このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
掃除機選びで吸引力が大事な理由って?他に選ぶ時のポイントは?

掃除機選びで吸引力が大事な理由って?他に選ぶ時のポイントは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月11日

掃除機を選ぶ時に吸引力が大事とよく耳にするが、実際に吸引力とはどういったものなのだろうか。吸引力の詳しい説明と掃除機の種類について説明していく。また、掃除機を選ぶ上で何をポイントにして選んだら良いのかも紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 掃除機の吸引力ってなぜ大事?

吸引力とは、文字通り「吸引する力」という意味である。この数値が大きければ大きいほど、ゴミやホコリなどを吸引する力が強くなる。逆に数値が低いと細かいホコリなどが上手く吸い取られず、吸い残しが発生してしまう。

吸引力の単位は?

吸引力の単位は「W(ワット)」で表される。「W」は風量と真空度を元にして計算される仕事率を指す。あくまで科学的に割り出された数値であることから使用する場所によっては十分に吸引力を発揮できない場合もある。

2. 掃除機の吸引力を意識する前に!知っておきたい掃除機の種類

掃除機の吸引力は重要のポイントだが、それ以上に掃除機の種類について知っておく必要がある。大きく分けて紙パック式、サイクロン式があったり、スティック型やハンディ型、布団クリーナーなど使用シーンに特化している種類もある。

紙パック式

従来のキャニスター型のものを紙パック式と呼ぶ。使われたことがある方も多いと思うが、紙パックにゴミが溜まったら新しい紙パックに替えるタイプだ。メリットは紙パックを替えるだけなので、掃除機のクリーンを頻繁に行う必要がない。また昔からある形なので性能の割に価格が低いことも挙げられる。デメリットは紙パックは消耗品なのでコストがかかってしまうことと、吸い込んだ空気を排出する時に溜まっているゴミを通過するので、ホコリや臭いが出てしまう場合があることだ。また、紙パック式は空気の通りが直線的なので紙パックにゴミが溜まると吸引力が下がりやすいという点もある。

サイクロン式

サイクロン式はゴミと空気を遠心力で分離させる機能がついた掃除機である。この機能のおかげで空気を排出する時に臭いやホコリがでなくなっている。しかも、空気の通りとゴミが溜まる部分が別れているので吸引力も落ちづらい。また紙パックが必要ないので、購入以降はお金がかからないというのもメリットである。逆に掃除機内をこまめにクリーンしないと、吸引力が低下したり故障の原因になってしまうので注意が必要である。

スティック型

コードレス化されているスティック型は、掃除する範囲が狭いアパート等でのシーンに特化している。重量も軽く手軽に掃除しやすく、大きさもないので一人暮らしをしている人におすすめされている。コードレスなので稼働時間が短く、広い範囲の掃除は向いていない。またコードレスなので吸引力も電源式の物と比べると低い上に、充電されていないと使用できないのがデメリットである。

ハンディ型

ハンディ型はスティック型のホース部分がより短くなっており、手元のゴミを吸うのに特化されている。車の中や階段や部屋の四隅、机の上など部分的な使用時には便利である。他の掃除機に比べると安価な物が多く、ヘッド部分のオプションが豊富な製品もあるので使い勝手良いタイプでもある。

ロボット型

電源を入れれば勝手に掃除をしてくれるという近未来的な掃除機である。外出している時に勝手に掃除をしていてくれるので掃除の手間がかからない。また最近の物はスマホから遠隔操作することも可能。AIを搭載されている機種もでており、ゴミが溜まりやすい箇所は念入りに掃除をしてくれるという機能までついている物もある。デメリットは価格が高いのと、センサーがついていない機種は家具などにぶつかり傷をつけてしまう可能性がある。また、障害物に引っかかってしまうと自力で抜け出せない可能性があり、掃除が続行できないこともある。

布団クリーナー

名前の通り、布団専用の掃除機である。ゴミや誇りだけでなくダニやハウスダストなども吸引してくれる。また高温で除菌や湿気を飛ばしてくれる機能がついている物もあり、日干しした時のふかふか状態にもなる。このように普通の掃除機にはない機能がいくつか搭載されていることが布団クリーナーの特徴である。また布団だけでなくソファにも使用することが可能である。

3. 掃除機はどう選ぶのが正解?適切な吸引力タイプを選ぼう

掃除機を選ぶ際は誰がメインで、どこで使用するのかが選ぶ時の参考になる。吸引力が高い掃除機はゴミを吸い取る力は強いが、その分カーペットなどに吸いつきやすくなったり動かす時に力がいるため疲れやすい。女性が使用することが多い場合は吸引力はそこそこにしておき、他の機能でカバーできる掃除機を選んだ方が使い勝手が良いこともある。使用する場所もフローリングなどのツルツルした所が多いのであれば、吸引力が強いほどゴミをよく吸う。逆に布地での使用が多ければ、ヘッドブラシ部分に力をいれている掃除機が扱いやすいだろう。

結論

掃除機の性能で吸引力は大切なポイントだが、吸引力が全てではない。ブラシの構造やコードレスなのか、全体の重量など使用する上での重要なポイントはいくつかある。生活の中で掃除機を使用するイメージを細かく思い描くことが自分に最適な掃除機選びの最短の道になることを知っていてもらいたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ