このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ジーンズの色移りはどうするの?効果的な落とし方と予防法を解説

ジーンズの色移りはどうするの?効果的な落とし方と予防法を解説

投稿者:ライター 吉田 梨紗(よしだ りさ)

2020年3月22日

ジーンズは色落ちがしやすい衣類だ。一緒に洗濯したらほかの衣服がうっすらと紺色に、といった失敗は多いだろう。濡れた状態でこすってしまうだけでも、衣服の色が移ることがある。この記事では、ジーンズからの色移りを落とす方法を解説しよう。予防する方法も併せて紹介するので、ジーンズの色移りで悩んでいる方は必見だ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ジーンズが色移りしてしまう原因

なぜジーンズからほかの衣類に色移りするのか、原因について解説する。色移りの対策や予防にもつながるので、ぜひチェックしてほしい。

ジーンズは色落ちしやすい

ジーンズは色落ちによる変化を楽しむ衣類だ。藍色が美しい「インディゴ」という染料が使われており、一般的な染料と比べて繊維に定着しにくい性質がある。

落ちたインディゴ染料がほかの衣類に付着することで、色が移ってしまうのだ。とくに新しいジーンズは色移りしやすいため、しっかりと予防しよう。

洗濯中に溶け出す

ジーンズ染料を洗濯機に入れると、水の中に溶け出してしまう。溶けた染料が一緒に洗っていた衣服に付着することが色移りの原因だ。少ない水で洗濯するドラム式洗濯機は、とくに色移りが起こりやすい。

湿ると染料が落ちやすくなる

ジーンズは濡れることで染料が落ちやすい状態になる。そのままほかの衣類とこすれると、色移りが発生するのだ。雨はもちろん汗でも色落ちは起こるので、着用するときは気をつけよう。

2. ジーンズの色移りを落とす道具

ジーンズの色移りを落とす前に、必要な道具をそろえておこう。落ちなかったときの対策に有効な酸素系漂白剤についても紹介する。

落とすための道具

色落ちには一般的な洗濯用の洗剤とお湯を使う。液体洗剤と粉末洗剤はどちらでもよいが、粉末洗剤のほうが洗浄力は高い。洗うための洗面器と手にはめるゴム手袋も用意しておこう。

ジーンズの染料は熱で落ちやすくなるため、50〜60℃くらいのお湯を用意する。ただし、衣服によっては、使えるお湯の温度に上限がある。洗濯表示を確認し、水洗いマークの中にある数字をチェックしておこう。

落ちないときは酸素系漂白剤

落ちにくい色移りには酸素系漂白剤が便利だ。洗濯用の洗剤と一緒にお湯に混ぜるだけで、高い効果を発揮する。

ただし、衣類の素材によっては、酸素系漂白剤が使えないことがあるので、洗濯表示を確認しておくと安心だ。三角のマークにバツ印がついている場合は、酸素系漂白剤は使用できない。

3. ジーンズの色移りを落とす方法

ジーンズからの色移りを落とす基本的な方法を紹介する。キレイに落とすポイントと併せて紹介するので、ぜひ試してみてほしい。

色移りを落とす手順

手に洗剤がつくと肌荒れの原因になるので、ゴム手袋をはめて作業をする。お湯の温度が高すぎると生地が傷むため、水を加えて調節しよう。

1.50〜60℃のお湯を容器に入れて洗剤を溶かす
2.色移りした衣服を浸して30分~1時間ほどつけ置きする
3.染料が落ちたのを確認したら、洗剤が落ちるまで繰り返しすすぐ

お湯に溶かす洗剤の量は、通常の2~3倍くらいを目安にしよう。洗っても落ちないようなら、洗剤と一緒に酸素系漂白剤を混ぜてもう一度同じ手順を繰り返す。

キレイに落とすポイント

色移りした染料は、時間がたつにつれて落ちにくくなる。気づいたときにすぐに洗えば、色が残ることなくキレイに落とせる。

ただ、湿って色落ちした場合、デリケートな衣類に色移りすることもあるだろう。一般的な洗剤では洗浄力が強く、傷んでしまうことがある。洗濯表示をチェックして水洗いができなかったり、通常の洗剤が使えなかったりする場合は、手洗いではなくクリーニングに頼もう。

4. ジーンズの色移りの予防方法

ジーンズは使っていれば色移りしにくくなるので、新しいうちは予防を徹底しよう。色移りを防ぐおすすめの方法を4つ紹介する。

仕分けして洗濯

色移りは濃いジーンズから薄い衣類に起こるので、仕分けが必要だ。新品のジーンズはとくに色移りしやすいため、ほかの衣服と別に洗濯する。一緒に洗う場合は、色移りが起こりやすい白や薄い色の衣類とは分けておこう。

手洗いをする

ジーンズだけで手洗いすれば、色移りは発生しない。色落ちを防ぎながら洗えるので、色合いを保ちたいときにもおすすめだ。洗濯機を使って1枚だけ洗うよりも、水道料金や電気料金の節約になるだろう。

摩擦を防ぐ

色移りの防止には摩擦の軽減が重要だ。洗濯ネットを活用すれば、ほかの衣類と摩擦が軽減されて、色移りが起こりにくくなる。また、裏返してから洗濯することで、染料がついた表側の摩擦を防ぐことが可能だ。

色移り防止シート

ほかの衣類と一緒に洗濯したいなら、色移り防止シートがおすすめだ。洗濯機に入れて一緒にまわすだけで、溶け出した染料を吸い取ってくれる。ジーンズとほかの衣類を分ける必要がなくなるため、節約と時短につながるだろう。

結論

使用することによる風合いの変化が魅力のジーンズだが、色移りでほかの衣類を台無しにすることがある。移ってしまったときは、適切な道具を使って素早く落とすことが大事だ。ジーンズが新しいうちは、仕分けして洗濯したり、洗濯ネットに入れるなどといった予防も忘れずに行おう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >