このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
冷蔵庫整理に悩める方が知らない「コツ」とは?おすすめグッズも紹介

冷蔵庫整理に悩める方が知らない「コツ」とは?おすすめグッズも紹介

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2020年4月 4日

まとまらない冷蔵庫にお悩みではないだろうか?何がどこにあるかわからなくなると、同じものを買い足してしまったり消費期限が切れるまで気づかなかったりなど、何かと弊害が多い。冷蔵庫整理のコツや整理に便利なグッズなどを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 冷蔵庫整理には「コツ」があった

整理をしてもすぐに冷蔵庫内が乱雑になってしまうという方は、冷蔵庫整理の「コツ」を知らないだけかもしれない。まずはそのコツについて見ていこう。

1.ジャンル別に配置を考える

冷蔵庫整理が苦手な方は、収納場所が固定できていない可能性がある。出し入れするたびに違う場所(そのときあいている場所)になんとなく収納していないだろうか?冷蔵庫の大きさなどによっても変わってくるが、ジャンルごとに分けて収納場所を固定するだけでも整理しやすくなるので、ぜひ試してほしい。

2.いったん取り出す

大まかな配置が決まったら、いま冷蔵庫の中にあるものを取り出そう。先に取り出してから「1」の配置を考える流れでも構わないが、その場合は食材の温度上昇を防ぐため、氷などを入れたクーラーボックスを用意しておこう。

3.「1で決めた配置に並べていく」

並べつつ、使わないものや消費期限が切れているものがないかチェックし、不要であれば処分してしまおう。なるべくものを少なくすることも、冷蔵庫整理のコツになる。

4.「今日の残り」の収納スペースを作っておく

デッドスペースがないくらいピシっと整理できている冷蔵庫は、見ていて気持ちがよい。だが、「今日の残り」を置くスペースは考えているだろうか。食べきれなかったものを冷蔵庫に収納する際、いま入っているものを移動させてスペースを作って...となると、整理どころか乱雑になる可能性がある。

詰め込みすぎず、容量に余裕を持たせておくことも、上手な冷蔵庫整理のコツなので覚えておこう。

2. 冷蔵庫整理のアイデア

上手な冷蔵庫整理のためのアイデアは豊富にあるが、そのなかの一例を紹介する。

「小分けパック」でスペースを有効活用

肉類や野菜類などは、1食分ずつ小分けにしてラップで包み、タッパーに入れておくと整理がしやすい。普通に重ねてもよいが、立てて収納できればより効果的にスペースを使えるだろう。中身が見えるようにし、ラベルを貼って日付を記入しておければベストだ。

消費期限が近いものは「手前」を基本に

ものにもよるが、消費期限が近いものを手前にすることで「手前から順に消費する」というルールが作れるので、整理したあとの冷蔵庫内が散らかりにくくなる。手前のものをいったん出す→奥のものを取り出す→手前にあったものを戻すといった手間も省けるため、冷蔵庫内の温度上昇を抑えることにもつながるだろう。

冷蔵庫内は「トレー収納」も便利

「ご飯のときに毎回食卓に出すもの」「朝食セット」などを分けてトレーに収納すれば、毎回そのトレーを引き出すだけで済むので、整理しやすくなる。

野菜室は「仕切り」を設けると整理しやすい

野菜は形や長さなどがバラバラなので、どうしても整理しにくい。だが、たとえばひとつの野菜室を6等分に仕切れば、そこに合わせて野菜をカットして収納するだけなのでごちゃごちゃしにくくなる。

意外なアイテム「ダブルクリップ」が活躍

チューブタイプの調味料や小袋などは、ドア側のトレーに引っかけることができるダブルクリップを活用しよう。挟んでトレーから吊り下げておけば、トレーの容量を圧迫することなくキレイに収納できるはずだ。

3. 冷蔵庫整理に使えるグッズ3選

最後に、冷蔵庫整理に便利なグッズを3つ紹介する。

セリア「みそストッカー」

パックごと密閉保存できる、持ち手付きのみそストッカー。もちろん味噌の収納にも便利なのだが、Lサイズの玉子も10個ほど入るほか、チューブタイプの調味料なども収納できる。冷蔵庫の中の、ちょっとした小物を整理したいときに役立つグッズだ。

無印良品「整理ボックス」

幅約8.5cm、奥行き約25.5cm、高さ約5cmという整理ボックス。シンプルでスタイリッシュな無着色のPP(ポリプロピレン)製なので、いろいろな冷蔵庫に合わせやすい。サイズも豊富にあるので、スペースに応じて選べば効率よく収納できるだろう。

ニトリ「整理トレー(L)」

幅17.5cm、奥行き40.5cm、高さ5.3cmの整理トレー。LサイズのほかSやMがあり、冷蔵庫の奥行きなどによってはSとLを組み合わせて使うこともできる。底が滑り止めになっているので、引き出す際にものがズレにくいといった長所もある。

結論

冷蔵庫整理のコツは「ジャンルごとの定位置」を決めること、そして「今日の残りを入れるスペースを確保」しておくこと。お使いの冷蔵庫のサイズなどにより適した収納グッズが変わってくるが、ジャンルと定位置が決まっていれば探しやすくなるだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >