このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
天日干しの利点と欠点を知ろう!殺菌効果や効率的な時間帯などまとめ

天日干しの利点と欠点を知ろう!殺菌効果や効率的な時間帯などまとめ

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2020年4月 7日

洗濯物を干すときに、天日干しや陰干しなどは意識しているだろうか?「天日干しのほうがいいに決まっている」と思い込むのは、やや早計かもしれない。天日干しの効果や利点、欠点、より効果を発揮する時間帯などをまとめたので、ぜひ参考にしていただきたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 天日干しの効果とは?まずはメリットを知ろう

改めて説明するまでもないが、天日干しとは洗濯物などを日光に当てて干すことを言う。濡れた衣類を乾かすのもそうだが、布団などを洗わずに天日干しすることもある。カラッと晴れた日には、天日干しをしたくなるものだ。なぜ天日干しがよいと言われているのか、そのメリットや効果を見ていこう。

天日干しの効果とメリット

・早く乾く
・雑菌の繁殖を抑えられる
・ダニ対策になる
・殺菌効果や消臭効果が望める

天日干しには、こうした効果やメリットがある。もう少し具体的に解説しよう。

天日干しをした場合、太陽の光(熱)を直接浴びるため、濡れた洗濯物は陰干ししたときと比べて格段に早く乾く。早く乾くということは、それだけ「雑菌の繁殖」を抑えることにつながっている。生乾きのあのイヤなニオイは、乾くまでに時間がかかることで雑菌が繁殖してしまうことが原因だ。天日干しなら雑菌が繁殖する前に乾くため、生乾きのニオイ対策になる。

また、太陽が放つ光(紫外線)には殺菌効果がある。菌が減ればニオイの元も断つことができるので、消臭効果も望めるというわけだ。これは、洗っていない布団やクッションなどを天日干ししたときにも有効で、湿気を飛ばすことで湿気や汗のニオイなどを解消できる。その結果、死滅まではさせられないが、一時的にダニの繁殖を抑える効果が望める。

2. ただし天日干しにはいくつかデメリットもある

一見するとメリットしかないように思える天日干しにも、実はデメリットがある。知らずに天日干しをしてしまうと、思わぬトラブルを招くおそれがあるため、メリットとあわせて正しく理解しておこう。

天日干しのデメリット

・紫外線によってダメージを受ける素材がある
・時間帯によって生乾き臭が残ってしまうことがある
・日光に当たる時間が長すぎるとダメージを受けることがある
・花粉やホコリなどが付着することがある

天日干しにはこうしたデメリット(リスク)があることも覚えておこう。

とくに天然繊維を天日干しするのは、慎重になったほうがいいかもしれない。天然繊維とは、麻やシルク、綿などだ。これらは紫外線に弱いため、天日干しをすると傷んだり色あせたりすることがある。色あせが心配な服や、大切に着続けたい天然繊維の服などは、風通しのいい場所で陰干しをすることをおすすめしたい。

また天日干しをする時間帯によっては、日光が十分に当たらなかったり、大気中に湿気が多く含まれていたりする。思っていたほど効率よく乾かなければ、生乾きのニオイが残ってしまうこともあるので覚えておこう。

紫外線には殺菌効果があるため、当たる時間が長いほうがより効果的に感じるかもしれない。だが、たとえば布団などは長時間天日干しをすると、中綿が傷むことがある。

ほかにも、天日干しをした場合、大気中のホコリや排気ガス、花粉などが付着することがある。取り込む前に軽く振り払うなどして、汚れを部屋に持ち込まないようにしよう。

3. 天日干しが効果を発揮する時間帯とは

天日干しをする時間帯は「太陽が照り始めて少し経ったくらいから、太陽がもっとも高くなった少しあと」を基準にしよう。

時間に制約がある方は仕方がないかもしれないが、早朝の太陽が出始めた時間帯は、紫外線こそ少ないが湿気が残っているため、天日干しにはあまり向かない。夜も湿気があることと、紫外線がないことから天日干しには向かないだろう。

太陽がある程度の高さまできたら天日干しを始め、西へ傾き始める前に取り込むというのが、天日干しの効果的な時間帯とやり方だ。

なお布団を天日干しする際は月2回程度、午前中の1〜2時間を使って干すのを基本にしよう。途中で裏返すとより効果的だ。また靴やバッグといった革製品も、週1回程度を目安に天日干ししておくとカビ対策になる。

結論

天日干しは万能ではないが、コストの掛からないニオイ対策や殺菌方法のひとつだ。お伝えしたように、ただ日向に干すだけではなく、効果的な時間帯や向いている素材、向いていない素材などがある。トラブルを防ぐためにも、正しく理解しておこう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >