このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
キッチンにタイル、DIYできる?シールを使った簡単な方法も紹介!

キッチンにタイル、DIYできる?シールを使った簡単な方法も紹介!

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2020年4月20日

キッチンの壁や床、カウンターなどにタイルを貼るDIYが密かに人気を呼んでいる。なぜ「キッチンにタイル」が人気なのだろうか?タイルの魅力やデメリット、シールを使った簡単なDIYのやり方などを紹介していくので、ぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「キッチンにタイル」が人気!その理由は?

タイルは色や形などデザインが豊富だ。キッチンの壁にタイルを貼るだけでガラッと雰囲気を一変させられる。自分好みのオシャレなキッチンを作れる、というのが「キッチンにタイル」が人気の大きな理由だろう。

タイルの特徴を知っておこう

耐熱性にすぐれている、夏場に触れるとヒンヤリして気持ちがいい、汚れたり色あせたりしにくい、組み合わせ次第で自分好みのキッチンに改造できるなど、タイルが持つメリットは多い。

同系色で揃えたり、場所によって細かく色やデザインを変えて楽しんだり、といったカスタマイズの自由度も幅広い。

一方でデメリットもある。たとえば目地には汚れが溜まり(染み込み)やすい、冬場に触れると冷たい、衝撃に弱いためヒビ割れなどのリスクがある、といった点はタイルの欠点と言えるだろう。

キッチンにタイルを貼ろうと思ったら、よい点ばかりではなく欠点を正しく理解しておくことも大切だ。

2. 「キッチンにタイル」をDIYで実現するには

「キッチンにタイル」をDIYで実現するために必要なモノや手順、注意点、それにリフォーム業者にお願いしたときの費用の目安などを紹介していく。なお、ここでは「キッチンの既存のタイルに重ねてタイルを貼る」流れを紹介する。

キッチンにタイルを貼る際に必要なモノ

・タイル(お好みのデザイン、サイズなど)
・目地材
・タイル用接着剤
・マスキングテープ(タイルを貼らない箇所の養生に)
・タイルカッターまたはタイルニッパー(タイルを必要なサイズにカットする)
・定規、ハンマー(タイルをカットする際に使用)
・ヘラ(接着剤を伸ばすために使用。クシ目であるとタイルがつきやすい)
・スポンジ
・バケツ
・軍手

キッチンにタイルを貼るには、これらのモノが必要になる。タイルを貼る場所の面積はあらかじめ測定し、それにあわせてタイルカッターまたはニッパーでタイルをカットしておこう。

タイルをキッチンに貼る手順

1.マスキングテープで「タイルを貼らない部分」を養生する
2.「タイルを貼る部分」に接着剤を塗る
3.「2」をヘラで均一に伸ばす
4.タイルを貼り付ける
5.目地材を作る(作り方はパッケージを参照)
6.目地に「5」で作った目地材を詰めていく
7.スポンジに水を含ませ、余分な目地材を拭き取る

あとは、目地が乾くのを待てば完成だ。なお所要時間やかかる費用は、タイルの種類やキッチンの面積などによって変わってくる。

リフォーム業者に頼むといくら?

「キッチンに自分でタイルを貼るのはハードルが高い」という方は、リフォーム業者にお願いする手もある。業者やタイルの種類、面積などさまざまな条件によって変わってくるが、施工費用に関しては1平方メートルあたり15,000〜30,000円程度を見積もっておくといいだろう。そのほかの材料費などは、事前に業者に確認しておこう。

キッチンにタイルを貼る際の注意点

賃貸物件にお住まいの方は、キッチンにタイルを貼ってしまうと退去時にトラブルになる可能性が高い。ここで紹介したやり方は、キッチンの既存のタイルに重ねてタイルを貼る方法だが、接着剤を使用するため原状回復が大変になる。勝手にDIYすることは控え、かならず事前に大家や管理会社などに相談してほしい。

3. シールタイプのタイルならキッチンを簡単に模様替えできる

キッチンに、もっと手軽にタイルを貼る方法もあるので、最後に紹介する。

シールタイプのタイルを貼るだけ!

DIYではあるが、シールタイプのタイルならキッチンの壁に貼り付けるだけで済むので、簡単にできる。キッチンの模様替えを気軽に楽しみたい、という方はシールタイプのタイルがいいだろう。

シールタイプのタイルは、ネット通販やホームセンターなどで手に入る。デザインなども豊富なので、完成形をしっかりイメージして選ぼう。

結論

タイルは、自分らしいオシャレなキッチンを作るのにうってつけのアイテムだ。リフォームなど大掛かりな作業をしなくても、シールタイプなら気軽にキッチンの模様替えが楽しめる。いまお使いのキッチンのイメチェンを考えている方は、ぜひタイル貼りにチャレンジしてみてはいかがだろうか?
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ