このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
テレビ台の収納を活用する方法は?スッキリ片付くおすすめアイデア

テレビ台の収納を活用する方法は?スッキリ片付くおすすめアイデア

投稿者:ライター 吉田梨紗(よしだ りさ)

2020年3月25日

テレビ台の収納を上手く活用すれば、部屋がスッキリと片付く。しかし適当にものを入れてしまうと、使いづらくなってしまうので注意が必要だ。この記事ではテレビ台に収納したいものや、わかりやすく整理できるアイデアを紹介する。DVDやBlu-rayから日用品、ケーブルなど、それぞれの収納術を解説するので、ぜひ実践してほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. テレビ台に収納しているもの

テレビ台に収納するものを厳選することで、使いやすさが大幅にアップする。収納するものの実例を挙げて解説していこう。

DVDやBlu-ray

使用する場所の近くにものを置くのが収納の基本だ。プレーヤーで再生するDVDやBlu-rayをテレビ台に収納することで、好きなときにすぐ視聴できる。ただし、数が多すぎると整理しにくくなるので、あまり見ないものは別の場所に移してもよいだろう。

ゲーム

テレビにつないで遊ぶゲームは、テレビ台にスッキリと収納したい。本体やケーブル、コントローラーは、散らからないようにまとめておこう。しかし、そのままテレビ台に置くとゴチャゴチャした印象になるので、キレイに隠すのがポイントだ。

日用品や文房具

収納スペースが足りないときにも、テレビ台は活躍する。日用品や文房具を収納すれば、使いやすく整理することが可能だ。入れるものの定位置を決めておけば、無くしたり探したりといったこともなくなるだろう。

2. テレビ台のDVDやゲームの収納

テレビ台の近くに置きたいDVDやBlu-ray、ゲームの収納アイデアを紹介する。誰でも簡単に真似できるので、ぜひ試してみてほしい。

DVDやBlu-rayのアイデア

DVDやBlu-rayは、タイトルが確認できるように収納するのが基本だ。引き出しなら背表紙が上になるように、棚なら背表紙が正面になるように並べよう。収納スペースを節約したい場合は、ケースから取り出してDVDファイルケースに入れるとよい。

オープンボードタイプのテレビ台なら、ボックスに入れて収納すると中身をキレイに隠せる。分類してラベルを貼れば整理しやすく、見たいタイトルも探しやすい。

ゲームの収納アイデア

本体やコントローラー、ケーブルは大きめの収納ボックスにまとめて入れるのがおすすめだ。遊びたいときにテレビ台から取り出してセットできる。

ただしケーブルは絡まりやすいので、仕切りを用いたりスッポリと入るケースに入れて分類しておくとよいだろう。ゲームソフトが多い場合は、別のケースや引き出しに収納すると整理しやすい。

3. テレビ台の日用品や文房具の収納

テレビ台を日用品や文房具の収納場所にすれば、必要なときにすぐに取り出せる。スッキリと整理をするコツと役立つアイデアについて、詳しく解説していこう。

日用品の収納

よく使う日用品をわかりやすく分類すれば、紛失するリスクを減らせる。小さなものは小さめの、大きなものは大きめの収納ボックスに入れるとわかりやすい。

オープンタイプのテレビ台には、棚の高さに合わせた収納ボックスを並べて入れる。収納ボックスのサイズやデザインを統一することで、部屋全体にも統一感がでるだろう。

収納ボックスを使えば、見えると散らかった印象になる日用品を隠してスッキリと収納することが可能だ。穴が開いているタイプなら、手を入れて引き出しのように引き出せる。

また頻繁に使う日用品は、オシャレなかごに入れてテレビ台の上においてもよいだろう。テレビのリモコンや鍵の定位置にすれば、紛失して探すこともなくなる。

文房具の収納

小さな文房具は散らかりやすいので、細かく分類して収納しよう。文房具のサイズに合わせて仕切りをつくり、わかりやすく整理をするのがおすすめだ。引き出しや収納ボックスの中にトレイを並べれば、手軽に仕切りが作れる。

種類や大きさ、長さで分類して定位置を決めておけば、どこに何があるか一目でわかるだろう。片付けるときは同じ場所に戻せばよいので、散らかりにくくなる。

4. テレビ台のケーブルの収納

絡まりやすいケーブルは収納に工夫が必要だ。テレビ台にスッキリと収納するためのポイントを紹介する。

テレビ台にまとめて収納する

必要なケーブルが無くなってしまった、そんな経験はないだろうか。使用するケーブルはまとめて収納することで、紛失を防ぐことが可能だ。

わかりやすく取り出しやすいテレビ台に収納場所を作ろう。ただし、そのままケーブル同士を入れると絡まるので、しっかりと対策を行いたい。

小分けして収納する

ケーブルは見た目で判断がつきにくく、一緒に収納すると混ざってしまうことがある。1本ずつ透明なジップロックに入れ、ラベルで分類しよう。他のケーブルと絡まる心配がなく、必要なときにすぐ取り出せる。

開け閉めが楽で丈夫なジッパー付きのファイルバッグを使ってもよいだろう。縦に並べてテレビ台に収納すれば、見た目もスッキリする。

結論

DVDやBlu-ray、ゲームなどテレビの周辺で使うものはスッキリと収納したい。わかりやすく使いやすい収納として、テレビ台を活用しよう。散らかりやすい日用品や文房具、ケーブルの収納にもテレビ台がおすすめだ。収納ボックスやトレイ、ジップロックといったアイテムで分類をすれば、部屋の片付けが楽になるだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ