このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
フローリング用コロコロで掃除が楽に!特徴や選び方を紹介

フローリング用コロコロで掃除が楽に!特徴や選び方を紹介

投稿者:ライター 吉田梨紗(よしだ りさ)

2020年3月22日

コロコロを使えば、汚れやホコリをキャッチして除去できる。衣服やカーペットの掃除に便利だが、フローリング用があるのを知っているだろうか?この記事では、フローリング用コロコロについて詳しく解説する。特徴や選び方を紹介するので、使ってみたい方は必見だ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. フローリング用コロコロがある

フローリング用コロコロについて詳しく解説する。実際に使うまえに、特徴や魅力を学んでおこう。

コロコロとは?

「株式会社ニトムズ」が販売している粘着クリーナーの登録商標だ。他のメーカーにも同様の商品があるが、商品名は粘着クリーナーやカーペットクリーナーになる。

粘着力が高いテープを転がし、付着した汚れやゴミを除去することが可能だ。フローリング用やカーペット用など、さまざまなタイプの商品がある。

粘着力が弱い

一般的なコロコロをフローリングに使うと、床に張り付いてシートが剥がれてしまう。フローリング用コロコロは粘着力が弱く、スムーズに転がるので、ストレスなく掃除ができる。ホコリや髪の毛、細かいゴミまでスッキリと除去できるだろう。

フローリングはもちろん、キッチンや玄関のマット、タタミ、ビニール製の床までまとめて掃除することが可能だ。掃除器具を変える必要がないため、掃除にかかる手間や時間を減らせる。

使いやすい

フローリング用コロコロは、部屋が汚れたときにすぐ使える。フローリングワイパーでは取れない大きいゴミも吸着でき、重くて電気が必要な掃除機と比べて手軽だ。

シートの粘着力が弱くなったら、汚れた部分を千切ればよいだけだ。転がすだけなので力がいらず、音がしないため夜中にも気兼ねなく掃除ができる。

2. フローリング用コロコロを選ぶ方法

フローリング用コロコロには、いろいろなタイプがある。選ぶときのポイントを3つ紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

本体の選び方

コロコロを選ぶ場合は柄の長さが重要だ。フローリングを掃除したいなら、ロングタイプがよいだろう。立って使えるうえベッドや家具の下など、手が届かない場所まで掃除がしやすい。

長さを調節できたり、分解して収納できたりといったタイプもある。他のシートに付け替えて使いたいなら、長さが変えられるタイプが便利だ。掃除の用途や収納方法を考えて選ぼう。

シートの選び方

フローリングを傷めずに掃除できる専用のシートを使おう。ミシン目や切れ目がついたタイプはシートを剥がしやすいため、ストレスなく使用できる。また、コロコロ本体にはいくつかサイズがあるので、ピッタリと合うシートを選ぼう。

ケースやスタンドが便利

ゴミが付着したコロコロを放置すると、汚れた印象になる。粘着力が残っているとゴミや置き場所に張り付いてしまうため、ケースやスタンド付きのタイプがおすすめだ。

立てるタイプのスタンドなら、柄が長いタイプのコロコロがスッキリ収納できる。汚れが気になったときに、サッと取り出して掃除することが可能だ。よりデザインにこだわりたいなら、オシャレな別売りのスタンドと組み合わせてもよいだろう。

3. シートだけフローリング用に変えてコロコロを使い分ける

フローリング用の本体をわざわざ購入しなくても、シートを交換するだけでコロコロは使用できる。使い分けの方法や、シート選びのポイントについて解説しよう。

シートだけ付け替える

コロコロの本体を別に用意するとお金がかかり、収納場所も必要になる。現在使用しているコロコロがあるなら、フローリング用のシートをセットするだけでOKだ。

カーペットを掃除するときはカーペット用、フローリングを掃除するときはフローリング用というように使い分けよう。掃除用具が増えないので家が散らかりにくくなる。

シートの選び方は

コロコロは各メーカーでサイズを統一している。コンパクトタイプや大きいタイプもあるが、基本的な規格は「幅160mm×芯内径38mm」だ。

本体とシートのメーカーが違う場合でも付け替えて使える。使用しているコロコロのサイズを確認して、合うシートを用意しよう。

4. フローリング以外のコロコロ用シート

コロコロ用シートには、フローリング用以外にもいろいろなタイプがある。用途によって使い分けると掃除がしやすくなるので、それぞれの特徴を紹介しよう。

カーペット用

フローリング用に比べて粘着力が強い。毛足が長いカーペットに入り込んだゴミや髪の毛を、スッキリと取り除くことが可能だ。ベッドマットや布団、クッションなど、丈夫な布製品に幅広く使える。

衣服用

ホコリや髪の毛、花粉など、衣類についた細かい汚れを落とす。縦型でコンパクトなタイプが多く、バッグに入れて持ち運びができる。クローゼットや玄関に置いておけば、気になるときにサッと使えるだろう。

ペット用

ペット用のコロコロは、いろいろなところに付着する毛を除去できる。フローリング用コロコロと違ってコンパクトなタイプが多く、ペットを連れてお出かけする際の携帯に便利だ。

結論

フローリングの掃除にはコロコロが便利だ。専用のシートなら床に張り付く心配がなく、転がすだけで手軽に掃除ができる。細かいゴミから大きなゴミまで、スッキリ取り除けるだろう。広いフローリングを掃除するなら、立ちながら使えるロングタイプがおすすめだ。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ