このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
乾燥機の使用でダウンジャケットがふわふわに!かけるポイントも解説

乾燥機の使用でダウンジャケットがふわふわに!かけるポイントも解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月 6日

冬に活躍するダウンジャケットは、寒い季節から身を守ってくれるアイテムだ。ダウンジャケットを何度も着ているうちに、ふわふわ感がなくなってしまったことはないだろうか?今回は、乾燥機でダウンジャケットを手入れするときのポイントや重要性を解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ダウンジャケットの乾燥機の重要性

ダウンジャケットは、羽毛が入っている衣類で非常にあたたかく、冬に利用する方も多いだろう。ふんわりしたダウンジャケットは、保温性も高く着心地もよい。ここでは、ダウンジャケットをケアするうえでの乾燥機の重要性を解説する。

水洗い可のダウンジャケットは家庭でも洗濯ができるが、いざ洗ってみるとボリュームが落ちることがある。だが、最後に乾燥機を使うことでふんわりとしたボリュームある仕上がりにできる。これは、空気を取り込むことで、ダウンジャケットのなかに入っている羽毛同士に空間が生まれるためだ。そのため、保温性もよくなり、乾燥機を使う前よりもあたたかさを感じることができる。

以上の点から、ダウンジャケットを洗濯するうえで乾燥機の重要性が非常に高いことがわかる。ふわふわしたダウンジャケットは、着心地もよくなるのでおすすめだ。クリーニング店に出すことなく自身で簡単にできるので、ぜひ試してみてほしい。

2. ダウンジャケットを乾燥機にかけるときのポイント

乾燥機を使うときのポイントはあるのだろうか?ここでは、乾燥機でダウンジャケットを手入れするときのポイントを解説する。

まず、乾燥機を使う前に、外せるパーツはすべて外す。また、ファスナーは閉めて、裏返しする。ダウンジャケットを濡れたまま乾燥機に入れてしまうと、繊維が傷んでしまうことがある。ダウンジャケットが傷まないように、乾いた状態にしてから乾燥機を使ってほしい。直射日光の当たらないところで自然乾燥させてから、乾燥機にかけるように注意したい。また、ダウンジャケットはドラム式の乾燥機のなかでよくかき混ぜられることで空気を含むため、1度に入れるのは1、2着程度にしておこう。以上のポイントを押さえて実践してほしい。

3. ダウンジャケットはコインランドリーの乾燥機もおすすめ

自宅の乾燥機を使ってダウンジャケットをふんわりさせることもできるが、コインランドリーで乾燥機を使うのもおすすめだ。家庭用の乾燥機よりも大きく、ダウンジャケットをよりふわふわに仕上げられる。

また、家庭用の乾燥機と違い、高温や低温など温度が設定できる。乾燥機にダウンジャケットを入れる際は、低温設定にするのがコツだ。高温設定でかけると羽毛を傷めてしまうこともあるので、必ず低温設定にして乾燥機にかけよう。

一般的に乾燥機は10分100円程度の料金で利用することができるので、たとえばダウンジャケットを30分かけたとしたら300円前後となる。子どもと散歩がてら、近所のコインランドリーを利用してみてはいかがだろうか?

結論

乾燥機を使うことで、ダウンジャケットを簡単にふわふわにすることができ、保温機能を高めることができる。ちょっとしたひと手間で仕上がりがアップするので、おすすめだ。冬に使ったダウンジャケットをすっきりと洗ったら乾燥機でふわふわにして、来年の冬に備えよう!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >