できる。棚にトレイや収納ケースを並べて、引き出しのように使ってもよいだろう。

無駄なく収納したいなら、棚の高さを調節できるラックがおすすめだ。調理器具のサイズに合わせて、棚の位置を調整しよう。

扉裏を有効活用

扉裏に吊り下げタイプのラックを設置すれば、空間を余すことなく利用できる。小さなフライパンやキッチンバサミ、まな板など、細々した調理器具がキレイに収まるだろう。

また、タオルバーを取り付けて、S字フックをかければ隠せる吊り下げ収納になる。扉を開けるだけで調理器具が取り出せるので、使いやすい。

結論

調理器具をキレイに整理すれば、キッチンの使い勝手がよくなる。アイテムを使ったり、収納場所を工夫したりするだけで、収納の幅はグンと広がるだろう。オシャレで使い勝手がよいキッチンを作るために、この記事で紹介したアイデアを活かしてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ