このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
アクリルを洗濯するときの基礎知識まとめ!正しい洗い方から乾燥まで

アクリルを洗濯するときの基礎知識まとめ!正しい洗い方から乾燥まで

投稿者:ライター 吉田 梨紗(よしだ りさ)

2020年4月24日

アクリルは、ニットやセーターに使われることが多い素材だ。保湿性が高く冬に活躍するが、洗濯方法を間違えると伸びたり傷めてしまったりすることがある。この記事では、アクリルの特徴や、洗濯できるかのチェック方法を解説する。実際の洗い方から乾燥の方法まで解説するので、毎日の洗濯に役立ててほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 洗濯前に知りたいアクリル素材の特徴

アクリル素材の基本的な知識を紹介しよう。どのような特徴があるのか、実際に洗濯をする前にチェックしてほしい。

アクリル素材とは?

アクリルは石油を原料とする合成繊維の一種だ。天然素材であるウールに似せて作られており、ニット類やマフラーなどに広く使用されている。

ウールと似た手ざわりだが、安価で購入することが可能だ。ウールと混ぜて紡ぐ混紡素材も多く、割合は洗濯表示で確認できる。

アクリル素材の特徴

温かみがある柔らかな手ざわりがアクリルの特徴だ。丈夫でシワがつきにくく、洗濯がしやすいというメリットがある。

ただし、ウールと違って毛玉ができやすい、静電気が発生しやすいといったデメリットがある。手入れを間違えると伸びることがあるので、洗濯方法にも注意が必要だ。

2. アクリルは家で洗濯できる?

基本的には洗濯が可能なアクリルだが、混紡素材だと洗えないことがある。洗濯表示をチェックして、正しい洗い方や手入れの方法を確認しよう。

水洗いマークを確認

バケツに波線がついたマークを見れば、洗濯の仕方が確認できる。バツ印がついていなければ水洗いが可能なので、一般的な洗濯物と同じように洗濯機で洗おう。

水洗いマークに手が入っているなら、洗濯機は使えないので手洗いが必要だ。バツ印がついたアクリルは水洗いが禁止されているので、クリーニングに持ち込もう。

詳しい洗濯方法をチェック

水洗いのマークに数字が書いてある場合、使用できる液温の上限を示している。熱いお湯を使うとアクリルの生地が傷むので、注意が必要だ。

また、水洗いのマークの下に線がついているアクリル衣類は、生地が傷みやすい。1本なら弱い洗濯、2本なら非常に弱い洗濯が可能だ。2本あるときはオシャレ着洗い用の中性洗剤を使い、手洗いコースやドライコースに設定しよう。

他にも干し方やアイロンのかけ方、漂白剤が使用できるかなど、洗濯表示にはいろいろな情報が記載されている。アクリル衣類を洗濯するまえに、隅々まで読んでおくと安心だ。

3. アクリル生地の正しい洗濯方法

アクリル衣類を洗濯する方法を、洗濯機と手洗いに分けて解説する。上手に洗うコツと併せて紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

洗濯機で洗う方法

汚れが酷い場合はオシャレ着洗い用の中性洗剤を塗布しておこう。強く擦るとアクリル生地が傷むので、優しく染み込ませるのがポイントだ。脱水に時間をかけると伸びるため、あらかじめ短めに設定しておこう。

1.アクリル衣類を裏返しにしてネットに入れる
2.洗剤を投入口に入れて手洗いコースに設定する

優しく洗いたい場合や、洗濯表示に指定がある場合は、オシャレ着洗い用の中性洗剤を使用する。中で動くと毛玉の原因になるので、スッポリと収まるサイズの洗濯ネットを選ぼう。アクリルの柔らかい風合いを保ちたいなら、柔軟剤を活用してほしい。

手洗いする方法

洗濯表示で手洗いが指定されていたり、大事なアクリル衣類だったりする場合は、手洗いで優しく洗おう。オシャレ着洗い用の中性洗剤を使うのがポイントだ。

1.分量を測った洗剤を水と混ぜる
2.裏返してたたんだアクリル衣類を浸す
3.手のひらを使って丁寧に押し洗いする
4.液を捨てたら新しい水を入れて複数回すすぐ
5.バスタオルで挟んで水気をとる

効率よく水気を取りたいなら、洗濯ネットに入れて洗濯機で脱水する方法もある。脱水をしるぎると生地が伸びるので、30秒~1分くらいに留めておこう。柔軟剤をつかう場合は、すすぎの水にプラスして浸す。

4. アクリル素材は洗濯後に乾燥機にかけてもいいの?

乾きにくい衣類に便利な乾燥機だが、洗濯したあとのアクリルには使用できるのだろうか?自然乾燥の方法と併せて解説する。

乾燥機はNG

アクリルは熱に弱い性質があるため、温風で乾かす乾燥機は使用できない。生地が傷んだり、伸びたりするリスクがあるので、自然乾燥が基本だ。早く乾かしたいときは、風通しの良い場所に干すといった工夫を行おう。

平干しが基本

洗濯したアクリル衣類を吊るして干すと、水分の重さで伸びてしまう。ハンガーでかける干し方は、型くずれの原因になるのでNGだ。

平干し用ハンガーや洗濯ハンガーの上に平らに置き、平干しにするのが基本だ。マフラーなど長いアクリル衣類は平干しが難しいので、2本の竿を使ってM字干しにしてほしい。

結論

アクリルを洗濯するには正しい知識が必要だ。柔らかい風合いを守るためにも、洗濯表示を確認して正しい方法で洗濯してほしい。強く擦らない、洗濯ネットを使うなど、キレイに洗うポイントを守ろう。アクリル衣類には乾燥機が使えず吊り干しもできないので、平干し用のハンガーを用意しておくと便利だ。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >