このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
PCファンの掃除はなぜ必要?自分で掃除する簡単な方法も解説

PCファンの掃除はなぜ必要?自分で掃除する簡単な方法も解説

投稿者:ライター 松本マユ(まつもとまゆ)

2020年4月28日

PCから異音がする場合は、内部に搭載されたファンの周辺にホコリが溜まり影響している可能性がある。ホコリをそのままにするとPCの不具合や故障が生じるおそれもあるため、ファンまわりは定期的に掃除するといいだろう。ここではPCファンの掃除に必要な道具や掃除方法、注意点を解説する。道具さえ用意すれば自分でも簡単にできるので、PCを長く使うためにもキレイにしよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. PCファンの掃除の必要性

掃除の必要性を解説する前に、そもそも「PCファン」とは何なのか解説しよう。
PCの内部では常に熱が発生しており、熱を冷却して外へ逃がさないとショートしてしまう。この内部に溜まった熱を冷却・排気するために付けられているのがPCファンだ。
PCファンには、CPUを冷却するために付けられた「CPUファン」や、PCケースに付いていてパーツを冷やす「ケースファン」がある。

PCファンの掃除はなぜ必要?

PCファンは、内部の熱を冷やす際に外から空気を取り込んでいる。その際に空気と一緒にホコリも吸い込んでしまうため、PCファンのまわりにはホコリが集まりやすい。定期的に掃除し、ホコリを溜めないようにしよう。
もし長期間掃除をせずホコリが溜まったままにしていると、ファンがうまく動作せず熱を排出しにくくなってしまう。その結果、PCから「ブーン」という大きな異音がしたり、PCに不具合が起きたり、故障したりすることにもつながる。

2. PCファンの掃除に必要な道具

PCファンの掃除に使うのは以下の道具だ。普段の掃除でホコリを取るときはハンディモップを使う方も多いかもしれないが、PCファンの中に細かなホコリが入り込まないよう、ホコリをつまめるピンセットを使うのが望ましい。
  • ピンセット
  • ドライバー
  • エアダスター
  • 掃除機
またPCファンを掃除する際には、静電気防止手袋やマスクを着用するのがおすすめだ。

3. PCファンの掃除方法

分解に慣れていない方でも比較的簡単にできるデスクトップ型PCを例に、掃除方法を解説していく。とはいえPCは精密機器なので、あくまで無理のない範囲で掃除しよう。また、内部を開けられない構造になっているものもあるので、事前に取扱説明書を確認してほしい。

1.電源を切りケーブルを外す

まずはPCの電源を切り、コンセントからケーブルを抜いておく。ほかのケーブルや周辺機器などもすべて外す。

2.パネルを外す

PC側面のパネルのネジをドライバーで外す。パネルを取り外し、内部のファンが見えるようにしよう。

3.大きなホコリをピンセットで除去する

ファンのまわりに大きなホコリが詰まっている場合は、ピンセットでホコリを取り除く。ファンの中心にはモーターが搭載されているため、その中にホコリが入り込まないよう注意して作業したい。

4.エアダスターでホコリを吹き飛ばす

大きなホコリが大体取れたら、エアダスターでファンのまわりの細かいホコリを吹き飛ばそう。このときモーターの中にホコリが入らないよう、内側から外側に向かってエアダスターを吹きかけるといい。

5.元に戻す

手順1~2で外したパネルやネジ、ケーブルなどを元に戻す。すべて元に戻したら、最後に電源がきちんと入るかを確認しておきたい。吹き飛ばしたホコリは掃除機で吸い取ろう。

4. PCファンの掃除の注意点

PCファンを掃除する際には気をつけたいポイントがいくつかある。掃除を始める前に必ず確認してほしい。

ホコリ対策で換気やマスク着用を

PCファンの掃除にはエアダスターを使うため、作業中は大量のホコリが舞い散る。部屋は十分に換気し、マスクを着用しよう。

エアコンをオフにする

作業中はエアコンや扇風機などの空調設備をオフにしたい。エアコンからの風でホコリが舞うのを防ぐほか、室内のホコリがPC内部に入り込まないようにするのも大切だ。

PCの電源をオフにする

感電やショートするのを防ぐため、掃除の前にはPCの電源を必ずオフにしよう。デスクトップPCの場合はコンセントからケーブルを抜く。ノートPCの場合は、ACアダプターとバッテリーを外しておくといいだろう。

静電気に注意する

PCの掃除で意外と見落としがちなのが静電気対策だ。静電気が発生するとパーツが故障するリスクもあるため、ファンはもちろんPC内部を触るときは注意したい。静電気防止手袋やリストバンドなどの静電気防止アイテムを身につける、静電気が起きやすい毛糸やアクリルなどの服装は避けるなどの対策をしよう。

結論

PC内部の掃除は素人ではしにくいイメージだが、側面のパネルを外してファンを掃除するだけなら簡単にできるだろう。ファンまわりのホコリを放置すると故障につながることもあるため、ホコリが溜まってきたと感じたらきちんと掃除してPCを長く使ってほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >