このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
予洗いのやり方や効果を紹介!予洗いの実践で効率よく汚れを落とそう

予洗いのやり方や効果を紹介!予洗いの実践で効率よく汚れを落とそう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月 1日

洗濯物の汚れがひどい場合、予洗いが有効である。今回は、洗濯前に行う予洗いを紹介する。予洗いのやり方や効果も解説するので、ぜひ覚えて日々の洗濯に活用してほしい。予洗いは、洗濯前に少し手間をかけるだけで、洗濯物の仕上がりが格段によくなる。予洗いを実践して、効率よく汚れを落とそう!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 予洗いとは

ここでは、洗濯の予洗いについて紹介する。子どもの靴下が泥だらけになってしまったことや、衣類が食べこぼしで汚れてしまった経験はないだろうか?また、洗濯したはずなのに洗濯物の汚れが十分に落としきれていなかった経験はないだろうか?

予洗いとは、いつもの洗濯の前の工程に行うもので、汚れのひどい衣類などを個別で手洗いすることだ。基本的には水だけを使って予洗いする。予洗いは、洗濯機で洗う前の下準備といったところだろう。

2. 予洗いの効果

では、予洗いをすることでどんな効果があるのだろうか?予洗いの効果を紹介しよう。

頑固な汚れが衣類などについてしまった場合でも、予洗いをすることで汚れが落ちやすくなる。洗濯機だけでは落としづらい汚れも、予洗いをすることで効率的に落とすことができる。また、予洗いには消臭効果もある。とくに靴下などの、臭いがつきやすい洗濯物に効果的である。予洗いするのに数分ほどしか時間はかからない。

洗濯前に少しの手間をかけるだけで、洗濯物の仕上がりがキレイになる。とくに泥汚れは通常の洗濯だけでは落ちにくいことが多いが、予洗いは手軽にできるので、ぜひ試してほしい。

3. 予洗いの方法

具体的に予洗いはどのようにすればよいのか?ここでは、予洗いの方法を紹介する。基本的な予洗いは水で行うが、ひどい汚れの場合は洗剤を使用する方法がおすすめだ。

基本的な予洗いの方法

1.洗濯物の固形の汚れを、手で取り除いておく。
2.汚れた部分を水で手洗いする
3.軽く水を絞る

頑固な汚れ(泥、油、皮脂など)がついている場合の予洗いの方法

1.あらかじめ泥などの汚れは叩いて落とす
2.汚れのひどい部分に液体や固形石鹸を塗る
3.硬めのブラシを使いながら、流水で洗剤を洗い流す
(このときシャワーを使うと、汚れをかき出しやすくなる)
4.軽く水を絞る

夏は早めに予洗いをしよう!

夏は気温が高いので、衣類についた雑菌が繁殖しやすい季節だ。汗をかくことも多いので、他の季節に比べて汗の汚れがつきやすい。夏はできるだけ早めに予洗いして、衣類を清潔に保つことが大切だ。

4. 化学繊維の予洗いは洗剤を使う

洗濯物のなかには、化学繊維を使っているものがある。ここでは、化学繊維の予洗いのポイントを紹介する。

化学繊維の予洗いには、洗剤を使うとよい。化学繊維をそのまま水洗いしてしまうと、再汚染という現象が起こってしまうことがある。再汚染とは、落ちた汚れが再び繊維についてしまう現象だ。せっかく予洗いしても再度汚れが付着して、結果的に汚れが残ってしまうのだ。洗剤には、再汚染を防止してくれる作用がある。再汚染のデメリットを回避するためにも、化学繊維には洗剤を使って予洗いをすることが有効である。

結論

予洗いは、洗濯物の汚れをより落としやすくするために有効だ。また、消臭効果も期待できるのでぜひ試してほしい。予洗いは初心者でも簡単にできるので、子どもと一緒に挑戦してみるのもおすすめだ。汚れや臭いが気になる洗濯物だけを予洗いして、より気持ちよく洗濯物を仕上げてみてはいかがだろうか?

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >