このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
家事ノートの作り方は?家事管理のコツや実例も踏まえて解説!

家事ノートの作り方は?家事管理のコツや実例も踏まえて解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月28日

家事はそうじや洗濯をはじめとするもので、家族が気持ちよく生活していくために必要不可欠である。家事を少しでもラクで楽しくこなせたら、より充実した生活が送れるだろう。今回は、家事がラクで楽しくなる家事ノートと、その作り方について解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 作り方を知る前に!家事ノートのメリットとは

家事ノートの作り方の前に、まず家事ノートとは何なのか知っておこう。
日々の生活に欠かすことのできない家事は、毎日するものから1ヶ月に1回程度すればよいものまで幅広くある。家事ノートとは、魔法のように家事がラクに楽しくなるノートのことだ。生活の情報を詳しく記入したノートなので、家族にとって大切なノートになる。家事ノートは、たくさんの家事をノートに書き出して管理が可能なので、作り方を知り活用することで計画的かつ効率的に家事をこなすことも可能になり、家事をやり忘れてしまうことも少なくなる。家事ノートに書き出すことで、いつ何をすればよいのかを明確にまとめられるメリットもある。作り方を知ってぜひ活用してもらいたい。

2. 家事ノートの作り方

ここでは、家事ノートの作り方を解説する。
家事ノートは自由な形式で書こう。使うのは、手帳や普通のノートがよい。また、スマホアプリを使用して家事ノートを作成することもできる。以下の作り方は同じだ。
家事ノートを作るには、まず家事を書き出すことが大切だ。家事を書き出したら、わかる範囲で家事の内容(レシピや掃除方法など)や、家事に役立つ情報を細かく記入していく。
次に、書き出した家事の頻度別に「毎日やる・1週間に1回・1ヶ月に1回」という項目に仕分けしていく。それぞれの家事を項目に分けたら、あとは項目別にノートやスケジュール帳に記入していけばよい。家事スケジュールを組み立てることで、効率よく家事をこなしていくことができる。
基本的な作り方は以上だが、より活用しやすくするためのコツも存在する。

3. 家事ノートのコツを踏まえた作り方とは

ここでは、家事ノートを作るうえで知っておきたい作り方のコツを解説する。
まず、家事ノートのスケジュールは、余裕をもって計画しよう。スケジュールに余裕を持たせることで、急な用事にも対応しやすい。家事ノートのスケジュールには、することを具体的に書くことも大切だ。例えば、「風呂掃除」とだけ記入していた場合、風呂全体を掃除するとなるとかなりの時間がかかる。家事ノートのスケジュールに、「風呂の排水口の掃除」と具体的に見える化することで、風呂のどこを掃除すればよいのかが明確になる。1日の家事の時間短縮のためにも、やることを具体的に記入するのが作り方のコツだ。
家事ノートに直接記入するのもよいが、それだと変更したい場合に消して書き直すことになる。ふせんに家事の内容を書いて家事ノートに貼り付けることで、書き直しの手間も省け簡単にスケジュールを変更できるようになる。
また、家事ノートを掲示するかたちにして、家族で共有しやすいように工夫するのもおすすめだ。
このような作り方を意識すると、より便利な家事ノートにすることができる。

4. 参考になる実例をもとにした家事ノートの作り方

ここでは、実際に家事ノートを使っている方の作り方を実例として紹介する。
ふせんを活用して家事ノートを作ることができる。ふせんに家事の内容を書き込んで、ノートに貼っていく。ふせんは貼って剥がすことがくり返しできる特徴があるので、ふせんを移動させるだけで、簡単にスケジュールを変更することができる。
シールを使った家事ノートはいかがだろうか?家事ができた項目にシールを貼っていく。ペンを使うことなく、手軽にできるのでおすすめだ。
マークシートを使った家事ノートもおすすめだ。項目ごとにマークシートのマス目を作って、できた項目を塗りつぶしていく。マークシートで、見やすく管理しやすい家事ノートにしてほしい。
ノートにカレンダーを書き込んで、家事ノートを管理しやすくするのはいかがだろう?ひと目で、いつ何をすればよいのかをすぐに確認することができる。
このように、さまざまな作り方がある。自分にあった家事ノートの作り方を探してみるのもよいだろう。

結論

家事ノートは、日々の家事がラクになる魔法のようなノートだ。ここで紹介した作り方を参考に、自身オリジナルの家事ノートを作ってみてはいかがだろうか?自分に合った作り方で家事を見える化して、効率よく家事をこなせるようにしよう。家で気持ちよく過ごすきっかけにしてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >