このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
窓ガラスを掃除するときのポイントは?簡単にできる裏技を紹介

窓ガラスを掃除するときのポイントは?簡単にできる裏技を紹介

投稿者:ライター 吉田梨紗(よしだ りさ)

2020年4月18日

窓ガラスは手垢など汚れがつきやすく、透明なので目立ちやすい。小まめな掃除が必要だが、ただ擦っても落ちないケースは多いだろ。この記事では、窓ガラスの簡単な掃除方法について解説する。高所や車の窓ガラスなど、場所別の掃除方法と併せて紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 窓ガラスの簡単な掃除方法

室内は手垢やホコリ、室外だと花粉や雨など、窓ガラスにはいろいろな汚れが付着する。キレイに掃除するために必要な道具と方法について、詳しく解説しよう。

新聞紙を使った掃除方法

新聞紙のインクには手垢を分解する効果がある。洗剤不要でキレイにできるので、ちょっとした窓ガラス掃除にもおすすめだ。クシャクシャに丸めて水を含ませてから拭いていこう。

上から下に向けて、クルクルと回すように拭くのがポイントだ。水が残ると跡になるので、濡れていない新聞紙で水分を吸い取ろう。

窓用ワイパーを使った掃除方法

窓ガラスの掃除には窓用ワイパー(スクイジー)が便利だ。一度に広い範囲を掃除でき、水滴の除去にも使用できる。表と裏を同時に掃除できる両面タイプなら、家事の手間を減らせるだろう。

スプレーボトルに水を入れて使うか、窓用の洗剤を使用する。窓ガラスに吹きかけてから、窓用ワイパーを上から下に動かしていこう。汚れが軽い内側からはじめて、酷い外側の順で掃除していくのがポイントだ。

一度下まで拭く度に、乾いた布で窓用ワイパーについた水滴を拭く。掃除のあとは窓の縁に水分が溜まるので、布を使って四角く拭いていこう。

2. 窓ガラスを掃除する際の注意点

窓ガラスを掃除するときの注意点は2つだ。仕上がりにも影響するので、掃除をするまえにチェックしておこう。

二度拭きに注意

乾いた布で窓ガラスを二度拭きすると、繊維や拭き跡が残ってしまう。ただし、水が付着したままでも跡が残るので、乾燥した新聞紙や窓用ワイパーで水分を除去する。

吸水性が高いマイクロファイバークロスを用意しておくと便利だ。窓ガラス専用の商品なら、繊維や拭き跡が残る心配がない。

素早く掃除を終わらせる

水や洗剤で濡らした窓ガラスが途中で乾いてしまうと、汚れがこびり付いてしまう。湿った状態をキープできるように、短時間で掃除を終わらせるのがポイントだ。

一度に複数の窓ガラスに水や洗剤をつけると、掃除をしている途中で乾いてしまう。必ず1枚ずつ掃除を行い、終わったら次の窓ガラスに移ろう。

3. 高所の窓ガラスの掃除の仕方

天窓や吹き抜けの窓ガラスには手が届きにくいため、掃除するのは大変だ。高所を安全に掃除する方法を解説するので、ぜひ実践してほしい。

柄が長い窓用クリーナーを使う

柄が長いタイプの窓用ワイパーを使えば、手が届かない高所の窓ガラスでも掃除しやすい。
また、窓掃除用のロボットを使えば、自動で掃除をしてくれる。

ただし、あまりに高い場所の窓ガラスだと、窓用ワイパーが届かなかったりロボットが設置できなかったりするので、他の方法を考えよう。

プロに依頼する

脚立やハシゴに登って掃除する方法もあるが、落下のリスクが考えられる。無理をして怪我をするより、プロの業者に依頼したほうが安全だ。

専用の道具や技術があるので、高所にある天窓や吹き抜けの窓にも対応できる。サッシや網戸など、窓ガラス以外の部分までキレイにすることが可能だ。

4. 車のフロントガラスの正しい掃除方法

車のフロントガラスやサイドのガラスにはホコリや砂、結露などさまざまな汚れが付着する。内側と外側にわけて、詳しい掃除方法を解説しよう。

内側の掃除

水を使って窓ガラスを拭くのが基本の掃除方法だ。水を布にたっぷりと含ませて拭いたあとは、違う布でサッと乾拭きしよう。

落ちない油性の汚れには、車の窓ガラス用洗剤や消毒用アルコールが有効だ。吸水性が高いマイクロファイバークロスを用意しておくと、短時間で水分を拭き取れる。

外側の掃除

洗車のときのようにスポンジとカーシャンプーを使う。まずは水をたっぷりとかけて、ホコリや砂を落としておこう。

カーシャンプーをスポンジに含ませて磨いてから、水を使ってキレイに流すのが、基本の掃除方法だ。基本的な方法は洗車と一緒なので、一度に行ってしまえば掃除の手間が省けるだろう。

あとは布やマイクロファイバークロスを使って、素早く拭き取ろう。油性の汚れがある場合は、洗ったあとに油膜除去剤を使って落とす。あとは水を流して拭き取れば、車の窓ガラスがピカピカになる。

結論

窓ガラスは掃除の方法次第で仕上がりが変わる。手垢や汚れがついたままだと汚い印象を与えるので、小まめな掃除が必要だ。軽い掃除なら新聞紙を、しっかりと掃除をするなら、窓掃除専用ワイパーや窓用の洗剤を用意しておこう。高所の窓ガラスや車のフロントガラスも、それぞれ適した方法で掃除してほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >