このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ワイヤーネットでスッキリ!キッチン・脱衣所・浴室におすすめの収納例

ワイヤーネットでスッキリ!キッチン・脱衣所・浴室におすすめの収納例

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月13日

ワイヤーネットは今、DIYで人気を集めている便利アイテムである。ワイヤーネットを組み合わせればラックや棚などが簡単に作成できる。サイズ展開も豊富なため、自宅の空きスペースにピッタリサイズの収納を作れるのが強みだろう。今回はそんなワイヤーネットを使ったおすすめの収納例を紹介する。ぜひこの記事を参考に、便利な収納のDIYにチャレンジしよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ワイヤーネットとは

ワイヤーネットとはワイヤーでできた金網のようなアイテムである。そのままの状態だと用途が少し分かりにくいが、主に網目の中にフックやかごをひっかけたり、ラックをかけて収納スペースにして使用する。白が基本カラーだが、黒、ピンク、シルバー、クロムメッキなどのカラー展開をしている店もある。メッシュ構造なので全体的に軽く、取り付けが簡単なのが特徴だ。ワイヤーネットを1つ取り付けるだけでデッドスペースだった壁に物をかけられるようになる。サイズ展開も多いためワイヤーネットを使えば「ここに収納スペースが欲しい」と思った場所にピッタリサイズの収納が手軽に作れるだろう。また、ワイヤーはコーティングされているため水気の多いキッチンや浴室でも使用できる。100均でも取り扱いがあり、値段が比較的安価な点も魅力だ。

2. 収納に便利なワイヤーネットと一緒に揃えたいグッズ

ワイヤーネットで収納をDIYするなら、揃えておきたいおすすめグッズを紹介する。

壁掛け収納におすすめの「フック」

ワイヤーネットを設置したら、網目の部分にフックをかけよう。すると、フック部分にすぐに物をかけて収納できるようになる。一般的なS字フックを使用しても良いが、最近ではワイヤーネット専用のフックなども発売されている。よりしっかりと固定できるため、落ちたら壊れるものなどは専用フックを使うといいだろう。

ワイヤーネット同士を繋げる「結束バンド」

結束バンドを使えば、ワイヤーネット同士を簡単に繋げられる。複数のネットを繋げて大きなサイズの壁面収納にしたり、四隅を繋げて箱状にしたりとさまざまなアレンジを試そう。

収納スペースを増やすための「ラック」

ワイヤーネットとセットで使うともっとも便利なアイテムがラックだろう。壁などに設置したワイヤーネットの網目部分に、同じくワイヤーでできたラックをセットする。これだけでラックがポケット状になり、物をひっかけるだけでなく小物入れのように収納できる。収納スペースが一気に広がるため、ぜひ試してもらいたい。

3. キッチンでワイヤーネットを使った収納例

水にも強いワイヤーネットはキッチン収納でも活躍する。キッチンツールは細々としており数も多い。キッチン収納を増やすなら、衛生面にも気を使った「吊るす」収納がおすすめだ。

ワイヤーネットのおすすめ設置場所

・冷蔵庫などマグネットが使える場所
・コンロ周りの壁面

キッチン収納の作り方

ワイヤーネットを壁掛けし、収納の土台を作る。冷蔵庫などのマグネットが使える場所なら、マグネット式のフックを付けるだけで固定ができるのでおすすめだ。設置したワイヤーネットにフックをかけたら、フライ返しやおたまなど重すぎない調理器具を吊るす。調味料などを収納したい場合はラックを追加しよう。

4. 脱衣所でワイヤーネットを使った収納例

脱衣所と洗面所も毎日使うスペースだが、ついつい物が多くなりがちである。また、十分なスペースがあるケースは少なく、収納には悩まされるだろう。そんな時こそワイヤーネットで収納スペースを増築しよう。

ワイヤーネットのおすすめ設置場所

・洗濯機上部などのデッドスペース
・洗面所付近の壁面

脱衣所収納の作り方

脱衣所の収納でおすすめなのがラック式のタオル入れ。タオルは数が多くたたむと意外とかさばり収納スペースを圧迫してしまう。ワイヤーネットに大き目のフックまたはかごを取り付けてタオル用の収納棚を作ろう。ラックにタオルを置いておけば手が濡れていてもサッと取り出せるので便利である。その他にもラックを増設し、歯ブラシや整髪料を入れれば脱衣所の収納が一気にスッキリするだろう。

5. 浴室でワイヤーネットを使った収納例

最後は浴室での収納例を紹介する。ワイヤーネット以外で浴室内に収納が作れる素材は少ない。これもワイヤーネットの強みの1つだ。

浴室収納の作り方

システムバスの壁にはマグネットが付く場合が多い。マグネット式のフックを2つ用意し好きな場所にワイヤーネットを設置しよう。ラック式にすればシャンプーやボディソープなども1箇所にまとめられる。ラックに入れて収納することで、床面と接触しなくなるので液漏れによるぬめりから解放されるだろう。また、掃除用具だけをワイヤーネットで収納しても便利である。必要な数だけフックを増設し、たわしやスポンジなどを吊るして収納しよう。

結論

ワイヤーネットは自由度が高く設置も簡単なため、収納スペースの増設には最適だ。材料費も数百円から始められるので、DIY初心者でも始めやすい。今までDIYをしたことが無い方もこれを機にワイヤーネットを使って、初めてのDIYにチャレンジしてもらいたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >