このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
デスク周りは収納で劇的に変わる!スッキリ片付けるコツを紹介

デスク周りは収納で劇的に変わる!スッキリ片付けるコツを紹介

投稿者:ライター 吉田梨紗(よしだ りさ)

2020年4月16日

仕事を行う会社のデスク周りには、いろいろな物を置いてしまいがちだ。ゴチャゴチャしすぎて使いづらいと感じたり、小物をよく紛失したりといったケースは多いだろう。この記事では、デスク周りをスッキリと収納するポイントについて解説する。便利な収納グッズを併せて紹介するので、使いやすいデスク作りに役立ててほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 職場のデスク周りを綺麗に収納するメリット

会社のデスク周りを整理整頓するメリットは2つだ。使いやすく収納するとどのような効果が期待できるのか、詳しく解説する。

集中力がアップ

自分のスペースであるデスク周りが散らかっていると、いろいろな物が視界に入ってしまう。そちらに気を取られることで、作業を中断してしまうこともあるだろう。

スッキリと収納できれば余計な物が視界に入らなくなる。集中力がアップするので、仕事の質がよくなるだろう。

作業効率がアップ

散らかったデスク周りは、どこに何があるのかわかりにくい。ペンやメモ帳、ポストイットといった小物を紛失して、探すのに手間取ってしまうこともあるだろう。

スッキリと収納して整理できれば、何がどこにあるのかわかりやすくなる。探す手間が省けるので、作業の効率がグンとアップするのだ。

書類の紛失や間違いといったミスを防ぐことにもつながる。些細なイライラがなくなり、精神的な余裕が生まれるので、仕事へのやる気が維持しやすい。

2. デスク周りをすっきり収納するコツ

デスク周りをスッキリ収納するポイントについて解説する。3つのコツを実践するだけで、デスクが使いやすくなるので、ぜひ実践してほしい。

不要なものを捨てる

物が多いとデスク周りは散らかりやすくなる。仕事に不必要なものは捨て、本当に使うものだけを収納するのがポイントだ。

デスクの上に置いてある物はもちろん、引き出しに入っている物も一度全て確認しよう。1ヶ月以上使わなかったなど、捨てる基準を決めておけば整理がスムーズになる。

定位置を決める

物の定位置を決めて収納すれば使いやすいデスク周りになる。使ったあとはまた同じ場所に戻すことで、散らかるのを防止することが可能だ。書類や文房具など、分類してからまとめて収納すれば、どこに何が入っているか覚えやすい。

使う頻度で仕分けする

デスク周りでよく使う物は、取り出しやすい場所に置いておこう。引き出しなら上段の手前が一番取り出しやすい。使う頻度で仕分けをすると、どこに収納すればよいのか自然とわかる。

ただし、よく使う物でも、デスクの上に置きすぎるとゴチャゴチャした印象になる。パソコンや電話など最低限のものだけ厳選したら、あとは引き出しに収納しよう。

3. デスク周りのおすすめ収納術

デスク周りが使いやすくなるおすすめの収納術を紹介しよう。使っているうち散らかりがちな、書類と引き出しを収納するポイントについて解説する。

書類の整理

書類はファイルボックスに立てて収納すると、スッキリとまとまる。サイズの揃ったファイルで分類すれば、スッキリとまとまった印象になるだろう。

デスク周りの書類を収納するポイントは、終わった案件と取り掛かる前の案件を分けることだ。終わった書類からファイルボックスに移せば、仕事の見落としがなくなる。

引き出しの収納

ポストイットやペン類など紛失しやすい小物は、混ざらないように仕切りで分類しよう。引き出しに収まるようにトレイや空き箱を並べれば、デスク周りをわかりやすく整理できる。

下の段にある深い引き出しには、ファイルボックスを並べると使いやすい。書類などを分類して入れ、使う頻度が高いものを手前に置くのがポイントだ。

4. デスク周りの収納で活躍する便利グッズ

デスク周りの収納に役立つグッズを3つ厳選した。実際に使ってみて、その便利さを実感してほしい。

卓上パソコンラック

パソコンのモニターを机上PCラックの上に置けば、下にキーボードを入れられる。使わないときに収納することで、作業スペースを広げることが可能だ。引き出しやUSBポートが付いているタイプもあるので、使いやすい商品を選ぼう。

ケーブルクリップ

デスク周りのケーブルがそのままだと、散らかった印象になる。ケーブルクリップを使ってスッキリとまとめよう。デスクに設置できたり、複数のケーブルをまとめられたりと、いろいろなタイプから選べる。

マグネットフック

マグネット式のフックなら、デスクの横や内側に取り付けることが可能だ。バッグをかけたり、吊るす収納にしたりすれば、デスク周りがスッキリと片付く。対応できる重量は商品によって違うので、かけたい物によって選ぼう。

結論

デスク周りが散らかったままだと、仕事に支障がでることがある。スッキリと収納するにはコツが必要だ。必要なものを厳選したり、使う頻度で仕分けたりすれば、キレイに片付く。紹介した収納術を実践して、使いやすいデスク周りを実現してほしい。集中力や効率アップにもつながるので、仕事が捗るようになるだろう。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ