このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ベランダストッカーの種類や選び方は?長く使うコツも紹介

ベランダストッカーの種類や選び方は?長く使うコツも紹介

投稿者:ライター 松本マユ(まつもとまゆ)

2020年4月23日

ベランダやバルコニーなどに置き、さまざまな道具を収納できる「ベランダストッカー」。これさえあれば、デッドスペースになりがちなベランダを収納場所として活用できる。中にはベンチや踏み台として活用できるものもあるため、多様なシーンで役に立つだろう。今回はベランダストッカーの種類や素材、選び方、長く使うコツを解説していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ベランダストッカーとは

ベランダストッカーとは、ベランダやバルコニー、庭などに置く屋外収納のことだ。一般的にベランダストッカーは横長のボックスのような形状をしており、レジャーグッズやガーデニンググッズ、灯油タンク、季節用品、ゴミなどをストックするのに使われることが多い。物置や屋内の収納スペースが足りないとき、屋外で使うものをひとまとめに保管したいとき、収集日までゴミの仮置き場がほしいときなどにはベランダストッカーが役に立つだろう。

2. ベランダストッカーの種類

ベランダストッカーには、いくつかの種類がある。単にストッカーとして用いるスタンダードなタイプのほか、ベンチとして活用できるタイプも多い。ベンチタイプがあると、ガーデニングなどの作業中に座って休憩したり、バーベキューの際に座って飲食したりもできる。踏み台としても活用可能なベランダストッカーもあるので、高いところでの作業をするときにも役立つ。

またベランダストッカーの素材は、プラスチックやアルミ、木材などさまざまだ。詳しくは次の章で解説しよう。

3. ベランダストッカーの選び方

自宅に合うベランダストッカーを選ぶ際は、サイズと容量、素材、耐荷重量、防犯面での機能などに注目するといい。

まずは容量とサイズを確認しよう

ベランダストッカーを選ぶうえで重要なのが容量とサイズだ。収納するグッズに合わせた容量はもちろん、置き場所の広さも考えてちょうどいいサイズを選ぼう。

耐久性は素材がカギ

屋外で使用するアイテムだからこそ素材にはこだわりたい。なぜなら、素材によって耐久性が異なるためだ。
もっとも一般的なのがプラスチック製。軽くて簡単に持ち運びでき、耐水性も高くさびにくい。価格も比較的安いが、日光や熱に弱いのがデメリットだ。
アルミ製はベンチや踏み台として活用できるうえ、耐久性が高いため長持ちする。しかし重量が重いため持ち運びしにくい。
木材製のベランダストッカーは、ナチュラルな見た目でオシャレなものが多い。ベンチや踏み台にもなるが、水で腐食することもあるため注意しよう。できれば防腐加工が施されているものを選ぶといいだろう。

上に乗る場合は耐荷重も確認して

単に収納スペースとして使うだけなら問題ないが、ベンチや踏み台として使う場合は耐荷重量も確認しておきたい。耐荷重量が少ないものだと、上に座ったり立ったりすると破損するおそれもある。

防犯面での機能にも注目を

屋外に設置するベランダストッカーだが、中身が盗まれるのが心配であれば、防犯機能のついたものを購入しよう。鍵がついているものや、市販の南京錠を取り付けできる穴が開いたものなどもある。

4. 長くベランダストッカーをつかうために

せっかく設置したベランダストッカーは、できるだけ長く使いたいものだ。ベランダストッカーを長く使うためには、可能な限り直射日光を避けた場所に置くのが大切だ。一日中太陽が当たる場所よりも、日陰になる場所に設置しよう。

ベランダストッカーは雨によってさびることもあるため、防水仕様のものを選ぶのもおすすめだ。アルミ製はさびにくく、汚れを水洗いできるのでメンテナンスしやすい。
プラスチック製は耐水性が高いが、フタとストッカーの間に隙間がある場合、雨が中に入ってしまうことも。隙間なくしっかりとフタが閉まるものを選ぼう。
木製の製品は一般的に水で腐食しやすいが、屋外で使うことを想定し防腐加工されたものも多いためチェックしておきたい。

結論

ベランダストッカーには、軽くて使いやすいプラスチック製や、丈夫でベンチにもなるアルミ製、インテリア性の高い木製などさまざまなものがある。用途やベランダの雰囲気に合うかを考え、ぴったりのベランダストッカーを選ぼう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >