このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
汗抜きクリーニングってなに?効果や注意点・業者の選び方も紹介

汗抜きクリーニングってなに?効果や注意点・業者の選び方も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月 5日

家庭で洗うことが難しいスーツや制服の、汗の汚れや臭いが気になったことはないだろうか?今回は、汗抜きクリーニングの効果や注意点・業者の選び方を紹介する。スーツを気持ちよく着るために、汗抜きクリーニングのことを知っておこう!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 汗抜きクリーニングとは

汗抜きクリーニングとは、家庭で洗うことのできないスーツや制服をプロが水洗いしてくれるものだ。汗抜きクリーニングは、汗抜き加工と呼ぶこともある。
洗濯のプロが特殊な洗剤を使い、手洗いやつけ置きをして衣類を洗ってくれる。家庭でスーツや制服を水洗いすると、型崩れてしまったり繊維を傷めたりする原因にもなる。汗抜きクリーニングを利用することで、型崩れせずにスーツや制服を洗い上げてくれるのだ。

2. 汗抜きクリーニングの効果

汗抜きクリーニングにはどういった効果があるのか見ていこう。
水洗いが難しいスーツなどをクリーニング業者に依頼した場合、油溶性の汚れに有効なドライクリーニングを施されるのが一般的だ。ドライクリーニングだけでは、汗による水溶性の汚れは残ってしまう。
オプションとして汗抜きクリーニングを依頼することで、汗によるシミや黄ばみ、悪臭やべたつき感、繊維の劣化や虫食いなどを防ぐことができる。
汗抜きクリーニングを行えば、大切な洋服を長く気持ちよく着られるのだ。

3. 汗抜きクリーニングを依頼するときの注意点

汗抜きクリーニングを依頼するときの注意点を紹介する。
汗抜きクリーニングは手作業で仕上げるので、業者の技術力によって仕上がりに差がある。汗抜きクリーニングに力を入れている店もあれば、そうではない店もあるということを知っておくとよい。
また、汗抜きクリーニングは他のクリーニングよりも、業者の手間と時間がかかる。よって、費用も高くついてしまうので注意したい。費用の相場は1,000円前後なので、詳しい費用はクリーニング店に直接電話で確認してみるとよい。気軽に教えてくれるだろう。
また、汗抜きクリーニングを利用する頻度は、2〜4週間に1回を目安にするとよい。

4. 汗抜きクリーニング業者を選ぶポイント

ここでは、汗抜きクリーニング業者を選ぶポイントを紹介する。

仕上がりまでの期間が短い業者を選ぶ

衣類を汗抜きクリーニングに出すと、仕上がりまでに時間がかかることが多い。できるだけ早く仕上げてくれる業者を選ぶとよい。

洗濯の技術力で選ぶ

せっかく汗抜きクリーニングを頼んだのに、しっかりと汗や臭いが落ちてないのでは意味がない。洗濯をしっかりとしてくれる技術力の高い業者を選ぼう。

料金で選ぶ

汗抜きクリーニングはオプション扱いになってしまうことがほとんどである。通常のクリーニング費用にプラスして汗抜きクリーニングの料金が加算されるので、なるべく料金の安い業者を選ぶと、利用しやすいのでおすすめだ。

結論

汗抜きクリーニングを利用すると、普段取ることのできない汗の汚れや臭いを取ってくれる。家庭で洗うこができない衣類を、汗抜きクリーニングに出して効果を実感してほしい。まずは、納期や料金など納得のいく業者選びからはじめてみよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >