このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ディッシュラックでおしゃれに収納!種類や上手な選び方をチェック

ディッシュラックでおしゃれに収納!種類や上手な選び方をチェック

投稿者:ライター 吉田梨紗(よしだ りさ)

2020年4月 7日

「皿の量が多くて整理が難しい…」そんなときに便利なのがディッシュラック(ディッシュスタンド)だ。収納力が格段にアップし、出し入れがしやすく使いやすい食器棚になる。この記事ではディッシュラックのもつメリットや種類といった基礎知識を解説する。選び方や手作りアイデアもあわせて紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ディッシュラックとは?

ディッシュラックの基礎知識について解説しよう。使うメリットを確認しておけば、活用の幅が広がる。

ディッシュラックとは?

ディッシュラックは皿などの食器類を収納するために使う専用の棚だ。雑多な印象になりがちな皿を、キレイに並べて整理できる。

ステンレスや木製、プラスチックなど材質はさまざまだ。水切りトレーがついたタイプや、折りたたみタイプもあるので、用途や使い方に合ったものが選べる。

ディッシュラックのメリット

何枚も重ねて収納するより出し入れがしやすく、使いやすい。デッドスペースの有効活用にもつながるため、収納できる皿の数が増えるだろう。

ディッシュラックをいくつか並べて使えば、分類して整理することが可能だ。「奥に入った皿が取り出しにくい」「どこにどの皿があるかわからない」そんな悩みを解決してくれる。

デザイン性に優れたディッシュラックは多く、見せる収納にピッタリだ。お気に入りの皿を立てて、おしゃれにディスプレイしよう。

2. ディッシュラックの種類

ディッシュラックにはいろいろなタイプがある。用途や使用場所によって適したものが違うので、それぞれの特徴をチェックしておこう。

縦置きタイプ

皿を立てるタイプのディッシュラックだ。コンパクトに収納でき、必要な皿をサッと取り出せる。深い引き出しに入れれば、上から取り出して使うことが可能だ。

ただし、深い皿や茶碗は収納できない。薄い皿専用だ。皿のサイズが大きすぎると、食器棚に収まらない場合もあるので注意しよう。

横置きタイプ

横置きタイプのディッシュラックでは、皿を重ねて収納する。2~3段ほどになっており、上と下に皿を分類して収納することが可能だ。無駄になりがちな上の空間を上手く使うことで、デッドスペースの有効活用ができる。

縦置きタイプと違って、深めの皿や茶碗なども問題なく収納できる。ただし、重ねて収納するので、やや皿の出し入れがしにくいといったデメリットもある。

3. ディッシュラックの上手な選び方

ディッシュラックは選び方が重要だ。上手に選ぶ3つのポイントについて、詳しく説明する。

皿のサイズと棚の高さ

ディッシュラックのサイズが大きすぎたり、小さすぎたりすると、皿がスッキリと収まらない。対応するサイズが記載してあるため、収納したい皿に合ったものを選ぼう。

食器棚に入れる場合は、高さと奥行きを正確に測っておくと選びやすい。ピッタリのディッシュラックであれば、置いたときの見た目もキレイだ。また、縦置きタイプのディッシュラック選びでは、縦にした皿が食器棚に収まるかの確認が必要になる。

デザイン

食器棚に入れて使う場合は統一感が重要だ。ディッシュラックのカラーを揃えて並べれば、スッキリと収納できる。シンプルなデザインのディッシュラックならば、食器棚に馴染みやすく、嵩張らないので使いやすい。

見せる収納にするなら、デザイン性が高いディッシュラックがよいだろう。1枚用のディッシュラックにとっておきの皿を飾ってもOKだ。

水切りラックとして使うなら?

ディッシュラックに洗ったあとの皿をふせるなら、水に強いステンレス製やプラスチック製を選ぼう。木製やスチール製のディッシュラックだと、錆びたり腐ったりといったリスクがある。

下にタオルを敷いて使えば、皿から落ちた水気を吸い取れる。水切りトレーがついたタイプなら、下に水が溜まる心配がないので使いやすい。

4. 手作りディッシュラックの作り方

ディッシュラックの手作りアイデアについて紹介する。簡単に実践できるので、ぜひ活用してほしい。

重ねて固定

100均でも購入できるディッシュラックはDIYに活用できる。ワイヤーでできた横置きディッシュラックを重ねることで、段数を増やすことが可能だ。

結束バンドを使ってしっかりと固定すれば、外れる心配はない。高めの棚に入れたり、そのまま置いて皿をディプレイしたりと、収納の幅が大きく広がるだろう。

応用で棚を作る

縦置きディッシュラックを使って、小さな棚を作ろう。縦向きに壁に固定して板を渡せば、簡易的な収納棚になる。板をかける位置を変えることで、棚の数や高さの調節が可能だ。

木製タイプの縦置きディッシュラックであれば、左右の棒をつないでいる部分をカットして使用してもよいだろう。幅を好きな広さに設定できるので、大きめの棚を作成できる。

結論

皿をわかりやすく収納したいならディッシュラックの出番だ。縦置きタイプと横置きタイプがあるので、設置スペースや食器の大きさに合ったものを選ぼう。デザインにこだわって、見せる収納にするのもおすすめだ。キレイで使いやすい食器棚を作るために、ディッシュラックを活用してほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >