このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
生乾きの臭いを消す方法とは?臭いの原因や予防法も紹介!

生乾きの臭いを消す方法とは?臭いの原因や予防法も紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月26日

洗濯したはずのタオルや衣類などから、生乾きの臭いがして困った経験はないだろうか?今回は、生乾きの嫌な臭いを消す方法、臭いの原因や予防法も紹介する。ポイントを押さえて、気持ちよく衣類を着られるようにしよう!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 生乾きの臭いがする原因を知って臭いを消そう

生乾きの臭いがしてしまう原因は何なのだろうか?ここでは、生乾きの臭いがする原因を紹介する。洗濯物の臭いの原因は雑菌だ。洗濯物が生乾きの状態にあると、雑菌が繁殖してしまい生乾きの臭いの原因になってしまう。また、汗のついた衣類をそのままにしておいてしまうと、雑菌が繁殖しやすくなってしまうので注意したい。洗濯槽のカビや汚れが原因になっていることもある。

2. 生乾きの臭いを消す洗濯方法

ここでは、生乾きの嫌な臭いを解消する方法を紹介する。

熱を活用した方法

アイロンやお湯、乾燥機を使った雑菌を退治する方法がある。アイロンを使った方法は、脱水後の洗濯物に160〜200℃の温度に設定したアイロンをかける。洗濯物が乾くまでアイロンをかけることで、生乾きの臭いが消えるのだ。お湯を使った方法は、脱水後の洗濯物に熱湯をまんべんなくかけて30分置き、絞って干すことで生乾きの臭いを消す効果がある。また、洗濯物を乾燥機にかけることで、熱の力で雑菌を消滅させ、簡単に生乾きの臭いを消せる。コインランドリーの乾燥機は、家庭用の乾燥機よりも早く洗濯物を乾燥させることができるので、ぜひ試してほしい。

酸素系漂白剤を活用した方法

酸素系漂白剤を使った方法もおすすめだ。洗濯する前に酸素系漂白剤を使ってつけ置きをする。その後、通常通りに洗濯すると生乾きの嫌な臭いを簡単に消せるので、実践してみよう!

重曹を活用した方法

重曹をお湯に溶かし、洗剤と同時に入れ洗濯することで生乾きの臭いを消す効果が期待できる。お風呂の残り湯を洗濯に使う方もいるが、その場合にすすぎは水道水を使うとよい。お風呂の残り湯には、目に見えない雑菌が漂っているので注意したい。

3. 生乾きの臭いを消す干し方

ここでは、生乾きの臭いを消す干し方を紹介する。

生乾きの臭いを消す干し方

まず、脱水後の洗濯物は素早く干すことだ。時間が経過してしまうと、雑菌を増やしてしまうことになる。雑菌が増えないように、洗濯物はなるべく素早く干すとよい。洗濯物を干す場所は、日陰になっている風通しのよい場所で干そう。洗濯物の水分を飛ばしやすい環境で干すことが重要だ。部屋干しするときには扇風機を使うと、効率よく洗濯物の水分を飛ばせるので衣類が乾きやすくなる。洗濯物に水分を残さないことが重要になってくるので、ぜひ扇風機を活用してほしい。

4. 生乾きの臭いを消す予防法

ここでは、生乾きの臭いを消す予防法を紹介する。どれも手軽にできる方法なので、実践してみてはいかがだろうか?

洗剤を水によく溶かしてから使う

洗剤がよく溶けていないまま洗濯を開始してしまうと、洗剤の効果が半減して臭いの原因を防ぐ力が弱まってしまう。洗剤を水によく溶かしてから使うと、生乾きの臭いを予防する効果があるので実践してほしい。

洗濯機に洗濯物を詰め込みすぎない

洗濯機にたくさんの洗濯物を詰め込んでしまうと、十分に洗濯できていないことがある。しっかりと汚れや雑菌を落とすためにも、洗濯機に詰め込みすぎないことが大切だ。

洗濯槽の掃除をする

洗濯機自体にカビなどの汚れがついていると、洗濯物にカビや汚れが付着して臭いがしやすくなってしまう。洗濯槽の掃除をしっかりして、日頃から手入れをしておくとよい。

結論

生乾き特有の臭いの原因は雑菌なので、雑菌を増殖させないことが最重要である。生乾きの嫌な臭いを解消する方法を実践して、生乾きの臭いを消してみよう。日頃から洗濯機の手入れをして、生乾きの臭いを防いでほしい。気持ちよく衣類を着られるようにしよう!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ