このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ホテルでの洗濯方法はどれがいい?手洗いする場合のコツと乾かし方

ホテルでの洗濯方法はどれがいい?手洗いする場合のコツと乾かし方

投稿者:ライター 松岡由佳里(まつおかゆかり)

2020年3月17日

ホテル滞在で困るのが洗濯だ。旅の荷物はなるべく少なくしたいから、ホテルで洗濯できれば助かる。そこでホテルで洗濯する方法を知っておくと便利だ。洗濯したいアイテムによって、適切な方法を選ぼう。また、ホテルでの手洗いの仕方も知っておくと、余計な出費を抑えることができる。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ホテルで洗濯する方法は?

国内外のホテルで洗濯する方法は「ランドリーサービス」「コインランドリー」「自分で手洗いをする」の3種類がある。

ランドリーサービスを依頼する

多くのホテルでは、宿泊者向けにランドリーサービスを行っている。ホテル内でクリーニングしているところもあれば、外注に出すというところもある。
ホテルのフロントに依頼することになるが、値段は決して安くはない。また、仕上がり時間をしっかり確認しておこう。どうしてもすぐに着用したいものなら、特急料金で仕上げてくれる場合もある。

コインランドリーを利用する

ホテルの周りのコインランドリーを利用する。ホテルによっては、施設内にコインランドリーを併設しているところもある。ホテルに依頼するランドリーサービスに比べれば、料金が安いというメリットがある。
しかし、とくに外国など知らない土地で街のコインランドリーを利用するのは、治安面で少し不安もある。また、洗濯中はずっと張り付いていなければならないので、時間を取られてしまうというデメリットがある。

自分で手洗いをする

手洗いは、洗い方や干し方のコツをつかめば簡単にできる。下着や靴下などの小さめの衣類は、自分で手洗いすればコストは最小限だ。
旅慣れている人たちは、バスルームを使って手洗いし、持参したロープで洗濯物を効率よく干している。

2. ホテルで洗濯物を手洗いする方法

ホテルによっては、ランドリーサービスがなかったり、コインランドリーまで遠かったりするケースがある。そのようなときに頼りになるのが「手洗い」だ。

手洗いは入浴タイムを利用

ホテルの部屋の中で、気兼ねなく水が使えるところといえば、バスルームだ。そこで入浴タイムに手洗いをしよう。入浴を済ませたら、風呂の湯を抜き、再びバスタブにお湯を張る。このときの湯量は、洗濯物を入れてひたひたになるくらい。
次に洗剤を洗濯物全体に振りかけて、足で踏み洗いをする。あとは丁寧にすすいで水気を切れば完了だ。

ジップロックを利用する

ホテルで下着や靴下など小さめの衣類を洗濯するなら、ジップロックを使って手洗いすると便利だ。ジップロックの中にお湯と洗剤を入れてよく溶かす。衣類を中に入れて、しっかりとロックをしたら、5分ほどもんだり、振ったりしながら汚れを浮き立たせる。あとは丁寧にすすげば完了だ。
ジップロックは、かさばらず、いろいろな用途に使えるので旅のお供にすると便利だ。

3. ホテルでの洗濯後の脱水のやり方

当然、家では洗濯が終われば脱水にかけるところだが、ホテルでの洗濯だとそうはいかないので、明日までに乾くかどうか心配だ。手洗いの場合、干す前に少しでも水分を取っておくことがポイントになる。

タオルを使って脱水する

ホテルに用意されているバスタオルを使うと、効率的に衣類の水分を取ることができる。
まず、バスタオルを広げ、洗濯し終わった衣類を並べる。そしてバスタオルをくるくると巻きながら水分を取っていく。
こうすることで、かなりの水分はバスタオルが吸水してくれるので、ホテルの室内で干しても早く乾く。

4. ホテルでの洗濯後の乾かし方

ホテルでは、部屋の外に洗濯物を干すことがほとんどできない。当然、室内で干すことになるが、持っていくと便利なアイテムもある。

洗濯物は室内で干す

洗濯物は湿度の高いバスルームよりも、室内で干す方が早く乾く。とくにホテルの場合には空調がコントロールされており、乾燥している。洗濯物を乾かすことで部屋の湿度を高めることができるので、喉の弱い方や、肌の乾燥が気になる方は、一石二鳥といえるだろう。
部屋にエアコンがある場合には、風が直接当たる場所に干しておけば早く乾かすことができる。

携帯用のハンガーやロープを使う

ホテルのクローゼットにはハンガーが用意されている。しかし、なかには盗難防止用に取り外しができないハンガーもある。そこで便利なのが携帯用のハンガーやロープだ。携帯用なので、折り畳みができコンパクトに収納することができる。
また、エアハンガーも便利だ、空気を入れて膨らませるハンガーだが、針金ハンガーに比べて厚みがあるので衣類の型崩れを防ぎ、風通しもよくなるため早く乾かすことができる。

結論

旅はできるだけ身軽にしたいものだ。洗濯物も洗う物によって、ランドリーサービス、コインランドリー、手洗いと分けると経済的だ。手洗いが可能な衣類を持っていけば、荷物も少なくできる。ホテルでの手洗いのコツをマスターして、旅の達人を目指そう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ