このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
合成皮革もお手入れ必要?ソファーや小物のお手入れ方法を解説する

合成皮革もお手入れ必要?ソファーや小物のお手入れ方法を解説する

投稿者:ライター 藤田幸恵(ふじたゆきえ)

2020年3月20日

合成皮革のグッズは、本革に比べると手頃な価格で購入しやすい。はやりのものや気軽に使いたいものに、合成皮革素材のものを選ぶ方も多いだろう。合成皮革のもう一つの特徴は、水や汚れに強くお手入れが簡単であるということだ。だが、お手入れをまったくしなくてもよいわけではない。また、本革とはお手入れ方法が異なる点も多い。アイテム別のお手入れ方法を解説していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 合成皮革と本革の特長、お手入れの違い

合成皮革と本革にはどのような違いがあるのだろうか?それぞれの特長とお手入れ方法の違いを説明していく。

合成皮革

合成皮革とは、本革に似せて作られた素材である。天然の布に合成樹脂をつけて、本物の皮革に似せて加工したものなのだ。合成皮革に使われる合成樹脂は、塩化ビニールやポリウレタンである。だから、見た目は天然皮革に似ているが、素材の性質としてはビニールやプラスチックに近い。

合成皮革は撥水性があり、汚れに強いのが特徴だ。しかも、本革に比べると品質が均一で価格が安いというメリットがある。汚れはつきにくいものの、経年劣化はある。2~3年ほどで、表面がボロボロになったりひび割れたりすることが多い。水気や高温で劣化スピードが速まるため、汚れや水気はこまめに拭き取り、日陰で乾燥させる必要がある。

本革

本革とは、正式には天然皮革と呼ばれるものだ。牛や羊などの動物の皮をなめして作った素材である。本革は丁寧にお手入れをすれば、風合いを変えながら何十年も使うことができる。変化を楽しむことができる素材だ。
だが、水に弱く、濡れると色落ちやしわの原因になる。手入れには保湿が不可欠であり、クリームを塗って乾燥を防ぐことで、独特な艶が生まれる。

2. 合成皮革のソファーのお手入れ方法

合成皮革のソファーのお手入れの基本は、乾拭きだ。柔らかい布で軽く拭くだけで、日常の汚れを落とし、経年劣化のスピードを緩やかにできる。ひどい汚れがついてしまったときは、中性洗剤を混ぜた水に浸した布で水拭きをしよう。水拭きのときは、固く絞って汚れを叩くようにする。最後に乾いた布で水気を拭きとるのを忘れないようにする。
柔らかいソフトレザーのソファーは、とくにデリケートだ。市販の合成皮革専用クリームを使って、2~3ヶ月に一度お手入れをすると長持ちする。

車のシートでも合成皮革でできているものがある。合成皮革のシートのなかには、防水・防泥加工しているものもあり、お手入れは簡単だ。初めに掃除機やほうきでホコリやゴミを取り除き、固く絞った雑巾で水拭きする。それでも落ちない汚れは、中性洗剤を薄めたもので拭きとろう。

3. 合成皮革の靴やスニーカーのお手入れ方法

合成皮革の靴は雨や汚れに強いから、お手入れの必要がないと考えている方が多いかもしれない。だが、本革ほど丁寧にお手入れする必要はないが、日頃のメンテナンスで合成皮革の靴やスニーカーも長持ちする。

まず、靴はホコリを取り払うため、ブラシをかける。ソール部分との境目はとくに汚れがたままりやすいため、小さめのブラシで丁寧にブラッシングする。最後に固く絞った布で水拭きをすればキレイになる。これに加え、定期的に合成皮革用のクリームを塗って特別なケアをすると、色落ちを防いで艶を出すことができる。

4. 合成皮革のバッグや財布のお手入れ方法

合成皮革の鞄や財布はホコリや手垢がつきやすい。表面や内部のホコリを払って柔らかい布で拭きとると、キレイにできる。合成皮革は多少の水気にも強いため、汚れは固く絞った布で水拭きするとよい。しつこい汚れには、汚れが気になる部分にセスキ水をかけてメラミンスポンジでこすると効果的だ。もしこの方法を行うときは、一度目立たないところで試してからお手入れをしよう。本革よりも強い合成皮革だが、メラミンスポンジでこすることで表面が剥がれたり色落ちすることもあるからだ。

5. 合成皮革のジャケットのお手入れ方法

合成皮革のジャケットなど服の場合には、どのようなお手入れをしたらよいのだろうか?まずはお手持ちの服の裏側についている洗濯表示を確認してほしい。合成皮革のジャケットのなかには、水洗いができるものもある。表示通りに行えば、本革ではできない洗濯機でのホームクリーニングが可能なのだ。もちろん、水洗いができないものもあるので、最初に確認する必要がある。いずれの場合も、普段のお手入れであれば、固く絞った布で水拭きが基本だ。それでも落ちない汚れは、中性洗剤を薄めたものを布に含ませて、汚れを叩いて布に浸み込ませる。
合成皮革のジャケットは経年劣化により、2~3年で表面が剥がれることが多い。着用していない期間にも劣化は進むが、汚れは付着したらすぐに拭きとり、風通しのよい場所に保管すると、劣化のスピードを緩やかにできる。

結論

合成皮革は天然皮革よりも水や汚れに強い。そのイメージが強く、お手入れはまったく必要ないと考えている方も多いかもしれない。だが、合成皮革の製品も汚れがついたままだと、色落ちや表面のダメージを引き起こしてしまう。濡れたり汚れたりするときは早めに固く絞った布で拭きとるようにしよう。また、本革と違いマストではないものの、専用のクリームを塗ると長持ちすることもある。ソファーなど簡単には買い替えられないものは、ぜひこういった特別なお手入れをして長く使おう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >